プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

テーマ別

2022年11月: 月別アーカイブ

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2022年11月28日 16:30

ワビスケ

20221128-2.jpg
ワビスケ
(R)UNSODO.Inc. 芸艸堂

この美しさで、いまどき1枚110円! へぇー!


ページTOPへもどる

2022年10月20日 15:43

言語化する

20221020-5.jpg
鳩居堂


雑誌で次の記事を読んだことがあります。

ある会社の社長さんが、知人の借金の連帯保証人になったことから、4000万円もの借金を背負うことになりました。その社長さんは数年かけて見事にその借金を完済したものの、ことあるごとに「あいつのせいで」「あの4000万円があれば、どんなにラクだったか」と悔しい気持ちを引きずっていました。

そうした中、縁あって出会ったメンターから「その相手を『許す』手紙を書きなさい」と言われました。その社長さんは「なぜだ!? 相手からありがとうの手紙があって当然のところ、なぜ自分が!?」と容易には受け入れ難かったといいます。
しかしながら、理不尽さと同時に、どこか胸に響くものもあったのでしょう。その社長さんは2カ月かけて次の手紙を書き上げました。

拝啓 あなたの残してくれた借金4000万円は完済しました。私も窮地のときがあり、あなた様にやるせない気持ちの矛先を向けてしまいましたが、~中略~、胸の内に残っていたあなたを責める気持ちはいつしか消えていることに気づきました。皆様のご多幸をご祈念申し上げます。敬具

この手紙を書いたとき、実際には、まだ心にわだかまりが残っていたと言います。本心では許せていなかったと。
しかしながら、どうしたことでしょう...! 許すという内容の手紙を書き上げたことで、いつの間にか心の中から憎しみが消えていることに気づいたといいます。無理やりにでも言葉を書き出したことで、しだいに心の中にあったこだわりも消え去ったということでしょうか......。

こうした話は、ともするとスピリチュアル色が強く受け取られやすいため、中には好きじゃないと感じる人もいると思うのですが、わたしは、非常に共感します。

上の記事を読んだのはもう何か月も前なのですが、ここ数日、何度もこの話が頭の中に浮かんでは消え、消えては浮かぶので、あらためてバックナンバーを探して読み直してみました。

なんといいますか、すごくよかったです。
そして、わたしも書いてみました。それも、すごくよかったです。


20221020-2.jpg
琵琶湖でSUPしました!



ページTOPへもどる

2022年9月28日 16:18

ススキ

20220928-1.jpg
月とうさぎ Hiroshi Shinagawa

20220928-2.jpg
鳩居堂

夜なると、虫の声があちこちから聴こえてきます。空は青々として高く、風はさわやか。秋はいいですね。

上の2枚のポストカード、どちらもススキが描かれていますね。
何年くらい前だったか、箱根の仙石原で見たススキが印象に残っています。人間の身長よりも背が高く、秋というより冬に近い頃だったと思うのですが、「ここのススキの生命力はすごいな」と思ったものです。

ススキは尾花(おばな)。秋の七草のひとつです。

ページTOPへもどる

2022年9月16日 12:03

花束

20220916-2.jpg
毎月、定期購読している雑誌『新世』(以前だいぶ長いこと連載させてもらってました)の今月号の表紙が花束のイラストでした。また、ちょうど先日、買ったばかりのポストカードがアンディ・ウォーホルの花束のイラストでした。見事な花束つながり!

お花はいいですね。
今の時季は萩、りんどう、キキョウなどちょっと渋い感じの花が多いという思いこみからか、あまり意識できていませんでしたが、上記の2つの花束つながりをきっかけに、「そうだ、久しぶりに花束を買おう!」と思い立ちました。


20220916-1.jpg
「バラとガーベラを入れて、カラフルな感じにしてください」とリクエストしてつくってもらいました。はなやかですね!
グロリオサを入れてくれたのが、嬉しく思いました。わたしはグロリオサを見ると、4年ほど前に通っていた店を思い出します。その店との出会い、話したこと、教えてもらったこと、出会った人たち...。楽しかったこと、叱られたこと、悔しかったこと...。花ひとつから、めくるめく思い出が広がります。


*追記
上の文章だけ読むと、なんだかホストクラブに通っていたかのように読めてしまいますが、わたしはそういう趣味はなく...。4年ほど前、ひどくショッキングな出来事から男性恐怖症になり、「とにかく男の人のいないところで飲みたい」という思いから新宿二丁目の女の子オンリーのお店に通っていたことがありました。残念ながらわたしはストレートなので、誤解を与えないよう配慮して。そのつながりのお店です。楽しかったなー。貴重な時間でした。


ページTOPへもどる

2022年9月15日 15:02

秋のワンコ

20220915.jpg
(C)Takako.Y.Miyoshi
トライアングル社

季節さきどりですねー。さすがに紅葉の絵柄のものを使うにはまだちょっと早い気がしますが。「秋のポストカードはどんなものを持っていたっけ?」と手元にあるものをいろいろ見ていたとき、目に留まりました。

これからの時季、風が涼しく心地よくなるのが嬉しいです。夏の間はどうしても毎朝・毎晩のワンコの散歩時間が短くなりがちでしたので。たくさん歩いて、季節の移り変わりを存分に味わいたいです。


ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税