プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの小物たちの最近のブログ記事

2018年12月13日 17:19

雑誌『一個人』で年賀状、ハウスメーカー情報誌『pao』、付箋、持ち歩きグッズ、クリスマスの特印、マキシほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。
冬本番となりました。そろそろクリスマス・・そして、年末ですね。


■ 雑誌『一個人』、福を呼び込む正月の作法というテーマで、年賀状について取材協力しました。
20181212-2.JPG
20181212-3.JPG
例年、この時季になると、年賀状をテーマにいくつか講演や取材をお請けします。その際にはいつも「マナーやルールを知ることは大事なことですが、それらにとらわれるのではなく、自分らしく等身大の言葉でつづりましょう。そのためには・・・」という内容でお伝えしています。
人と心地よくかかわっていくために、年賀状というツールを上手に使っていけたらいいですね。


■ 大手ハウスメーカーが発行している情報誌で取材していただきました。巻頭特集/大きな写真入りで掲載していただきました。表紙の写真にある冬の富士山、見事です。
20181212-11.jpg
表参道にあるカード専門店/ウイングド・ウィールさんで撮影させていただきました。


■ 日本ホールマークさんからいただきました。楽しい付箋たち。使いやすくて気に入っています。
20181212-9.JPG

■ いつもカバンの中に入れて持ち歩いている紙アイテムです。手前のケースはmidoriさんのもの。いちばん使うのは「封筒」です。
20181212-1.JPG

■ 目白にある切手の博物館の特印で届きました。
20181212-5.JPG

■ こちらは「そえぶみはがき箋」を使ったマキシマムカード。マキシマムカードとは①はがき②切手③消印 3つのデザインをコーディネートして1枚の絵画のような世界をつくりあげることをいいます。当協会の講師にも達人さんがいます。インスタグラムで #マキシマムカードと入力すると色々出てきて楽しいですよ。
20181212-8.jpg
ハガキの裏面に切手を貼る際には、「切手裏面貼付」と書くか、写真のようなスタンプ・シールを貼るのがルールとされています。
20181212-7.JPG

■ 名古屋在住の講師からのプレゼント。愛知県のフォルムカードと遊び箋(名古屋城)。
2081212-4.JPG
右側の「遊び箋」、もともとは罫線に工夫を凝らした便箋でしたが、最近のものはとても便箋には見えないものばかり・・・ さて、どうやって使えばいいのでしょうね。

使えなかったら机の中に眠るまま。バザーや何かでどこかに送り出す機会があればいいですが、わざわざそうしなければいずれ捨てることになり、そのときに胸を痛めます。
「せっかく買ったのに使えなかった」「もったいないけれど、捨てなくちゃ」・・そういう感情はなるべく抱きたくないものだと思うのですが。

「女子文具」といって紙モノを中心とした可愛い文具が話題ですが、玉石混交。メーカーさんにはいつも使いやすい・書きやすい・伝わりやすいものをつくってほしいな、と一ファンとして願います。

@プレゼントしてくれた気持ちはうれしく受け取っています♪



★番組出演のお知らせ。
NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断 坂本龍馬編」
http://www4.nhk.or.jp/ijin-kenko/

12月12日(水)20:00 本放送
12月18日(火)23:45 再放送



【おたずね】
このブログの常時SSL化の作業をしてくれる業者さんを探しています。かれこれ半年近く探しているのですが、なかなか出会えず。どなたかピン!とくる方がいたら、ぜひ教えてください。
メール/info ★tegami.or.jp  

ページTOPへもどる

2018年9月12日 11:50

拙著11刷&オフィス移転のポストカード

こんにちは、いかがお過ごしですか。
「初秋」という表現がしっくりくる頃となりました。どんな秋をお感じですか。

拙著『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』(PHP研究所)、11刷の連絡を受けました。長く、広く読んでいただき、大変うれしく思います。
20180911-2.JPG
出版社さんのお力添えあってのことです。ありがとうございます。


■ オフィス移転のお知らせポストカードです。迷ったのですが、このデザインにしてよかった! こうした発送作業はお金で解決することもできますが、関わる人と楽しくやるに越したことはないですね。
20180911-1.JPG

日本郵便さんから年賀状の営業を受けました。今年はオリンピック&パラリンピックの寄附金付きのものもあり、絶賛売り出し中(笑)なのだそうです。たいへんだ。

今回は短めでした!





ページTOPへもどる

2018年8月30日 14:40

人生初体験! 甲子園の消印、真夏に雪の結晶シール、そえぶみはがき箋(秋の新柄)ほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。

8月はバンジージャンプをしたり、海釣りをしたり、「はじめて」の体験がたくさんできました。
IMG-3761.JPG
大きな別れを経て、身を切るような痛みも経験しましたが、引越しして気分一新! これからの人生、もっともっと自分を開発し、すべてを味わいつくしていきたいです。がんばります。


■ 甲子園郵便局の消印です。今年限定のものでしょうね。切手が斜めに貼ってありました。
20180816-5.JPG
■ もうひとつ風景印。新潟小木郵便局。海女さんの表情がかわいらしいですね。今年のふみの日切手はとりわけ使いやすく、大量購入しました。
20180816-1.jpg

■ 神楽坂の夜はお高い小料理屋さんでお得にランチを食べていたら、雪の結晶型のお皿でデザートを出してくれました。真夏に冬のお皿を使うなんて! さっそく手紙で真似してみました。

IMG-3832.JPG
IMG-3831.JPG
IMG-3833.JPG

■ 日本ホールマークさんから提供していただきました。いつもありがとうございます。
20180816-2.JPG
20180816-7.JPG
■ 監修しています、そえぶみはがき箋(美濃和紙・古川紙工社製)、秋の新柄3種。そろそろ店頭に並ぶ頃でしょう。左の「月うさぎ」柄や右の「秋のくだもの」柄は今からもう使えますね。
20180816-3.JPG

■ 一筆箋を整理しました。使いかけのものはすべて無印良品のクリアボックスに収納しています(セミナーや講座で使用する新品は別のところに収納しています)。
20180816-4.JPG
これでも「あの一筆箋はこのあたりかなー」とだいたい把握しているんですよ。ところどころに見える四角いものは文香です。こうしておくと、自然に紙に香がうつります。


■オフィスの住所が変わりました。各所へのご案内は来月(9月)になります。

一般社団法人手紙文化振興協会
〒102-0074  東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
電話:03-5579-8899 FAX:03-5579-8650 (電話とFAX番号に変わりはありません)




ページTOPへもどる

2018年8月12日 08:13

手紙愛、再熱! すっくりと立つ向日葵、鳥獣戯画、花火の風景印、シールの貼り方など

こんにちは。いかがお過ごしですか。

わたしは、いろーんなことがあって、原点回帰!!
手紙って楽しい。紙・ペン・切手・・・・文具って、もうニコニコしちゃう。たまらなく好き!!! そういう、純粋に好きという気持ち、手紙に対する好奇心を取り戻したいって思います。

子どもの頃、ランドセルを置いてすぐに近所の文具店にかけつけ、「なんてキレイなんだろう」「どうか、次のお小遣い日まで、この便箋が残っていますように」と頭の中を一杯にしていたわたし。

切手を眺めてニタニタし「あー、あの人はこの素敵さをわかってくれるかしら?」と自問し、「やっぱりこれしかない。えいや!」とお気に入りの切手を貼る、あのときの気持ち。

「これ、うまいなー」「ほんとすごいなー!」と、たまに目にするDMのセンスのよさに心の炎を灯し、「わたしもがんばる」「もっといっぱい工夫する!」と、没頭する時間。


根が真面目なので。物事をむずかしく考え、重くなり、つぶれそうになってしまうこともあります。
でも、だれのものでもない。わたしの人生。一通りの波が過ぎ去った今は、わたしが心地いいと思うことをとことん追求していく人生を歩みたいって思います。

手紙を通して出会った大勢の仲間、友人、取引先から届く言葉の数々に励まされています。

手紙はいつも助けてくれる。手紙はいつも未来を切り拓いてくれる。

そういうことを、もっともっと、愛情たっぷりに、アツく、しっかり、伝えていきたいと思います。


201808-01.JPG
ダンディなおじさまから届きました。ミドリさんの紙シリーズ。この文字数はさすが。なかなかできません。



201808-02.JPG
ビールを飲むカエルさん。どこまでもアレンジできる鳥獣戯画はほんとに魅力的。



201808-03.JPG
東京本所郵便局。長谷川平蔵も密偵たちも、大川の花火を見上げていたのでしょうね。


201808-04.JPG
和紙やらレースやら、いろんな紙をコラージュしているのですね。
わたしはこういうセンスがあまりなく、手紙の中では苦手分野ですが、当協会の講師には得意な人が大勢います。家族向けのワークショップもいいですね。楽しそう。


201808-05.JPG
今年の夏はほんとうに暑かった。祇園祭も大変だったことでしょう。


201808-06.JPG
シールの貼り方がうますぎます。どういう順番で貼っているの?と気になって仕方なく、「1,2,3・・・」と何度も数えています(笑)

201808-07.JPG



ページTOPへもどる

2018年7月21日 19:51

コンサートに行くこと、使いやすい付箋、取材協力・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ご心配をおかけしてしまい、すみません。書き方が具体的過ぎました、反省しています。
「あちゃ、やっちゃった」消そうかなとも思ったのですが、今はそれはそれでいいかなと思っています。


気力は充実しています。
協会の講師たちとの会話が楽しく、趣味でやっている歌(声楽)では難曲にチャレンジ中。クラシックのコンサートにもたびたび行っています。

コンサートについていうと、夏はドビュッシーとかラヴェルとか、涼しげな曲がいいですね。
偏見かもしれませんが、わたしはピアニストは美しい女性に限ると思っています。「美しい女性」「美しい曲」「美しいピアノ演奏」その3つが揃うと、聴いているときの「うっとり感」が何乗にも広がるようです。

音楽は見ると楽しめますね。どのコンサートに行くと・どのあたりの席で見ると(自分に)いいか、だいぶつかめてきたので、もっと行く回数を増やしたいです。

自分を活かすことができていると感じる瞬間が少しでも長くなるように、日々を大切に過ごしていきます。


気に入って使っています。
徳島の大塚国際美術館で見つけたムンクの叫び付箋。
20180721-1.JPG
付箋という道具は「大事だから」「忘れないように」使うものだと思うので、パッと目に飛び込んでくる、目立つ色やデザインのものが使いやすいですね!

20180721-2.jpg
ゼクシィ首都圏版9月号、取材協力しました。分厚いです。重いです。どこのページがなかなか探せません。披露宴の招待状についてコメントしました。

暑中見舞いハガキをたくさん、メーカーさんからはサンプルも受け取っています。
いつもありがとうございます。m(__)m


ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました