プロフィール

むらかみかずこ

手紙好きが高じて、文章を書く仕事をしています。
(有)はなまる企画代表  (社)手紙文化振興協会 代表理事

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとすごくうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。
あなたの場合は、いかがですか。

このブログでは、手紙好きが高じて文章を書く仕事をはじめたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの筆記具、便箋や切手などをご紹介することで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけましたら、うれしいです。

オフィスで働く女性をはじめ、パート・アルバイト、主婦、学生、人を応援するのが好きな人、人に喜んでもらうのが好きな人、もちろん男性も!

相手のことを想像し、自分の気持ちに素直な言葉をしたためる。
―それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうか、リラックスしながらお楽しみくださいませ。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

書籍紹介『できる大人の“一筆添える”技術』の最近のブログ記事

2016年3月 7日 10:01

文庫になった再登場『できる大人の一筆添える技術』、高知で講演会、龍馬郵便局、龍馬一筆箋、大型文具店でいろいろ物色、春を感じて、京都で講演会!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は雨降りの月曜日になりました。早く雨が上がるといいな...

ひきつづき、盛りだくさんの毎日です。


■ もうすぐ新刊発売! 『できる大人の'一筆添える'技術』(KADOKAWA/中経の文庫)。2009年3月にディスカヴァー21社から発売になった単行本が、文庫になって再登場!

dekiru-bunko-chukei.JPG
わたしは幼い頃から手紙を書くのが好きで、いつも手紙ばかり書いていた記憶があります。大人になった今、振り返ってみると、おそらくそれは口下手の反動で、友だち同士の他愛もない会話なら特に困らなくても、何か大事に思っている気持ちを伝えることに対して、つい遠慮してしまったり、後になってから「あのとき、ああいえばよかったのにな...」などと後悔してしまう、その声に出して伝えられないもどかしさが、書いて伝えるエネルギーへと向かっていったのだと思います。

書いて伝えるって、本当にすばらしいこと。
ちょっとの工夫で、相手に喜んでもらえるだけでなく、自分の心も楽になります。

一人でも多くの人の手に届きますように。
電子書籍も発売になりました。よろしければぜひ、読んでみてください。


■ 高知新聞社からお声掛けいただき、講演会を行いました。

kochi-kouendaimoku.JPG
高知に行くならぜったいに行きたかった、念願の龍馬郵便局に連れて行っていただきました。
ryoma-post1.JPG
ryoma-post2.JPG
わたしは大学は史学科で、いちおう歴史好き。歴史小説はお風呂タイムの友だちで、『竜馬がゆく』(司馬遼太郎さん)も何度も繰り返し読んだので...。

ryomaryoma.JPG
■ よく「一筆箋とかレターセットはどこで買いますか?」という質問を受けます。大きいところも小さいところも、「ここでしか買えない!」こだわり系のお店も好きですが、一度にいろいろな商品が見られる大型文具店に行くと、自分の感覚をニュートラルに保てる気がして、だいたいいつも伊東屋か東急ハンズに行きます。

先日は久しぶりに、新宿の世界堂に行きました。全商品20%OFF! たくさん買いたいときにはいいですね。
sekaido.JPG
■ 春近し。ポストの中に手紙を見つけるたびに、春を感じます。

momotosakura.JPG
■ 3/9(水)京都の立命館大学で行う講演会(日経ウーマノミクスセミナー)、定員80名のところ、170名ほどからお申込みいただいたと聞いています。ありがとうございます。m(__)m 

3.9nikkei_women.jpg
がんばって、お話ししてきます!

sho (600x800).jpg
よい一週間になりますように。





ページTOPへもどる

2009年6月19日 20:26

ひと手間かけて発送したら・・&ポッドキャストインタビュー

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは村上春樹さんの『1Q84』、読み始めたら止まりませ~ん! お仕事できなーい、早く後半も読みたーい! 状態です。

 

カバー.jpgさて、先日、知人から「書籍『できる大人の"一筆添える"技術』を友人にプレゼントしたい。友人宅に送ってくれないか?」というご依頼がありました。

聞けば、結婚記念のプレゼントとのこと。知人が選んだペアの万年筆とともに、拙著をプレゼントしたいとおっしゃってくれたのです。

なんともうれしいお申し出! 2つ返事でOKしたものの、結婚記念の品ともなれば普通の事務用封筒では送りにくい・・ たいしたことはできませんが、考えた末に、写真のようにラッピングして、書籍にサインと一筆添えてお送りさせていただきました。

hassou.JPG発送後、「こんなふうにラッピングして送りましたよ」と写真を撮ってご依頼主の知人にメールしたところ、とっても喜んでくださり、さらに追加で6冊も拙著を購入してくださいました。@ありがたいですー!

 

ひと手間かけるって、大切ですね。
そして、その手間をかけるにあたっては、できるだけコストと面倒をカットしたいのが本音ですから、そのために日ごろから情報を集めたり、道具をそろえたりするのも大事。

今日はちょうど、ポッドキャスト番組『人生を変える1冊』早川洋平さんによるインタビュー収録があったのですが、その中でも同じようなお話をさせていただきました。

こちらは公開されましたら、またご報告させていただきますー☆


relieve.JPG relievehonbun.jpgのサムネール画像他に、最近では、雑誌『Relieve』7月号(株式会社アンリミテッドさん発行、出版文化社さん取材制作)に2ページにわたり、「話題の本」として記事掲載していただきました。ありがとうございます!

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月12日 14:28

雑誌『THE21』に掲載していただきました&歌舞伎の幕の付箋紙

こんにちは、いかがお過ごしですか。

この時期、わたしはさくらんぼに目がありません。国産のものは高いので、もっぱらアメリカンチェリーをむしゃむしゃしています~。今も(笑)。

 

the21.JPGさて、いま発売中の雑誌『THE21』7月号(PHP研究所)に、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』を記事掲載していただいています。

タイトルは『なぜか人を惹きつける人の「ひと言添える」技術』。書籍『メールは1分で返しなさい』の著者、神垣あゆみさんへの取材文とあわせて記事にしていただきました。

内容は「時間をかけずに効果的なひと言を添える」にはどうすればいいのか。わたしはさまざまなシーンで使える3つのフレーズをご紹介しています。

1.~なので、ご自愛ください
2.~できて、光栄です
3.~しますように

ほかに手書きで「ひと言」添えるときの5つのポイントも、あわせて掲載されています。

この記事、さすが、とてもよくまとまっていて、すごくうれしくなりました。よろしければぜひ、お手にとってみてくださいませ!

 **


こちらは先日、松竹芸能の広告制作をしていらっしゃる方からいただきました。

kabukifusen.JPGすごい☆ 歌舞伎の幕/定式幕(じょうしきまく)の付箋紙! 松竹歌舞伎検定公式テキストの付録として制作されたもので、一般発売はされていない貴重品なのだそうです。

黒、柿色、萌黄色の3色。

歌舞伎マニアさんには生唾モノ?! 話題性たっぷり。こういうグッズって、おもしろいですね。

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年5月16日 13:53

万年筆を選ぶときには・・&「一筆添える」読者層

こんにちは、いかがお過ごしですか。

雨が降りだす前に、たくさん洗濯していますー。そろそろ梅雨対策!

 

さて、昨日、所用で、後輩の女の子と一緒に表参道に行きました。『ワークライフアンバランスの仕事術』の田島弓子さんの事務所にお邪魔して、その後は拙著『できる大人の"一筆添える"技術』でもおすすめさせていただきました、大好きな万年筆専門店、書斎館さんへ。

 

yuricosan1.jpeg後輩の女の子は、パイロット社のものをお買い上げ。購入するにあたって、このお店では、こんなことさせてくれちゃうんです。(試し書きの図。)

こういうふうに、1本1本、書き比べてみることで、自分の手・指の感覚にジャストフィットするものを選べます。手の大きさや文字の書きグセは、人によって異なります。デザインや価格だけで選ぶのでなく、「自分に合うか」を確認するのも大事ですね。

 

akogare.jpegこちらはわたし。待っている間に憧れの1本、イタリアはデルタ社のドルチェビータを試し書きさせてもらいました。このあざやかなオレンジがたまらない~ @一応、昨日はガマンガマンしました。。^^;  

tamesu.jpeg 
***

先日、編集者さんから教えていただいたところ、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』は、購入者層が、ちょうど男女比50:50なのだそうです。

そういうビジネス書って、めずらしいでしょうか・・?? 手紙というと、なんとなく女性的な印象を受けますが、こういう本を手にとってくださる男性って、「頭」だけでなく「心」もやわらかい方だと思いますし、そういう方が、今もこれからも、人の上に立っていくんですよね。

買ってくださった方に、あらためて感謝です☆

  

***

いよいよ来週土曜日! 23日13:30~15:00、渋谷の大盛堂書店さんで、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』(ディスカヴァー21刊)の出版記念トークイベントを行います!

司会進行は、"本のソムリエ"こと、一里塚歌劇団の団長さんです。
入場無料☆ 先着50名様限定です。この機会にぜひ、みなさんとお目にかかりたいです。ぜひ足をお運びくださいませ。

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ! http://www.taiseido.co.jp/sibudoku/event.html

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&増刷決定!\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年5月11日 22:59

「一筆添える」インタビューがポッドキャスト配信されています!

こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。

だいぶ汗ばむ陽気になってきましたね。季節の変わり目だからでしょうか、わたしのまわりには風邪を引いている人も多いようです。早くよくなりますように・・!

 

さて、なんと、ポッドキャストなるものに登場しています!

■通勤立読みブックラリー
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=281550237

bookrally.JPG先日、ホスト役の竹ノ内隆先生(明治大学MBA講師、経営コンサルタント)に、楽しくインタビューしていただきました。さすが、緊張でコチコチになっていたわたしの気を和らげてくださり、ニコニコ笑顔で対談を終えることができました。

さっそく前編約20分の録音データがアップロードされています。なんと☆すべて無料でお聴きいただけます。アップル社のソフト「iTunes」をこちら↓から入手(無料です)のうえ、ぜひぜひ、お聴きくださいませ。(*^_^*)
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

 

この対談、とても楽しかったです。

事前に竹之内先生宛に拙著『できる大人の"一筆添える"技術』をお送りしていたところ、さっそく一筆箋と万年筆を購入してくださっていて、親しみやすくインタビューしてくださりました。

 

プレゼントもご用意させていただいていますので、ぜひご応募くださいませ!
 通勤立読みブックラリーブログ/http://bookrally2.seesaa.net/

なお、ご自身でポッドキャスト配信をしてみたい方に向けて、竹之内先生が教材をご用意していらっしゃいます。こちらもぜひ、ご覧になってみてください。
 カイゼン本舗/http://www.kaizenhonpo.co.jp/

30万アクセス/月、10万ダウンロード/月の実績を誇るという『通勤立読みブックラリー』。すごいですよね! 音声での学びというのは、これからもっともっと、注目されていくのでしょうね!

 

***

loft.JPGちなみに、対談でも出てきたのですが、そもそも一筆箋ってどこで手に入るの? と思う方は、まず東急ハンズやロフト、伊東屋さんなどの大型文具店に足を運んでみてください。

右の写真は、ロフトで撮影した夏の便箋コーナーの写真です。ずいぶんいろんな種類のものがあると、おわかりいただけますでしょう? この他に、通年で使える絵柄のものも、この倍くらいあります。


一筆箋って、けして珍しいものではないんです。そう実感していただくだけで、手が伸びるかなぁ・・?

  

***

今月23日(土)の13:30~15:00、渋谷の大盛堂書店さんで、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』(ディスカヴァー21刊)の出版記念トークイベントを行います!

司会進行は、"本のソムリエ"こと、一里塚歌劇団の団長さんです。
入場無料☆ 先着50名様限定です。この機会にぜひ、みなさんとお目にかかりたいです。ぜひ足をお運びくださいませ。

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ! http://www.taiseido.co.jp/sibudoku/event.html

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&増刷決定!\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました