プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

テーマ別

2021年11月: 月別アーカイブ

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2021年8月27日 10:33

秋の七草

20210827.jpg
鳩居堂

秋隣(あきとなり)。秋の七草のひとつ、桔梗(ききょう)のシルクスクリーンはがきです。鳩居堂さんの王道的なデザインですね。

秋の七草は、それぞれの頭文字をとって「おすきなふくは」で覚えます。
・女郎花/おみなえし
・尾花/すすき
・桔梗/ききょう
・撫子/なでしこ
・藤袴/ふじばかま
・葛/くず
・萩/はぎ

そういえば先日、友人宅にお邪魔したら、くず粉でつくった手作りの胡麻豆腐を出してくれました。食後にはくず粉でつくった手作りのレアチーズケーキまで! しっかりモチモチした食感であっという間に美味しくいただきました。
すばらしいですね。くず粉を使いこなすなんて「できる女」なイメージです。わたしはまだ自分でくず粉を買ったことがなく、スーパーでも見かけた(探した)ことがありません。今度どこか大きめのスーパーに行ったとき、探してみよう!



ページTOPへもどる

2021年8月10日 17:31

晩夏のひと

20210810.jpg
竹久夢二画<晩夏のひと> (C)港屋

厳しい暑さが続きますが、8/7は二十四節気の立秋でした。
立秋とは、初めて秋の気配がほのかに見える頃のこと。これ以降は夏の名残りの残暑ということから、夏の便りも「残暑お見舞い申し上げます」と書き出すのが一般的とされています。

わたしが暮らす京都では台風の影響からか、今朝は珍しく頬に涼しい風を感じ、まさに「立秋」「秋となり」といった風情でした。
もっとも明日はまた35℃まで上がるようで、まだしばらくはしんどい日々が続きそうです。

体調管理に気をつけて、元気に笑顔で夏を乗り切る!!



ページTOPへもどる

2021年7月29日 15:32

上村松園(焔)

20210729.jpg
上村松園(焔)1918年 東京国立博物館

京都市京セラ美術館で上村松園展をやっているので、ささっと観てきました。
上の絵も観ました。「源氏物語」に出てくる六条御息所。裾まで描かれていないので、お化けですね。羽織に蜘蛛の巣がからみついているようです。
自分を捨てた男(光源氏)を恨み、男が情を交わした女たちを次々と呪い殺した六条御息所。怖いですね、おどろおどろしいですね。

怖い女を描いた絵、好きです。
ほかにクリムトの「ユディット」も大好き。無性に惹かれます。

怖いもの、見たことのないもの、不気味なものに対して人は恐怖心を抱き、忌み嫌います。その一方で「怖いもの見たさ」という言葉があるように、それは同時に強烈な好奇心を呼び起こします。

絵、物語、音楽、映画...、そして人も。
明るさややさしさだけでない、怖さ、おそろしさは吸引力の一つ。

あぁ~、ひんやり冷気が漂います。涼しいわ(笑)


ページTOPへもどる

2021年7月27日 13:21

漆絵画帖/柴田是信

20210714-2.jpg
漆絵画帖 蝶図/柴田是信
(C)Kiyomizu Sannenzaka Museum

20210714-3.jpg
漆絵画帖 植木鉢に猫図/柴田是信 
(C)Kiyomizu Sannenzaka Museum


京都の清水三年坂美術館に蒔絵を観に行きました。上の2枚はそのときに購入したものです。

柴田是信は絵画だけでなく蒔絵も漆もやっていたのですね。
以前から柴田是信の日本橋・榛原製のポストカードを愛用しているので、京都の小さな美術館でその名を見かけたとき、「うゎ!」と嬉しい驚きがありました。

わたしはもともと関東の出身で、昨年から京都に住みはじめたばかりなので、京都に長く住む人が集まる会に顔を出したりすると、ふいにアウェイな雰囲気を感じることがあるのです。
柴田是信といえば、わたしにとっては「以前からその名を知っている江戸の人」なので、今回の京都での再会が、ことさら誇らしく感じられたのだと思います。

どことなくユーモラスなタッチの絵が多いですね。動植物に対するやさしさを感じます。


オリンピックがはじまりましたね。わたしは自宅にテレビがないので観てないのですが、観てないなりにYouTubeでダイジェストだけ観ています♪


ページTOPへもどる

2021年7月22日 09:57

チャイコフスキー

20210722.jpg
ピョートル・チャイコフスキー

連載している雑誌でチャイコフスキーの手紙にまつわるエピソードを書こうと思い、ここ数日、頭の中にずっとチャイコフスキーが流れていました。

チャイコフスキーの楽曲は、たとえば失恋直後のように、ショッキングな出来事が起きたときに聴くには最高だと思います。「どうしてこんなにわたしの気持ちをわかってくれるんだろう?」と深く感動し、癒しの涙が流れます。哀しみを壮大なスケールの優しさで受け止めてくれる気がするんです。

その一方で、平常時や、元気を振り絞って前向きにがんばろうとしているときに聴くと、頭の中をグラグラ揺らされる気がしてややトゥーマッチ感があります。「もぉー、かき乱さないでよー!」って感じです。@あくまで個人的な感想です。

今回はどちらかというと後者のほうでしたので、原稿を書き終えて、なんだかだいぶ脱力しています...。

今日(7/22)は祝日だそうで。暑いし、まったり過ごそうかなー。
と言いながら、ブログを書いているところがえらいです。お昼から飲みたくなっちゃう。



ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税