プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

わたしが手紙を書く理由の最近のブログ記事

2020年3月25日 10:31

胴吹き桜、桜の言葉、雑誌『ミセス』4月号にて監修

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ネットニュースを読むと気持ちがふさぐ。小さなことに過敏になっているかもしれない。そんなふうに感じる人も多くいると思います。

体の不調には気づきやすいですが、心は知らず知らずのうちに疲れをためやすいですね。

幸い、季節は春です。
花の色や匂い、日常の小さな幸せを見逃さず、元気に笑顔で過ごしたいものですね。どうかご自愛ください。

20200325-1.jpg
木の幹から咲く桜のことを「胴吹き(どうぶき)桜」と言うそうです。
可愛らしくもありますし、力を込めて一生懸命に花を開こうとする、けな気な、がんばりやさんのイメージもありますね。

後ろにうっすらと見える紅色は、桃の花。

散歩は心の栄養補給タイムです。


桜の言葉

・初桜(はつざくら)/その年にはじめて咲いた桜の花
・桜狩(さくらがり)/「狩る」とは何かを求めること。桜を求めて貼るの山里をたずね、鑑賞すること
・夢見草(ゆめみぐさ)/桜の別名。美しさにうっとり見惚れてついた呼び名
・花筏(はないかだ)/水面に花が散る様子を筏に見立てていう
・夜桜(よざくら)/夜の桜の花
・花明かり(はなあかり)/夜、満開の桜の周囲がほのかに明るく感じられること
・花吹雪(はなふぶき)/散り落ちる桜。「落下」「花の塵」「花屑」ともいう
・花筵(はなむしろ)/花びらを敷物に見立て、その上に座ること
・花嵐(はなあらし)/桜の花が咲くころに吹く強い風のこと。また、風で桜の花びらが盛んに散ること。
・花冷え(はなびえ)/桜の花が咲く季節に一時的に寒くなること
・花曇り(はなぐもり)/桜の花が咲くころの、曇りがちな天気のこと

参考文献:『花の名前』高橋順子(小学館刊)


発売中の雑誌『ミセス』4月号(文化出版局刊)とじ込み付録「短い言葉でも伝わるお礼状の書き方」カラー20ページ弱、監修・取材協力しています。
20200325-2.jpg
当協会の講師が「すごくいい!!!」と熱くおすすめしてくれました。一筆箋や筆記具のページが特に気に入っているそうです。

華やかな誌面を見ていると、それだけで気持ちが上がります。
自宅で過ごす時間が増えますね。この機会にぜひお手にとっていただけたら、うれしく思います。





ページTOPへもどる

2020年3月 9日 17:08

木瓜、椿、心に残る言葉、書くことで得られる効果

こんにちは、いかがお過ごしですか。

淡いピンク色の木瓜(ぼけ)が咲いていました。色のグラデーションも、コロンコロンした形も、可愛らしいですね。
20200309-1.jpg
椿もまだまだがんばっています。
20200309-2.jpg

フィギアスケートの浅田真央さんが現役時代にお母様を亡くされたとき、インタビューでこんなことを言っていました。正確なところまでは覚えていませんが、おおよそ次のようなことでした。

「まわりの皆がいろんなことを言ってくれます。『がんばって』とか『がんばらなくていいよ』とか。そんな中、わたしが今、大事にしているのは『いつもどおり』という言葉です」

このインタビューを聞いたとき、わたしはいたく感動したことを覚えています。
試練のときに慌てず冷静にいつもどおりを貫くのは並大抵のことではありません。やむを得ないことは当然ついてまわるわけですが、心の中は努めて「いつもどおり」を心がけたいものだと、わたし自身、自分に言い聞かせています。


手紙を書くと、次のような効果が得られます。

・「どんなふうに書こうか?」と考える過程で頭の中が整理され、考える力が身に付きます
・文字をつづるうちに自分の気持ちに気づけ、自分を客観視でき、感情が穏やかになります
・気持ちを言葉にして伝えられるため、意思が強くなります
・日頃から紙に書き出す習慣をつけると、自然と自分の中に言葉が蓄積され、咄嗟の場面でもすぐに伝えたい言葉が口に出てくるようになります
・手紙を書くときには相手のことを想像しますから、大切な人を想像する貴重な時間が持て、感謝やなつかしさ、胸のときめきなどを感じる豊かな時間を過ごせます
・日頃の感謝を言葉で返せることから、知らず知らずのうちに心が満ち足りていきます

・送る自分と受け取る相手、両者の心の距離が近づきます。わだかまりが解消されたり、信頼関係が生まれたり、今よりお互いの関係がよくなります


20200309-3.jpg


ページTOPへもどる

2020年2月26日 10:36

やっと伝えられたこと

こんにちは、いかがお過ごしですか。


わたしは幼少の頃からずっと、自分の気持ちを声に出して発することができませんでした。
友だち同士の他愛のない会話なら困ることはないのです。ただ、大切な人や大勢を前にすると、言いたいことがあっても、いざそれを声に出そうとすると体がぎゅっと委縮し、ぶるぶる震えて声にならないようなことが多々ありました。

遺伝的な影響もあったのだと思います。
父方の祖父には吃音があり、それにより祖父は戦時中、壮絶な体験をしてきました。
父はほんの1年ほど前まで、まったくといっていいほどその話をしたがりませんでした。それにより、父も深く傷ついていたからです。

わたしはただ悶々と「伝えられないもどかしさ」を抱えて生きてきました。
けれど、そのおかげで、幼少のころからずっと、無意識ながらも「書いて伝える」ことに夢中になれました。

気持ちを書くとき、わたしは自由で、幸せでした。

不思議なもので、好きなもの・信じるものについて語るときには、人前に出てもさほど苦を感じず、それどころか「あれも話したい!」「これも話したい!」「ねぇ、聞いて聞いて!!」と次々に言葉が出てきました。

けれど、手紙以外の部分においては、不自由なままでした。
大切な人を不用意に傷つけ、幾たびもの失恋に深く傷つき、「なぜなんだろう?」「なぜわたしはこうなのだろう?」と悩み、苦しみました。

数年前から専門家のところに通い、脳を鍛えるトレーニングを積んできました。
その過程で沢山のことに気づき、気づくことでまた傷つきながらも、少しずつ成長してきました。

そして、今年の元旦、初めて「あぁ、これでわたしは解放された。これでもうだれに対しても言いたいことが言える。ちゃんと声に出して伝えられる」、そう実感できた瞬間がありました。

それは、わたしが一番苦手な相手である父に対して、わたしの心の一番奥深くにある大切な気持ちを、感情的にならずに淡々と、声に出して伝えられた瞬間でした。

わたしは幼少の頃から、父に褒められたことがありません。
父もまた自らの父との間に心理的外傷を抱えて生きてきたため、父にとって「祖父の血を強く引いている」と感じられるわたしは、姉兄とは異なり、少し扱いずらい存在だったのだと思います。

わたしは父にこう伝えました。
「お父さん、お願いがあるの。わたしのことを愛している、和子のことを誇りに思う。そう言ってほしい」

そのとき父は、その願いに応えてくれようとしませんでした。父には父の事情があり、応えたくても応えられなかったのだと思います。

わたしは「やっと言えた、やっと伝えられた」という達成感を味わうと同時に、身が縮むようなやるせなさを覚えました。

そして、この週末、もう一度、勇気を出して父に会いに行きました。父は初めてこう言ってくれました。
「愛しているよ。和子のことが大好きだよ」。

ついに、たしかに、そう言ってくれました。ならば、もう大丈夫。次に会うときには、きっともっとお互いが歩み寄れるでしょう。

わたしはこれで本当にラクになりました。
今までずっと抱えてきた「声に出して伝えられないもどかしさ」を手放せたとともに、ずっと愛してほしかった最愛の人から、一番聞きたかったその言葉を引き出すことができたのです。

いずれ父も、ずっとラクになるでしょう。



コロナウィルスの影響で、世の中が停滞していくようです。
平常心を保てるよう、こんなときこそ身近な人と愛を確認しあえたらいいですね。

関係が近いからこそ「言わなくてもわかるだろう」と伝えるタイミングを逃してしまうこともあるものですが、溢れんばかりの情報のシャワーを浴びている今、心の中で思っているだけでは伝わらないことも多くなりました。

声に出して言うことはむずかしくとも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられるものです。
まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

日頃の何気ない感謝を思うままに綴るもよし、熟考した上で特別な一通をしたためるもよし。

ありがとう。
まずはそのひと言から、すべてが動き出すと感じます。







ページTOPへもどる

2020年1月31日 16:27

幸せの青い鳥さがし、万年筆のお掃除、スカパー!会報誌ほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。

青空がとても綺麗。冬らしく空気がピリッとしています。
この時季、毎朝の犬の散歩のとき、公園で色々な鳥に出会います。

以前は小さな鳥の動きに目が追い付かず、ほとんど見つけられなかったのですが、最近はこれでもちょっとずつ目が慣れてきたのか、カワセミ(青い鳥)やメジロ(黄色い鳥)なら、見つけられるようになりました。

カワセミに出会うとやっぱり嬉しい。「よし、ラッキー!」って思います。


青い鳥といえば、チルチルとミチルの童話が有名です。チルチルとミチルの兄妹が旅をしながら青い鳥を探し求め、最後にわが家で見つけるという物語ですね。
これは、幸せは身近にあることや、身近な幸せには気づきにくいこと、幸せは外にあるのではなく心の内に宿ることを示唆しているのだとか。

そういえば、わたしは幼少の頃、テレビアニメ「花の子ルンルン」が大好きで、あの話も主人公の女の子・ルンルンが七色の花を求めて長い旅をし、最後に自宅の庭で見つけるという話でした。

子どもには深すぎる話...
ですが、今でもよく覚えているということは、わたしはそういうのが本質的に好きということなのでしょうね。


世の中がどんどん生きづらくなる今、心の内にある幸せに目を向けるって、必須なことだと思います。

では、その心の内にある幸せとは、何なのでしょう?
人それぞれではありますが、わたしは自分を大切にすることだと考えます。「わたしはこう思う」「こうしたい」とちゃんと意思を伝え、表現し、まわりの人と話し合い、歩み寄り、理解しようとつとめることだと考えます。

ときに声に出して伝えにくいことも、書くことでなら意外とスムーズに伝えられるものですね。



お正月休みに万年筆のお掃除をしました。
しばらくブログを更新しなかったので、アップできずにいました。
0131-1.jpg
こちらはスカパー!会報誌、取材協力しました。
0131-2.jpg
更新頻度が低くなっていますが、地道にしっかりお仕事しています。
よろしくお願いします。






ページTOPへもどる

2019年7月10日 14:47

社長さんインタビュー&レター作成、日経おとなのOFF、THE21掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日、もうすぐ80歳に手が届こうかという社長さんにインタビューして、お客様向けのレターを書かせていただく機会に恵まれました。

わたしは音楽でも絵画でも小説でもすぐに感情移入してしまうので、社長さんの話に耳を傾けている最中も、つい目頭が熱くなり、目に涙がたまってしまいます。
長く会社を続けるにあたり、順風満帆な人生などあろうはずがなく、さらっと話す言葉の中からも、ときにものすごく深い悲しみや苦悩やそれらを乗り越えてきた強さを感じ、つくづく「すごいなぁ」と感嘆します。


わたしは10年ほど前まで「あらがみかずこ」の名前で、中小企業の社長さんにインタビューして、社長さんの仕事に込める思いを冊子にまとめる小冊子作成の仕事をしていました。

その数100社以上、書籍も出版していただきました。

社長さんの思いに耳を傾け、それを原稿に起こす仕事はとても有意義で楽しく、最後のほうは夢中になりすぎた(社長さんは皆、基本わがままですし)ゆえにバーンアウトしてしまったような情けない感じでもあったのですが、それゆえもあり、今あらためて、今の時代に合う方法・見せ方でお役に立つことができれば嬉しいなと感じています。

わたしも年齢を重ね、多少、いろいろ上手になったと思いますので。

いろいろなことを整えて、少しずつまたチャレンジしていきたいです。


20190710-1.jpg「日経おとなのOFF」2012年に取材していただいた記事を再編集、掲載していただきました。


20190710-2.jpg
雑誌「THE21」8月号、なんと、カラーページで手書き特集! SNSやAIの時代だからこそ、人肌や温かみを感じる手書きが有効です。「手間がかかる」「文章がわからない」「文字がへた」など手書きにまつわる疑問や悩みをいかにして解消していくか、取材していただきました。

20190710-5.jpg





ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税