プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2020年9月アーカイブ

2020年9月24日 18:05

拙著のうれしい感想、雑誌掲載2つ

テーマ:メディア掲載
202009242.jpg
拙著『お客の心をつかむ 3分ハガキ術』(日本経済新聞出版社)、読者から「今こそ、タイミング。すばらしい本です」と感想が届き、気をよくしています。
わかる人はわかってくれる。うれしいです。


202009241.jpg
雑誌『倫風』(清流出版刊)、取材していただきました。手紙特集です。
取材を受ける際にはなるべく深みのある、自分なりに納得のいく話ができるよう心がけていますが、体調や気分の乗り具合によってうまく話せず、ひとり反省会することも多々あります。
毎回、勉強しています。心に届くといいな。


20200924-3.jpg
連載している雑誌『新世』(倫理研究所)、最新刊11月号では「年賀欠礼」について書かせていただきました。年賀状を辞退したいときにはどうするか、などなど...。

ご興味をお持ちいただければ、幸いです。



ページTOPへもどる

2020年9月23日 12:44

サティのピアノ曲

20200921-3.jpg
(C)Chiemi Kunibu

エリック・サティのピアノ曲が聴こえてくるような1枚ですね。



ページTOPへもどる

2020年9月21日 19:22

季節はずれの桜、ムクゲ、雑誌「パンプキン」掲載

20200921-4.jpg
20200921-2.jpg
季節はずれの桜。曇り空の下、たくさん咲いていました。
そういう種類ではなく、普通に春に咲く桜だそうです。

近所の方いわく、かなりの老木だから、最期の力を振り絞って咲いているのかもしれないと。そう聞くと、なんだか感慨深く、切ない気持ちになります。


20200921-1.jpg
20200921-5.jpg
上の写真は真如堂。下の写真は法然院。
ムクゲの花が品よくあしらわれていました。


雑誌『パンプキン10月号』取材協力しました。一筆箋のページです。
20200919.jpg






ページTOPへもどる

2020年9月18日 17:46

季節の変わり目、桜を見る

20200918.jpg
(C)7days cards   Leaf60

季節が秋へと動いています。
今日は日中、もわ~んとした風を感じました。通り雨もありました。

まさに季節の変わり目に、なんと!! 桜が咲いていました。ワンコの散歩で近くのお寺を歩いていたとき、通りがかりの女性が「桜が咲いていますよ!」と教えてくれたんです。
ふたりで「え?? どういうことでしょうね?」と言い合いました。

頭の中が一杯いっぱい。ボーっとしながら歩いていたので、声をかけてもらわなかったら気づかなかったかもしれません。

が、冷静に考えてみると、わたしの頭の中のモヤモヤより、この時季に桜が咲いていることのほうが、よほど大きな疑問ですね。

ケイタイを持参し忘れたので写真が撮れませんでした。近日中にもう一度、見に行ってみます。


ページTOPへもどる

2020年9月17日 08:47

セーラー「SHIKIORI(四季織)」

20200917.jpg
セーラー社のSHIKIORI(四季織)というペン、気に入っています。
サインペンと筆ペンの中間のような感じです。売り場に12色くらいありました。わたしはブルーインクが好きなので、写真の2色「夜長」と「山鳥」を選びました。1本200円、お手頃ですね。

上の写真の中央が「夜長」紺に近いブルー、右が「山鳥」緑に近いブルーです。

他のメーカーにもカラーの筆ペンはありますが、それらはどちらかというと描くための道具、上のセーラー社のものは書くための道具だと感じています。

ゼブラ社のSARASAボールペン/ヴィンテージシリーズを見たとき以来の、胸のズキュン感!笑


京都に来てから、水が合っているのか、頭の中がぐるぐる動いています。やりたいことがたくさん! とはいえ、ちゃんとカタチにしていくためには忍耐が必要ですね、がんばらないといけません。

唯一、京都の住まいは太陽光が入る時間が限られていて、写真が撮りにくいのが難です。工夫しないとーー。


ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税