プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

楽しい記念切手: 2010年7月アーカイブ

2010年7月 6日 15:52

そろそろ暑中見舞い&ワールドカップと相撲の切手&「むらかみかずこ」ってます?!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ジリジリと照りつけるような暑さといい、ゲリラ雨といい、だいぶ荒っぽいお天気です。落ち着いてほしいものですね。

わたしは、早くも暑さにくたばっていますが、先週は某自治体の教育委員会でセミナー講師として登壇させていただいたり、新刊本の準備にとりかかったり・・。
ここ数日は、暑中見舞い状のことで、ちらほらとお問い合わせをいただいています。


暑中見舞いといえば・・
そもそもは、暑さの厳しい時期に、相手の健康を気づかって送る手紙のことですね。自身の近況報告や、贈り物(お中元)に添えたり、そのお礼、また夏休みの旅行先から送るのもよいでしょう。

送る時期は、梅雨明け(7月半ば)から立秋(今年は8月7日)まで。
立秋を過ぎたら、残暑見舞いです。こちらは8月末までに送るのが一般的とされていますが、天候によって、残暑が厳しいようなら、9月上旬でも失礼にはなりません。

郵便局で売っている「かもめ~る」以外に、手持ちのポストカードや便箋を使ってもOK!
今の時期、文房具店に行くと、夏の風物詩(金魚、スイカ、カキ氷、蚊取り線香、花火、あさがお、ひまわり・・)の絵柄のものが、たくさん目に留まりますよ。


**

worldcupkitte.JPGところで、最近のスポーツの話題といえば、もっぱらワールドカップ絡みとお相撲ですね。

ちょうど手元に切手があったので、写真を撮りました。
ワールドカップの切手は、読者のうりっぺさんが送ってくださったものです。ありがとうございます!

お相撲の切手は1970年代のもので、だいぶ前にチケットショップで購入しました。たしか、50円切手がバラで20枚入っていて900円だったかな? 定価より安かった記憶があります。

sumo.JPGわたしはめずらしい記念切手を見つけても、わりと気にしないでどんどん使ってしまうのですが、このお相撲の切手に限っては、なかなか・・。見れば見るほど、使うのがもったいなく感じられます。。

江戸時代に描かれた錦絵がモチーフですね。
こういうのを見ると「国技なんだなぁ・・」と思いますね。


**

ttemasu.JPGこちらはお友達から届いた1枚。以前からハガキ道の達人さんでしたが、最近お気に入りの万年筆(ペリカーノジュニア)を購入したことで、ますますたくさん書いているんですって!

「むらかみかずこってます」に大笑い☆ あまりに面白かったので、無断で載せてごめんなさい>柴犬さん。 ゲラゲラ笑いました!!

 

 

 


 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました