プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

テーマ別

2021年11月: 月別アーカイブ

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2020年2月12日 17:50

余寒見舞い、季節を感じる花、日本最北端の郵便局、オーケストラの一筆箋

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日、デパートの文具売り場に立ち寄ったら、数年前には滅多に見かけなかった「余寒見舞い」用のハガキが、目立つところに数種、並んでいました。SNSばかりで「ハガキ? 何それ?」という声が大きく聴こえてくる一方で、こういうものを求める声もたしかに存在するようです。

余寒見舞いとは、立春(2/4頃)を過ぎてから春を迎える事までに相手の体調を気づかって送る便りのことをいいます。暦の上では春を迎えたものの、実際にはまだ寒さが残っている(余っている)から「余寒」見舞い。日本語の奥ゆかしさを感じますね。
春を告げる花=梅、福寿草、水仙などがあしらわれるようです。


先日お酒を飲みに行ったお店では、真っ赤な木瓜(ぼけ)の枝花が大きく活けてありました。ドアを開けてすぐ、木瓜の花が迎え入れてくれたようでした。店主さんのセンス、心配りにうっとりしました。

今年の冬は妙になまぬるかったり、一気に厳しく冷え込んだり、本来の季節感がどんどん失われていくようですが、そんな中でもこうした小さな喜びの瞬間に出会えると、ホッとします。その喜びはとても貴重で、ギフトのようにも思えます。

20200213-1.jpg
写真は鳩居堂のシルクスクリーンハガキです。
鳩居堂さんとは、もう7年も前になるのですね、一筆箋の本『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社刊)をつくらせていただきました。当時、役員だった方が定年退職された後、今もときおりハガキを送ってくださいます。

わたしは人に恵まれています。つくづくそう感じます。


北海道根室市にある日本最東端の郵便局から、フォルムカードが届きました。
ずいぶん難しい漢字ですね。「珸瑤瑁(ごようまい)」郵便局。アイヌ語でしょうね。風景印の意匠が印象的。弊協会の講師が送ってくれました。
20200212-1.jpg

オーケストラの一筆箋。こういうの大好きです。キュートですね。
20200212-2.jpg




ページTOPへもどる

2019年12月23日 14:05

眺めたくなる年賀ハガキいろいろ、今年最後のマキシマムカード

こんにちは、いかがお過ごしですか。

神田神保町の「京都便利堂」さんで求めました。
たった1枚を、何分でも眺めていたくなる年賀ハガキたち。

河鍋暁斎「鼠曳く瓜に乗る猫」
20191223-3.jpg
「布袋の書初め」
20191223-4.jpg
「宝船」
20191223-6.jpg
20191223-1.jpg
「鳥獣人物戯画 甲巻」
20191223-7.jpg
葛飾北斎「富嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図」
20191223-5.jpg
京都便利堂さん、1月末で一時、閉店とのこと。今夏に閉店した表参道のウイングド・ウィールさんしかり、良質なものを安価で提供してくれるお店がなくなってしまうのはさみしいですが、より希少価値が高まりますね。


星の王子様のマキシマムカードを受け取りました。
「かんじんなことは、目に見えないんだよ。心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ」
20191223-8.jpg感じることと言動を一致させるのはむずかしいものですが、時折立ち止まり、軌道修正しながら、長い目で見て凛々しく貫ける人でありたいです。


年末年始の予定が空っぽです。
実家に帰るほか、1泊くらい旅行に行こうかとも思ったのですが、あまりピン!とくる場所がありませんでした。行動するより充電のときなのかしらん。お風呂&読書&映画三昧になりそうです。


ページTOPへもどる

2019年11月 5日 22:19

お墓参りとご先祖様、公園の秋、クリスマス便箋、スタバのビバレッジカード

こんにちは、いかがお過ごしですか。

伊豆にお墓参りに行きました。
遠くの山まで見渡せるさわやかな秋晴れのもと、清々しい気持ちでお墓の前に立ちました。

お寺の住職に過去帳を見せてもらったところ、気づくことがたくさんあり、ジーンと熱いものがこみ上げてきました。目が真っ赤になりました。


わたしの祖父には吃音がありました。
祖父はそれが理由で戦時中の徴兵検査で不合格となり、戦争に行かなかったと聞いています。当時の日本は軍国主義・愛国主義一色でしたから、徴兵検査で不合格となった祖父は、そのことでまわりからずいぶん揶揄されたり、いじめられたりもしたそうです。

でも、吃音だから反論できませんでした。言いたいことを何も言えずに、ただじっと耐えるしかありませんでした。
祖父はそうした厳しい状況下にありながらも農家として懸命に畑を耕し、作物を育て、父を含め7人の子を養い、その成長を見守りました。

祖父は徳を積んだ人でした。

会いたかった。
会って、その存在を感じていたかったです。
ご先祖様の存在にかなうものはないですね。


近くの公園にて。季節はめぐります~
20191105-2.jpg
20191105-1.jpg
一年があっという間ですわ。
20191105-3.jpg

スターバックスビバレッジカード!!
20191105-4.jpg





ページTOPへもどる

2019年10月28日 15:15

令和のカード、講師総会について

こんにちは、いかがお過ごしですか。

各国の要人たちを招いて、「即位の礼」が行われましたね。
写真は日本ホールマークさんからいただいた令和のカードです。
20191028-1.jpg

週末、一般社団法人手紙文化振興協会の講師総会を実施しました。
遠く北海道や兵庫県、大阪からも講師がかけつけてくれ、ものすごく楽しい、温かい時間を過ごしました。今、写真を待っているところです。

弊協会はこの10月に創立6年目を迎えました。
設立当初から支えてくれた講師が家庭の事情等で退会するなど、いろいろ変化がありました。
別れは寂しいもの。でも、ちゃんと真摯に向かい合って気持ちを伝え合えている感覚はあるので、潔く受け止めています。

向かい合う過程においては、わたしに対する「このやろう!」という苦々しい感覚もあるはずですが、それでも最終的には感謝の手紙を書いて送ってくれます(頼んでいないですよ・笑)。
しみじみ、ありがたく感じています。

わたしは以前、それが男女間でも勤め先でも何でも、バタン!とシャッターを下ろすような強引な別れ方か、適当な嘘をついて逃げるような別れ方しかできませんでした。

その点、今はだいぶ成長できたかな。
もちろん、まだまだですが。

今年はこれまで生きてきた中でいちばん心が乱れた一年でしたが、その一方で、いちばん深く幸せを感じ、安らぎや充実感を覚える年でもありました。(夫も子どもも恋人もいないのにね・笑)

「プラスの感情だけが心の栄養ではない」ってものの本には書いてあるけれど、なかなか納得はしにくいけれど、でも、そういうものなのでしょうね。

いつも支えてくれる講師たちに心から感謝しています。



ページTOPへもどる

2019年8月 6日 19:34

夏の花、シンプルに書くことなど

こんにちは、いかがお過ごしですか。

8月になり、原爆や戦争のニュース・映像を多く目にします。
わたしの祖先も戦争で大切な人を亡くしました。平和な世の中を心から願います。

さて、夏本番。
ヒマワリ、ヤマユリ、ハイビスカス、サルスベリ、ラン、タチアオイ、ノウゼンカズラ... 夏の花はどれも迫力があり、生命力を感じますね。
20190805-1.jpg

手紙の場合、さすがにこの暑さだと涼やかな絵柄を使いたくなりますから、アサガオや金魚柄の紙アイテムに目が留まります。

「暑いですね」という言葉ばかり発してしまう自分に嫌気がさす頃、なるべくなら明るい話題に目を向けて、楽しく過ごしたいですね。


当協会では、なかなか継続しがたい手書きのハガキや一筆箋をだれでも実践できるコンテンツにまとめて、企業研修やセミナー等でお伝えしています。

今の時代に喜ばれるのは、シンプルな短い手紙です。
サンプルをお見せすると、中には「たったそれだけでいいのか?」と甘く見る人もいるようですが、シンプルを追求することほど難しいことはないと考えます。

また、受け取る相手にとって「もらってうれしい1枚」を書こうと思えば、おのずと言葉は短くシンプルになるものです。

・いつもありがとうございます/感謝しています
・お元気ですか/お変わりないですか

そうした感謝やご機嫌うかがいのひと言には、書き手の素直さがあらわれます。すんなりと違和感なく受け取れるので、共感が得られやすいのです。
書くほうも気負いなく書けるから、リラックスして書けます。悩まなくていいので、気が楽です。気楽だから、また書きたくなります。


指揮者のチョン・ミョンフン氏がYouTubeで観た動画で次の言葉を言っていました。

音楽家の目標はシンプルさに到達することだ。
シンプルさの中にすべてが込められていなければならない。
とても難しいことだが、長い時間をかけて経験を積んで研究する中で、外から見ればシンプルだが、中身は非常に豊かなものを生み出せるようになる。

とても奥深い言葉だと感じます。




ページTOPへもどる
前の5件  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税