プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

テーマ別

2022年1月: 月別アーカイブ

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2022年1月19日 16:54

可愛いぬいぐるみ

20220119-3.jpg
20220119-4.jpg
20220119-1.jpg
すべてトライアングル社
すべて(C)Mari Takabayashi

メーカーさんからいただいたカードです。どれも独特ですね。こういう世界観を表現するにはなんという言葉をつかえばいいのでしょう...? 「ガーリー」「メルヘンチック」「少女趣味」...、どれも合うようでちょっと違う気がします。

普段のわたしのストライクゾーンからは少し外れているけれど、そういう変化球も気分が変わっていいものです。
ところどころに描かれている動物やぬいぐるみの表情が愛らしい! ぜんぶ表情が異なるのですね。眺めていると、自然に頬が緩みます。


ページTOPへもどる

2022年1月11日 16:31

富士に星

20220107.jpg
富士に星 和田英作 東京榛原製 (C)HAIBARA

今日は1月11日(火)。少し消耗することがあったせいか、ふと「あれ、まだ11日?」とカレンダーを見つめ直しました。

人は複雑です。わたしも、みんな、そうですね。
強い、でも弱い。自由だ、でもさみしい。どれも本当のわたし。だから、ちゃんとコントールすることを心がけながら、これまで以上にまわりに支えていただくことを学ばなければ。強くなりすぎないように。弱くなりすぎないように。

今年のわたしのテーマは「和(やわらぐ)」です。名前が「和」子なので、人生のテーマでもあります。

よし、やわらぐぞー! 
@...って軽くしか書けませんが、、まぁ、なんともむずかしいです。一生かかるぅ~。でも、一歩ずつよくなるように。



ページTOPへもどる

2021年11月24日 15:06

2021冬のグリーティング

20211124-2.jpg
11/19発売、冬のフリーティング切手

今年のデザインは大人っぽいですね! 箔押し。キラキラ。貼ると、わりとシンプルです。
ひと昔前と比較すると、だいぶサイズが小さくなりましたね。


20211124-1.jpg
ホールマークのものです。
ここ数年、自分の書く字がどんどん大きくなっていて、一筆箋以上に小型便箋のほうが使いやすく感じています。一筆箋と同じように、伝えたいことを短く3~5行程度にまとめて書いて使っています。

これからの時季は指先がかじかみやすいので、手を温めてからペンを持つといいですね。


ページTOPへもどる

2021年11月12日 09:38

Rest in peace

20211112.jpg
photo by K.Suda

瀬戸内寂聴さんの訃報にふれて、思うことを少し...
10年ほど前、寂聴さんの講演会に行ったとき、ある一人の女性が真剣な面持ちで寂聴さんにこう質問しました。「わたしは今、どちらの道に進んでいこうか悩んでいます。寂聴さんは道に迷われたとき、どのように決断しますか」。

寂聴さんはこう答えました。「あなたが何を悩んでいるかは知らない。でもね、何だってできるのよ! わるい人になる覚悟があればね」。
繊細なところまで思い出すことはできません。ただ、この「わるい人になる覚悟があればね」というひと言は当時のわたしの胸にも強く響き、そのひと言をきっかけに、行動することができました。

情熱を通そうとするとき、すべてに対して善良であるなど、はなからムリな話。
いえ、そもそもわるいのではないのです。血の熱さゆえなのです。だれにも責めることはできないのです。

情熱的に生きるって、素晴らしいこと!
そうしたことを教えていただきました。

合掌



ページTOPへもどる

2021年11月11日 21:59

よくなるように。

20211111-1.jpg
相国寺 法堂蟠龍図 狩野光信筆(江戸時代)

仕事で気になっていたことが少し解決され、ホッとしています。小さくとも一つずつ、一歩ずつ。よいことはもっとよくなるように。そうでないことはほどほどになって、最終的にはよくなるように。

上の「蟠龍図」の「蟠」という字は「わだかまり」と読むのですね。あの、心のわだかまり。蛇がグルグルととぐろを巻いている様子からきているのですね。なるほどー。


ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税