プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2020年11月アーカイブ

2020年11月30日 15:26

満月のハガキ

20201130-1.jpg
(C)Chiemi Kunibu

今夜は満月だそうです。



20201130-2.jpg
初めてコンビニで写真プリントしました。
先代/ポン太。甘えん坊の、ときどき哲学者みたいなワンコでした。



ページTOPへもどる

2020年11月29日 12:01

歌舞伎絵、豊国「見立三光之内日」

20201129-1.jpg
以前に講師として招いていただいたご縁で、今年も歌舞伎座サービス様から来年のカレンダーをお送りいただきました。
上は、1・2月の歌舞伎絵、3代歌川豊国の平清盛「見立三光之内 日」。すごい迫力!! ド派手な衣装に力強い見得が格好いい。厄払いに最高です。 

20201129-4.jpg
龍も鳳凰もいます。

20201129-2.jpg
松も玉飾りも。この玉のことをなんというのでしょうか...?

20201129-3.jpg
落款を見ているだけでも飽きません。
豊国の落款、上に浅草のアサヒビールのあれが乗っているみたい。

平清盛が音戸の瀬戸を切り開いたとき、音戸の瀬戸は流れがはやく工事が難航し、なかなか進まなかったといいます。上の絵は、その工事のとき、西の空に陽が沈んでしまう太陽を清盛が金の扇で招き返したという伝説を描いたもののようです。

一枚の絵から学べることが山のようにありますね。

十二月、南座のチケットをとりました。
コロナ禍にあっても万全の対策をして公演してくれることが、ありがたいです。
楽しみ!!!


ページTOPへもどる

2020年11月26日 21:01

郵便屋さんの話 byカレル・チャベック

IMG-5662.jpg
絵本作家のスギヤマカナヨさんに教えていただいた絵本、『郵便屋さんの話』カレル・チャペック著(フェリシモ出版)、ハートウォーミングな1冊でした!

今日は朝からずっと、あれやこれやであわただしかったのですが、心が温かくなる瞬間がいくつもありました。
ぜんぶ仕事のやりとりですけれど、仕事でありながら心温まる瞬間があるって、本当にありがたいことだと思います。

「あー、んー、どうしようー」とモヤモヤしたり、気になりながらも後回しにしていることも多々ありますので、すべてが上々なわけではなく。むしろ、状況をよく知っている人から見れば、「えー、大丈夫ですかー?」と心配してしまうこともあると思います。

が、なんでも気の持ちようですね。むずかしいですが。



ページTOPへもどる

2020年11月24日 19:48

柿のハガキと、秋はブラームスなど

20201124-2.jpg
濱文様
絵てぬぐい「柿の木と小鳥」

そういえば、今年はまだ1回しか柿を食べていません。その1回も、最近よく行くごはん屋さんで出てきた「柿の白和え」。秋を感じる上品かつ家庭的なお味で印象に残っていますが、白和えですから量は少しだけ。
明日、買いに行こうかな。


京都に来て初めての秋。今年は紅葉を堪能しました。
京都に来たからという理由だけでなく、たぶん心が自然美を求めていたのだと思います。

秋は野山の色が温かいですね。春の華やかさややわらかさとはまた違う、幾重にも重なる落ち着いた色合いが、胸にジーンと沁みてきます。

音楽でいうなら、ブラームス。
わたし、10年ほど前まで「わたしはたぶん一生、ブラームスの音楽のよさがわかんないだろうな」と思っていたんです。それが、この2カ月くらい、「もう、たまらなく好き」と感じるときが幾度もあります。

人は変わるものですね。


20201124-1.jpg
5刷! 嬉しい!
昨年の今ごろ、出版時は新宿のバーで祝杯をあげました。よく覚えています。お店のみなさんはお元気かしら...?

世の中も変わりますね。

大変な中にあって上出来だと、ちゃんと自分をほめてあげなくちゃ。
ありがたいことです。


◎11/27(金)19時半~
年賀状講座
https://peatix.com/event/1706120/view

◎12/10(木)20時~
年賀状じまい講座
https://peatix.com/event/1719948/view



ページTOPへもどる

2020年11月23日 11:39

秋の京都、紅葉狩り

テーマ:
IMG-5594.JPG
南禅寺

IMG-5606.jpg
仁和寺

IMG-5627.jpg
清水寺そば
上からも、下からも、正面からも紅葉していました。

20201123-1.jpg
京都御所の大イチョウ、しょうたろう

20201123-2.jpg
20201123-3.jpg
立派なまつぼっくりを広いました。




ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税