プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2008年9月アーカイブ

2008年9月30日 14:46

似顔絵入りのFAX用紙

お仕事でFAXを使うことって、日常的に、ありますよね。

FAXも手紙の一部。わたしはいつも、こんなFAX用紙を使っています。

FAX.jpg

ちょっとはずかしいですが、似顔絵入り。似顔絵は、友人のマンガ家さんに描いてもらったものです。宛先と本文は、いつもそのつど、手書きしています。

こういうフォーマットが1枚あると、FAXを送るときも、楽しみながら送れると思いませんか・・?

 

最初にこの送信状を作ったのは、たしか今から3年ほど前。竹田陽一先生のご著書を読んだことがきっかけだったと思います。

takeda.JPG

竹田先生は、経営コンサルタントの方なので、ハガキを出すことによっていかに小さな会社が利益を出していくか、儲けていくか、といったことを教えてくださっています。

手紙を出すことによってお客様と信頼関係を築き、その結果として会社の業績が上がっていく・・ それが可能になるとしたら、それは本当にすばらしい。わたしも大いに共感します。

 

ただ、もう少し個人的な感情に目を向けると、わたしの場合は、利益を上げたい・儲けたいから手紙を書くというより、ただ単純に、楽しいから書いている気がします。

ハガキを出すのも楽しいから。それに、せっかく出すなら、殺風景なハガキより、わたしらしく出したい。FAXを送るときにも、同じ送るなら、わたしらしく送りたい。そんなふうに思うんです。

 

女性は特に、身のまわりがキレイになったり、お気に入りのもので囲まれていると、気分がウキウキしますよね。

手紙も同じ。お気に入りの道具を使って、楽しみながら書いているうちに、気持ちがアガって、お仕事に向かう気持ちが前向きになります。

しかも、その過程で相手に喜んでいただけたり、感謝していただけたりするんですから・・、一石二鳥だと思います。

 

人気ブログランキングへ   ←ランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年9月29日 20:55

大事な書類には・・

今日は、届いた手紙をご紹介。

お仕事の契約書を送っていただいたんですが、担当の女性が、一筆箋ではなく、わざわざ封筒に手書きの手紙を入れて、送ってくださったんです。

文面や便箋うんぬん以上に、その心遣いがうれしくて・・。

keiyaku1.JPG写真うつりが悪くて、ごめんなさい。でも、すごく丁寧なんです! 手書きの手紙(一筆箋)を添えてくれるだけでも十分うれしいのに、ちゃんと便箋で、しかも封筒に入れて、添えてくれたんです。

こういうことをしてくれる会社って、信頼できると感じます。

どこまで手間をかければよいか、線引きするのはむずかしいですが。「ここぞ」という大事な書類に関しては、できるだけしっかりした印象を与えられるよう意識するのがいいのでしょうね。

 

ちなみに、こんな便箋でした。薄いピンクの花模様。コスモス柄ですね。季節もぴったり! かわいい♪

keiyaku2.jpg

  人気ブログランキングへ   ←ブログランキングはじめました。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年9月28日 13:22

2009年賀はがき

先日、郵便局に行ったところ、年賀はがきのチラシをもらいました。

あれ? まだ9月ですよね。けど、そういう言っているうちに、すぐに年末になるのでしょうね。

10月30日から販売開始。今年は、通常の年賀はがきに加え、くまのプーさんのキャラクター年賀だとか、うすいピンク色・うぐいす色をしたインクジェット紙、地球温暖化防止プロジェクトに5円寄付される55円のカーボンオフセット年賀はがきも販売されるようです。

nenga2.jpg

しかも、50枚以上を予約購入すると、毎週抽選で30,000人に豪華プレゼントが!

なんと、ダスキンのハウスクリーニングサービス、お正月レシピ付き逸品食材6点セット、温泉&ホテル選べるペア1泊ギフト・・ すっごーーい! わたし、宿泊券がいい~♪(笑)

nenga.jpg年賀状の印刷サービス(喪中はがきも!)も、行うようです。

民営化の影響でしょうか。去年まで、こういうサービスって、なかった気がするんですが・・? 

一週間に何度も郵便局に足を運ぶ身としては、ますます便利に&いいサービスを提供していただけるのは、うれしい限りです♪

 

人気ブログランキングへ   ←ブログランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年9月27日 10:55

源氏物語一千年紀

週末ですね。秋の行楽日和。いかがお過ごしですか。

わたしは今日はこれから、学生時代の友人のおうちに遊びに行きます♪ 新築のお祝いで、8人くらい集まるんです。楽しみ~!

 

今年は、源氏物語が読まれるようになって1000年に当たる年。各地でいろんな記念イベントが催されているようです。

先日、記念切手も発売されました。

genji.jpg

『源氏物語絵巻』と『紫式部日記絵巻』が描かれています。光源氏?と思われる人物と、彼を愛する女性たちが、よよよ・・と寄り添っていたりなんぞして、、実物で見ると、ひとつひとつの切手にかなり迫力・存在感を感じます。

それもそのはず、『源氏物語絵巻』って、国宝ですものね。

国宝を、美術館や博物館に足を運ばず、間近で、しかも目の高さまで持ち上げて見られる・・。考えてみれば、これって、とてもありがたいことかもしれません。

 

気になったので、手元にあった切手を調べてみたら、こちらも国宝でした。

200.jpg

『埴輪武装男子立像』。200円の普通切手です。この切手、わりといろんなところで目にしますよね。

美術館で画集を買ったりするのは、ちょっと躊躇しがち。ですが、身近なところで、こういう国の重要文化財を感じることもできるんですね。

切手のデザインって、興味深いです。

 

@源氏物語といえば、学生の頃、大和和紀さんのマンガ『あさきゆめみし』を、ひたすら読みまくっていた時期がありました。あのマンガ、相当、面白かったですよね。・・って、同年代の女性なら、きっと共感してくれるはず!

そういえば、今年、林真理子さんが、源氏物語の現代語訳に取り組まれるとか。んん~、なんだかめちゃめちゃ読みたくなってきた~!

 

人気ブログランキングへ  ←ブログランキングはじめました。応援してください~♪

ページTOPへもどる

2008年9月26日 13:04

もみじのシール

そろそろ秋本番ですね。

足元がブーツになったり、首元にショールを巻いたり、茶色のバックを持ったり。秋はいちばん「オシャレ度」が試される季節かもしれませんね。。

ふー。お買い物行きたい~☆

 

いただく手紙も、秋らしいものが増えました。

こちらは、神戸にある知人の会社から届いたもの。封筒の裏面に、もみじのシールが散りばめられていました。

momiji.jpg封筒そのものは、オフィス用のいたってシンプルなもの。それが、ほんの一手間によって、思わず「見て見て!」といいたくなる手紙に変身するんですね。

さりげなく女性らしくて。さりげなく遊びを取り入れていらして。こういう工夫ができる女性って、きっと生活(仕事も!)を、すごく楽しんでいらっしゃるのでしょうね。素敵~!

 

人気ブログランキングへ   ←ブログランキングはじめました。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました