プロフィール

むらかみかずこ

手紙好きが高じて、文章を書く仕事をしています。
(有)はなまる企画代表  (社)手紙文化振興協会 代表理事

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとすごくうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。
あなたの場合は、いかがですか。

このブログでは、手紙好きが高じて文章を書く仕事をはじめたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの筆記具、便箋や切手などをご紹介することで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけましたら、うれしいです。

オフィスで働く女性をはじめ、パート・アルバイト、主婦、学生、人を応援するのが好きな人、人に喜んでもらうのが好きな人、もちろん男性も!

相手のことを想像し、自分の気持ちに素直な言葉をしたためる。
―それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうか、リラックスしながらお楽しみくださいませ。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2010年5月アーカイブ

2010年5月28日 14:02

祝☆5刷決定! 月刊『実務経営ニュース』掲載、ゆび筆PopCorn&おすすめセミナー情報

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日はこちらは快晴。すがすがしい陽気です。

今朝、起きたら、視界がハッキリ! 遠くの空までくっきり見えました。というのは、昨日、レーシックの手術を受けたんです。
まだ少し不自由ですが、気分爽快。手術は怖かったですが、思い切ってやってよかったかな。これで苦手な床掃除も、こまめにできるかも?!(ほこりが目に留まるので、、)。


kotoba_cover1.JPGさて、気分爽快なのは、編集者さんからうれしい報告を受けたからでもあります。
新刊『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』(日経ビジネス人文庫)、増刷が決まり、これで5刷となりました。ありがとうございます。m(__)m

 

jitsumuservice.JPG先日は、月刊『実務経営ニュース』にて掲載していただきました。
こちらは、税務・会計事務所さんが読まれる月刊誌ですね。
税務・会計士さん業界といえば、最近は、顧問先に訪問しないでメールと電話だけでサポートする税理士さんも増えていますものね。
ちょっと打ちにくいメールを打つとき、「あれ、なんて書けばいいんだっけ?」「いまさら人に聞けない!」などと困ったときに、辞書代わりに拙著をめくっていただけましたら、うれしいです。


**

yubifude.JPGのサムネール画像すごーい! めずらしいものをいただいちゃいました。「PopCornゆび筆」! ゆびにはめて、筆文字が描けるペンです。

メーカーさんのウェブサイトを拝見したら、もともとは障害のある人に向けて、楽しく書いたり描いたりすることができる道具を作りたいという思いから、誕生したとのこと。

ゆびにはめるだけで、あら不思議。ゆび筆が自分の体の一部になったかのように、スイスイと筆がすすんでいきます。
子どもの頃、砂場に文字を書いて遊んでいましたよね。あの感覚を思い出しました。

トウモロコシのような形から、「PopCorn」と名づけられたのだとか。見た目もキュート! おもしろグッズとしても流行そうですね。


**

おすすめセミナー情報です。
拙著『できる大人の"一筆添える"技術』(ディスカヴァー刊)でもご紹介しておりますポストカード専門店、ホワイトベース社の小串広己社長のセミナーが静岡で開催されます。

6月4日(金)、6月5日(土)。ベルテンポ・トラベルの高萩徳宗社長との共同セミナーとのこと。
テーマは「売れるサービスのしくみ」そして、「ハガキの潜在能力について学び、活かす」。

ベストセラー書籍『サービスの教科書』等でも有名な高萩社長も、年間1000枚以上書く、ハガキの達人さん。
わたしも何枚か頂戴したことがありまして、サラサラ~としたためて送ってくださる、その「さりげなさ度」が抜群だと、勝手ながら感じています。 

静岡近郊の方ぜひぜひ!詳しくはこちらをご覧くだいませ。

 

 

 

ページTOPへもどる

2010年5月24日 20:02

銀座鳩居堂さんにて、拙著の発売開始!&日本歯科新聞に掲載していただきました

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは週末、友人の結婚式で大阪にいました。宿泊先のホテルでは、学生時代の友人4人で、ビール片手に朝5時まで語り合っていました。
そんなことをしたのはいったい何年ぶりかなぁ。すごくなつかしく、楽しかったです。

 

さて、21日(金)のNHK総合、首都圏ネットワークさんは無事に放映になったようですね。実はわたしはオンタイムで観られず、結局、まだ録画も観ていないんです。
聞くところによると、「お手軽で簡単な一筆箋のよさが伝わる内容だった」とのこと。そう思っていただけたとしたら、うれしいなぁ。

kyuukyodou.JPGそして、その放映にも出ていらした(はず)の銀座鳩居堂さん。手紙好きの人にとっては、ある種「メッカ」のような存在として知られていると思うのですが、その鳩居堂さんで、なんと! 拙著『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』(日経ビジネス人文庫)を販売していただく運びになりました! 

ありがたいです。そして、個人的に、とてもうれしく思います。
先日、さっそくご挨拶&写真を撮影しに行ってきたところ、店長さんいわく、初日から次々と売れていますよー、とのこと。感謝、感謝です。お店で見かけましたら、どうかぜひ手にとってみてくださいませ!


**

shikashinbun.JPG歯医者さん業界で幅広く読まれている日本歯科新聞さんにて、取材・記事掲載していただきました。以前、セミナー講師としてお招きいただいたときからのご縁です。

ずいぶん大きく誌面を割いてくださったことに、また顔写真の大きさにもおののきました、、、
ちょうど同じ面にモデルの杏さんの写真が掲載されているんです。美しさの違いが、際立っています、、くくく。。

とはいえ、こうして拙著を知っていただく機会をつくっていただき、本当にありがたいです。ありがとうございます!

 

 

ページTOPへもどる

2010年5月21日 11:26

紫陽花の切手とハガキ、戦国武将が書いたラブレター&NHK総合「首都圏ネットワーク」放映です!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日5/21日は、二十四節気の小満(草木の葉が茂る時期)です。古くから沖縄では、梅雨を次の節気(芒種;6/6頃)とあわせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語で言い表してきたのだとか。

ajisai.JPGこれから少しずつ、梅雨前線が北上してくる頃ですね。
先日郵便局をのぞいたら、ちょうど紫陽花の切手とハガキが売られていました。
切手は、写真のように、短冊型のミニリフィルに入って売られていました。ちょっとよそ行きな感じ。プレゼントにもいいですね!

 

**

ところで、数年前から「歴女」といって、三国志や戦国武将など歴史好きの女性が注目を集めていますよね。

実はわたしも歴史大好き、大学は史学科でした。ゲームはやりませんが、学生時代の友人と話すときは、それこそ「わたしたち、歴女のハシリだよねー」なんて盛り上がることもあります。

いちばん好きな戦国武将は、薩摩の島津義弘。7~8年前に池宮彰一郎さんの『島津奔る』を読んですっかり魅了されてしまい、関が原での敵中突破の退却戦のシーンなど、もう、、思い出すだけでダメ、、目の奥が熱くなります。@一応、トーンを抑えて書いています。。

 

sengokubusho.JPGで、最近読んだ本『戦国武将からの手紙 -乱世に生きた男たちの素顔』吉本健二さん著(学研M文庫)の中で、この島津義弘の書状が紹介されており、こちらを読んで、またすっかり熱に冒されてしまいました。


本の中で紹介されているのは、島津義弘が離れて暮らす宰相夫人に宛てて書いた手紙です。以下、抜粋します。

 手紙がようやく今頃届いた。まずまずそちらも上から下まで何事もないようでめでたく思う。
 以前にも言ったように、最近はますます頭に雪が重く積もったように白髪が増え、寄る年波が立ち重なったように皺が深くなった・・・・・・・(略)
 
 今夜もまた、おまえを夢に見た。まさに今、この場で出会ったかのようだった。
 また良い便りがあった折には、いくたびも同じことだろうとも、手紙にしていってくれればうれしい。
 息子たちには謡曲や手習い、そのほかのたしなみを怠りなく習得するように言ってやってくれないか・・・・・・(略)


この、「今夜もまた、おまえを夢に見た。まさに今、この場で出会ったかのようだった」というフレーズ。すばらしい愛情表現ですよね。

戦続きで離れて暮らすことが多かったとはいえ、30年以上(もっと?)連れ添った夫人に宛てた手紙です。

若い頃から戦の最前線に出て、それこそ何万という数の屍を目にしてきた義弘は、どのような器の持ち主だったのでしょうか。

老いてなお、夫人の夢を見、「まさに今、出会ったかのようだった」とてらいなく書き、そして、そう書かせてしまう夫人・・。

むぅーーん、素敵だなぁ・・、、と、しばし、想いをはせたのでした。


**

本日18時10分~、NHK総合「首都圏ネットワーク」にて、先日(18日)に行ったセミナーの様子が放映される予定です。

テレビの前にいらっしゃる方はぜひ、見てやってくださいませっ!

 

 

ページTOPへもどる

2010年5月18日 13:12

21日(金)、NHK総合、首都圏ネットワークにて放映予定&奈良のせんとくんハガキ

こんにちは、いかがお過ごしですか。
初夏を思わせる陽気、野菜の価格もだいぶ落ち着きましたね。わたしは、今日は朝から、おもむろに八宝菜をつくって食べました。

 

昨日、取材のご依頼をいただき、本日夕刻19時~開催のセミナーに、NHKさんの取材が入ることになりました。

その関係で、昨日の夕刻から急にちょっとバタバタしているのですが、そういう慌しいときほど、(プレッシャーによる現実逃避からか)、朝から料理したくなったり、ブログの更新も・・。 なんともまぁ、、小心者の見本のようですね。(苦笑)

何事もなければ、今週21日(金)18時10分~、NHK総合「首都圏ネットワーク」にて放映予定です。
夕刻の時間帯、テレビの前にいらっしゃる方、ぜひご覧くださいませ! 

わたしは実家に録画のお願いをしなければ。そしてその前に、本日のセミナー、受講者のみなさんに喜んでいただけるよう、がんばります☆


さて、あわただしいときの和み系。
sentokun1.JPG奈良に出張中のスペシャルな友人から、せんと君のポストカードが届きました!

せんと君は平安遷都1300年記念のキャラクターですね。なんかこう・・、キモかわいい。個人的には、左目のウィンクがたまりません。。

紙は手漉きの和紙でしょうか、授産施設でつくられたもののようです。

すごい! 切手と消印まで、せんとくん!!

sentokun.JPG奈良県内の各郵便局で、少しずつ消印の柄が異なるのだとか。写真の消印は、平城京跡の会場から送ってれくたものだそうです。

あゆみ姫さま、ありがとう!! いやされました☆

 

 

 

ページTOPへもどる

2010年5月17日 16:32

明日18日19時~、セミナー開催☆北鎌倉のお手紙カフェ、藤源治Laboさんに行きました!

テーマ:手紙空間

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は初夏の陽気。ポカポカ温かくて、陽射しも強くて、久しぶりに外を歩くだけで汗がでてきた気がします。

明日(18日)19時~、株式会社OCLさん主宰で、セミナーを行います。
実は、急・急・急遽! テレビの取材が入ることになりました。アナウンサーさんも受講してくれ、その感想とともにレポートしてくださる予定とのこと。@ドキドキ・・

若干名、まだ申し込みを受け付けております。場所は西新宿です。
会社帰りにぜひお越しくださいませ! 手書きで一筆添えるメンドウを楽しみに変えるコツをお話しさせていただきます。

**

さて、週末、ずっと行きたかった北鎌倉のお手紙カフェこと、藤源治Laboさんに行ってきました。
labo1.JPGこちらは一般のお宅を週末だけ開放したカフェ。もっと気軽に手紙を書く機会をもってほしいという思いから、店内にはポストカードやスタンプ、色鉛筆、切手、のりなどのお手紙グッズがたくさんそろいます。

labo2.JPG駅からヨチヨチ歩いて15分くらい。築年数がだいぶ経過している建物なのでしょう。建物の佇まいといい、部屋の雰囲気やお庭の様子といい、子どもの頃に訪ねた親戚の家のようで、どこかなつかしく感じられました。

labo3.JPGコーヒーも美味しい! お庭を眺めながらのんびりと本を読むのもよし、手紙をしたためるのもよし。居心地がいいので、わたしは友人とつい長居してしまいました。
まったりと贅沢な時間を過ごせますよ。 

藤源治Labo さん/営業は金・土・日のみ。12時から18時まで、です。

**

それにしても、テレビの取材って、急ですね、、、冷や汗ものです。
放映日など決まりましたら、またご案内いたしますので、よろしくお願いいたします!


 

 

ページTOPへもどる
1  |  2  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました