プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

楽しい記念切手の最近のブログ記事

2018年2月15日 17:59

フィギュアスケートの切手&メールの書き方セミナー@銀座申込み受付中!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

オリンピックウィークですね! ウィンタースポーツものの切手を集めてみました。
20180215-2.JPG
こちらは2月14日の限定印。切手の博物館@東京・目白のものですね。当協会の講師から届きました。
20180215-1.jpg

突然ですが、みなさんの身近に、「この人のメール、うまいな」と感じる人はいませんか。

その人の書いたメールを読み、なんだかうれしい気持ちになったこと。決まりきった内容だとしても、つい何度も読み返したくなったこと......そうしたメールにはある特長があります。
来月、それらの書き方をしっかり丁寧にレッスンする【少人数限定★メールの書き方セミナー】を実施します。3名様限定!少人数だから気軽に質問してください。

<内容>
・メールの基本と間違いやすい言葉遣い
・気がきく人になる書き方のコツ
・仕事で差がつく5つのポイント ほか

<日時>
■3月6日(火) 19時~20時半 *残席些少
■3月20日(火) 19時~20時半 *残席あり

先着順です。早めにお申込みください。

<場所>
【手紙処 GINZA】
中央区銀座4丁目11-7 第二上原ビル3階
http://tegamidera.jp/

<受講生のお声>
・基本からちょっとした応用やコツを学ぶことができ、変勉強になりました
・今まで考えたことがなかったこともありました。仕事への取り組み方や自分の意識にも、よい変化が起きるように思いました
・テキストが読みやすく、何度も読み返したいです
・質問に丁寧に答えていただき、ありがとうございました

<講師>
手紙の書き方コンサルタント:田丸有子

<料金>
4,500円(消費税含) 当日現金払い

<お申込み方法>
PC・スマホの方は、下記フォームからお申込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S49120915/

携帯電話の方は、下記フォームからお申込みください。
https://ws.formzu.net/mfgen/S49120915/


**




ページTOPへもどる

2018年2月 9日 16:39

本を書く、&切手の束2つ!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日、10年後・15年後くらいの人生の大きな目標・夢がうまれまして、その後、書きたい本のイメージが次々と頭の中に降って湧いて出てくるようになりました。

昨年はもうぜんぜん余裕がなくて、目の前のことにただ精一杯で、いくつか進行している話があったものの結局何も打開できなくて...。多方面に不義理したようにも感じています。が、今はまた書きたいことがフツフツと!

なので、まだ出版社さんにはどこにも打診していませんし、何ひとつ決まっていないのですが、とりあえず早速、書き始めました。


「本を出版するにはどうすればいいのですか?」と質問を受けることがあります。考えるより先に書いてみることをおすすめします。「はじめに」と「第一章」だけでも、原稿があれば、それは大きな武器になるはずです。

編集者さんが判断するのは、つまるところ、その著者が「書けるかどうか」とその本が「売れるかどうか」の2点だけだと考えます。で、後者の「売れるかどうか」は運も含め、著者やその本のもつ力以外の様々な要因が複雑に絡み合ってのことだと思うのですが、少なくとも「書けるかどうか」は著者自身のコンテンツと技術と気合(←これ重要)によるものです。

何もなければゼロですが、原稿があれば粗削りだろうがなんだろうが客観的なアドバイスをしてもらうことによって書き直しを重ね、質を高められます。

頭や心の上のほうにあることではなく、ちゃんと深いところまで掘り起こすことから逃げずに自分を信じて書ききりたい。がんばろう!


**

こちら、なんだと思いますか。
20180122-2.JPG
切手シート100枚の束、2つ。なかなかお目にかかれませんよね!? 年末に購入したもので、わたしもこのとき初めて見ました。
20180122-1.JPG
切手というと、子どもの頃からずっと数百円、せいぜい数千円単位でそのつど厳選して買ってきた記憶が心に沁みついているので、一度に大枚をはたくことがすごくストレスで...。

古切手についていえば、ざるで選って、選って、これでもかと選って「2180円」などと言われ、「今日はずいぶん買ったと思ったけれど、これで2000円ちょっとかー。切手選びって楽しいなー。うきー!」ですからね。

最寄りの郵便局に電話で切手の名前を伝えたうえで「ありますか?」と確認したところ、「ありません。東京中央とか渋谷とか新宿ならあるかと思いますが、確実なことは言えません」と言われ、東京中央郵便局で購入しました。

これが数十倍、数百倍の価値になって返ってくる(はず)ですから、費用対効果はとてつもなく高い(はず)ですが、子どもの頃から沁みついている感覚は容易にぬぐえませんね。

手紙好きな人は、ポストカードや一筆箋、便箋には財布の紐が緩んでも、切手にはなかなか緩まないようです。

さぁ、今年はいくら切手につかうのか?! もうたいへん!



ページTOPへもどる

2018年1月16日 09:53

住所印、スタンプ、切手と風景印の組み合わせ、お茶の年賀状!!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
キリっと張り詰めた空気が頬に触れるのを感じます。

今回は、先日受け取ったクリスマスカード・年賀状にあった住所印をまとめてみます。

1019-3.JPG
お多福のふくよかな表情が目をひきます。
唇が赤ってことは、印刷かな? 今度、ご本人に聞いてみます。
当協会の講師・大山育さんから届きました。



1019-4.JPG
鷲が翼を広げている姿が迫力ありますね。メールアドレスも入れられる住所印はめずらしい!
こちらも当協会の講師・田中正義さんから届きました。



1019-2.JPGこちらはやわらかくて、女性らしい印象。
ピンクを貴重としたグラデーションスタンプを使っているから、よりそう感じるのでしょうね。
当協会の講師・おかもと円果さんのものです。


1019-5.JPG鳥さんマークがキュート!
当協会の講師・田丸有子さんから届きました

そして、この住所印はデデインフィルさんでオーダーしたのでしょうね。
ぜわかるかって? デザインフィルさんからも同じものが届いたから(笑)

1019-1.jpg


■ 上でのご紹介した田丸有子講師から届きました。切手と風景印の組み合わせ。左は、築地本願寺の本堂、右は、埼玉県熊谷市にある歓喜院 聖天堂だそうです。
歓喜院 聖天堂とは寺院というよりキリスト教を連想させるような名前ですね。天を賛美するかのような...
1019-6.JPG

■ 速達便に捺されていたスタンプです。急いで!急いで! 当協会の熊谷蘭夢講師から届きました。
1019-7.JPG

■ これは見事な消しゴムハンコの年賀状! 当協会の講師・金子えりかさんから届いたお茶の年賀状です。中にお茶っ葉が入っています。
1019-10.jpg
1019-111.JPG
ご親戚が経営するお茶園のものだそうです。
82円切手を貼ってポストに投函できるところもすごい!
 パッケージのデザインはいろいろあるそうですよ。


風邪をひいている人が多いようです。気を付けて過ごしましょう!




ページTOPへもどる

2017年12月12日 17:46

クリスマスカード、クリスマス切手の初日印、ビバレッジカード、年賀状など・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
少しずつ年の瀬に近づいていきます。人の流れが、なんとなくせわしくなりますね。

今回はクリスマスカードをいろいろと...
■ 12月2日に届いたクリスマスカード、エントランスに飾っています。12月1日発売のクリスマス切手で届きました。超特急! ありがとうございます。
20171211-1.JPG

■ こちらは当協会の講師から届いたハガキです。裏面全面にマステが貼られています。マステの上には雪の結晶シールが。みんな、すごいーー!
20171211-2.JPG

■ 上のハガキの表面は、こちらも12月1日発売のクリスマス切手&初日印つき!
20171212-4.JPG
■ 講師やメーカーさんから届いたクリスマスカードいろいろ。
20171211-4.JPG

■ スターバックス、ビバレッジカード2017クリスマスバージョン! スタバのドリンク1杯無料チケットが付いています。
20171211-3.JPG

■ 講師から届いた封筒にクリスマスのシールがふんだんに。郵便番号マークのサンタさんがとってもキュートですよ!
20171212-3.JPG

■ 年賀状3種。東京オリンピック・パラリンピックの寄付金付きの年賀状です。寄附金5円分がついても、クリスマス切手より安いのね。
20171212-1.jpg
20171212-2.JPG



あと1回、更新できるといいな。 クリスマスシーズン、楽しみましょう!




ページTOPへもどる

2017年12月 7日 17:28

蛇腹便箋の新作、ふんわり筆カラー、グリーティングカード一杯、春の新作3つ、クリスマス切手・マステほか。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
世の中が気ぜわしくなる頃、今年もあとわずかですね。

メーカーさんからサンプルが届いています。ご紹介します。

■日本橋榛原(はいばら)さんより、蛇腹びんせん、横型が発売されたそうです。人気の縦型は、いかにも「はいばら」さん的な和のデザインのものが中心でしたが、今回の横型は英国調というのかな。草花のあしらいが可憐で愛らしい!
20171207-6.JPG
写真の折り目のところにミシン目がついています。短く3~5行でまとめたいときには1枚で。つらつらと長く書きたいときにはその分の長さだけ紙を切って使えます。ほぼ文庫本サイズ。これは人気が出るでしょうね!


■ 筆記具メーカーのゼブラさんから届きました。筆文字風の文字が書けるサインペンです。
20171207-4.JPG
実際に書いてみると、さほど筆文字っぽくないため、筆ペンだと思って買うとやや裏切られるかも? あくまでサインペンです。わたしは蛍光ペンのように文字を強調したいときに下線を引いたりして使っています。ほかにもインクの色がたくさんあります。


■ 日本ホールマーク社から、春の新作などいろいろ盛りだくさん!
20171207-7.JPG
グリーティングカード市場はどんどんデコラティブになって、どんどん高級化・特別化がすすんでいるようです。
今年のクリスマスカードも1枚1500円のものもありますものね。以前は1枚500円くらいのカードを見ると、「うわー、高いなー」と感じていましたが、今は「ふぅん。まぁ、それくらいするわよねー」などと感じます。

......ちょうど今日、スタッフさんとも話していたのですが、単純な値上げということではないですね。

「すてきなカードを選んで、(わざわざ)メッセージを書いて送る」その行為自体が、年々、大切な贈り物と認識されつつあり、特別な価値をともなうようになったのだと考えます。

デジタルでより多くの人とつながり、特別なときにはアナログの手書きでその人にだけ丁寧に送る。
どちらも大事だし、どちらも楽しみたい。ときと場合、相手との関係によってかしこく使い分け、上手にコミュニケーションをとりたい。

そういう気分が、わたしたちの心の中で、じわじわ高まっているのだと感じます。


■ こちらは美濃和紙の「そえぶみはがき箋」、むらかみかずこ監修の商品、来春の新作3種です。
中央の「よつばふじ」がイチオシ! すごく感じよく作ってもらいました。古川紙工社の商品です。
20171207-5.jpg

■ クリスマス切手(12/1発売)62円。
20171207-3.JPG
今年は切手をネット@日本郵便の切手通販サイトで購入していたのですが、ネットだと注文してから手元に届くのに時間がかかるのです。くわしくは書きませんが、もう、すごく遅いの! 改善してくれるといいなー。強く期待します。


■ こちらは1か月ほど前に発売になった森の贈りものシリーズ。使いやすいです! 
20171207-2.JPG
■ クリスマスのマステが目に留まりました。そっけない印象の事務用封筒も、マステを貼るだけで大変身!
20171207-1.JPG



年内に協会HPリニューアル予定! 気持ち新たに新年を迎えられそうです。
2017年も残りわずか。時間を、自分を、家族を、まわりを大事に過ごしましょう!

ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました