プロフィール

むらかみかずこ

手紙好きが高じて、文章を書く仕事をしています。
(有)はなまる企画代表  (社)手紙文化振興協会 代表理事

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとすごくうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。
あなたの場合は、いかがですか。

このブログでは、手紙好きが高じて文章を書く仕事をはじめたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの筆記具、便箋や切手などをご紹介することで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけましたら、うれしいです。

オフィスで働く女性をはじめ、パート・アルバイト、主婦、学生、人を応援するのが好きな人、人に喜んでもらうのが好きな人、もちろん男性も!

相手のことを想像し、自分の気持ちに素直な言葉をしたためる。
―それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうか、リラックスしながらお楽しみくださいませ。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2011年1月アーカイブ

2011年1月28日 20:49

ご紹介(4)日経ビジネスアソシエ掲載&文具術の本!

もうひとつ、追加です。

早いもので、あと数日で1月もおしまい。ほんの1ヶ月前の年末の出来事が、数ヶ月前の出来事のように感じられませんか。

年末に発売された『日経ビジネスアソシエ』(日経BP社刊)1/4号に、掲載していただきました。特集『達人50人が伝授!2011年TODOリスト&絶対しないことリスト』のうちの1つで、「手書きの礼状を書く」の項目です。

associe0104hyoushi.JPG

associe0104.JPGのサムネール画像

石川遼くん、石田衣良さん、秋元康さんなど、各界のそうそうたるメンバー50人の中の1人に加えていただき、身に余る光栄でした。

 

「手書きの礼状を書く」というと、「字がきたないから」「面倒くさいから」などとマイナスイメージが浮かぶ方もいると思います。ただ、その面倒に自分なりの楽しみをプラスすると、一気に身近な「TODO」になりますね。

では、「その楽しみは・・?」というと、ポストカード、筆記具、記念切手などの手紙アイテムで気に入ったものを選ぶことも挙げられます。 

関連して、ベストセラー作家/美崎栄一郎さんのご著書『書類・手帳・ノマドの文具術』(ダイヤモンド社刊)も発売になりました。

全部で165(!)の文具が紹介されています。写真入りで、ペラペラとめくって眺めるだけでも楽しめますし、一つひとつのコメントが「なるほどぉ~」と膝を打つものばかり。

個人的には、文具術の本で記念切手を取り上げていただいたことが、うれしいなぁ。

 

 

 

ページTOPへもどる

2011年1月28日 20:32

ご紹介(3)オフィスのインクたち&紙コモノシリーズ。

もうひとつ、ひきつづき・・。

先日、いつも手紙の書き方サイト(http://www.midori-japan.co.jp/letter/)でお世話になっているデザインフィル・ミドリカンパニーさんが、当オフィスに、取材にいらしてくださいました。

そのとき、「かわいい!」と褒めていただいたのに気をよくして、オフィスの窓際に飾っているインクたちの写真を撮ってみました。左端は、うさぎさん。右端のお花は、写っていませんが、春を呼ぶホワイトチューリップです~。

officeink.JPG

officeink1.JPG

 

そして、ミドリさんの紙コモノシリーズいろいろ。私物と、ご試供品と、いろいろ混ざっています。

kamikomono.JPG

紙コモノシリーズは、大胆な花あしらいと伊予和紙のざらっとした風合いが特長の、ワンランク上のカードシリーズです。名刺サイズのほかにハガキサイズ、ミニ一筆箋サイズ、シール、金封もあります。

女性には特におすすめ。動物柄もありますので、こちらは男性に送る際にも重宝します。ミニサイズなので、カバンにいくつか忍ばせておくと、思う以上に使えますよ!

 

 

ページTOPへもどる

2011年1月28日 20:04

ご紹介(2)戦国マニアさん向けの一筆箋。真田幸村・浅井三姉妹!

ひきつづき・・。

こちらは戦国マニアさん向けのレアものです。(笑)

以前、池波正太郎さんの小説『真田太平記』を読んで、かなり真田にかぶれていた時期があります。最近、その熱はおさまっていたのですが、つい先日、両国にある江戸東京博物館に足を運んだ際に、見つけちゃいましたっ!

真田幸村(左衛門佐信繁)の一筆箋! 真田の旗印/六文銭とともに、「関東勢百万も候へ、男は一人もいなく候」(大阪夏の陣のとき、徳川側を嘲笑して発した言葉)がプリントされています。

なんと、表紙だけでなく、一筆箋すべてにプリントされているところがすごい! 興味ない人にとっては「なにそれ?」ですが、マニアさんにとってはお宝モノのグッズですね。(笑) 

sanada1.JPG

sanada.JPG

 

江戸東京博物館のミュージアムショップには、ほかにも数名の戦国武将の一筆箋が置いてありました。

お次は今年のNHK大河、浅井三姉妹の一筆箋! デザインも女性らしく、やわらかい風合いが素敵です。中の用紙は3種類あり、茶々、初、江の名前が、それぞれ豊臣・京極・徳川の家紋とともにプリントされています。

こちらも好きな方にはたまりませんね! 

azai3shimai.JPG

 

 

 

 

ページTOPへもどる

2011年1月28日 19:40

ご無沙汰しております! ご紹介(1)郵便局で見つけた愛らしいグッズたち。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ご無沙汰しております! 更新が滞っておりましたが、手紙時間は日々、継続しております。(^^)v

 

写真だけアップします~。ピンボケ写真&解説は短めでご容赦くださいな。

postgatacard.JPG postalcollect.JPG

kittomail1.JPG

kittomail.JPG

いちばん上は、郵便局のポスト型ハガキ。右は通常バージョン(それぞれの郵便局名がプリントされています)、左は冬バージョン。どちらも1枚180円。ポストに投函するときは、120円切手を貼って送ります。かわいですね!

2枚目は、同じく郵便局のPOSTCOLLECTのサインペンとスティックのり。真っ赤なポスト柄に心が動きますね。これ、すごく気に入ってます~☆

下の2枚は、今の季節限定、受験生を応援するキットカットチョコレート×郵便局のコラボ商品! 中にキットカットが入っているんですよ。定価250円。わたしは郵便局の窓口で見つけて買いました。

140円切手を貼ってポストに投函します。もちろんメッセージも書けちゃいます。・・写真の手書きメッセージは、ちょっと書くときに失敗してしまいましたが・・(汗)。。ま、これもご愛嬌ということで!(笑)

 参考サイト:http://www.jp-network.japanpost.jp/kitmail/

 

 

 

ページTOPへもどる

2011年1月11日 18:51

新刊『ものの言い方300』、POPを作っていただきました!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お正月明けの3連休もおしまい。そろそろ本格的に活動モードでしょうか。わたしはちょっと寒いのと、ニガテなお金のことをやっていたためか、頭がややクラクラしています~。早寝しませう。


さて、先週発売になったばかりの新刊『仕事がもっとうまくいく!ものの言い方300』(日経ビジネス人文庫)、出版社さんが書店さん用のPOPをつくってくださいました。

お酒の席_02.jpg短冊サイズのもので、書籍の中に掲載してあるイラスト入りです!

このイラスト、どれもすごく親しみやすくて、わたしはすごぉーく気に入っているんです。
男性にも女性にも、年配者にも若年層にも好まれるイラストを描くのって、簡単そうで、実はとてもむずかしいんですよね。

今回は、かれこれ10年来の付き合いになる友人のデザイナーさんが描いてくれました。

POPは全部で8種類、あります。
よろしければぜひ、書店さんで探してみてください。

 

 


yokohama_yuurindochika.JPGほかに、直筆のミニ色紙を飾ってくださっている書店さんもあります。
写真は、有隣堂書店横浜西口地下店さんです。感謝感謝です。ありがとうございます。m(__)m

 


 

**

目次のつづきを抜粋します。

第2章 相手に喜ばれ、感謝される「ものの言い方」~社外編~

◆電話の応対で困ったとき
 相手が名前を名乗らない
 相手の名前が聞き取れない
 相手の声が聞き取りづらい
 相手の質問に答えられない
 相手の質問に答えられないので、上司に引き継ぐ
 相手の言い分に無理があるので、いったん話を保留したい
 相手の誤解を解きたい
 上司に電話を代わりたいが、「そのまま対応して」と言われた

◆名刺交換で困ったとき
 名刺を出すのに手間取った
 相手の名前の読み方がわからない
 どの人から交換すべきかわからない(それぞれの役職がわからない)
 名刺を持ち合わせていなかった
 相手が名刺を持ってくるのを忘れた

◆断りにくいことを断る
 取引先の要求を断る
 断りたくないけれど、断らねばならない
 取引先からのお酒の誘いを断る(行くべきだが、事情により行けない)
 仕事の依頼を断る(事情により引き受けられない)
 取引先からの契約内容に反する要望を断る
 アポなしの訪問を断る
 セールスを断る(電話で興味のない商品やサービスの勧誘を受けた)

◆謝りにくいことを謝る
 予定を急に変更、キャンセルせざるをえない
 打ち合わせの時間を間違えて、遅刻して到着した
 持参すべき資料を忘れた
 お金の勘定を間違えた
 納期が遅れる
 後輩の不手際を取引先に謝る
 取引先との約束を忘れて外出した上司の代わりに謝る

◆やんわりと抗議する
 予定を急遽キャンセルされた
 注文した商品がなかなか来ない
 間違った商品が届いた

◆相手が言いにくいことを聞き出す
 取引先に妥当な金額を聞き出す
 取引先の本音を聞きだす

◆お願いしにくいことをお願いする
 取引先に仕事を催促する
 取引先に納期を早めてもらう
 納品されたものを変更してもらう(例として、文章やデザイン)
 見積書の金額を見直してほしい
 そろそろお引取り願いたい

◆大切なことを知らせる
 禁煙であることを伝える
 お待たせしてしまうことを伝える


以下、第3章へとつづきます~


第1章も第2章も、けっこう細かいですよね・・。
今回、これらのシチュエーションをピックアップする作業が、大変でした(とはいえ、わたしはとても好きな作業です)。

編集者さんをはじめ、わたしもギリギリまで友人知人に聞いたりしながら、全部で140ほどピックアップ。最終的に、それらの中から汎用性が高いと思われるものを100ちょっとに絞り、掲載しました。


中には、「こういうのは、わたしでは絶対に思いつけないだろうな」と思うシチュエーションもあり、とてもおもしろかったです。またおいおい、ご紹介します~

 


 

ページTOPへもどる
1  |  2  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました