プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2008年10月アーカイブ

2008年10月31日 17:16

50円切手の代わりにコレを貼る!(2)

こんにちは。いかがお過ごしですか。

昨日、つづきを書くと書いたのですが・・、やっぱりやめましたぁ~♪ 考えると、つかれるので(笑)

今日は気分さっぱり。明日から11月。心豊かに、日々を楽しみつつ過ごしたいです。

 

さて。記念切手の50円のストックがなくなったら・・ 先日、普通切手の20円と30円を組み合わせて貼る方法をご紹介しましたが、もうひとつ!おすすめの方法があります。

それが、こちら。慶事用の切手です。

50.jpg

ハートのマークを中心に、幸せの白い鳩が2羽、舞っているんです。かわいいですよね! だいたいどこの郵便局でも置いていると思います。

通常は、結婚の報告ハガキや披露宴への出欠ハガキに使われることが多いものだと思いますが、お礼状に使ってもぜんぜんおかしくないですよね。赤・ピンク・白の色合いがやさしくて、ハガキの印象がほんわりやわらかくなります。

 

封書には、80円の慶事用切手を。こちらは「寿」なので、普段の書類のやりとりではちょっと使いにくいかも・・

それでも、新店舗がオープンするといった、送り先の会社のお祝いごとのときに送るものであれば、かえって気が効いていますよね。

80.JPG

ちなみに、慶事用は、90円もあります。これはだいぶ派手なので、好みはありますが・・

90.JPG

郵便局に行くついでのときに、局員さんに聞いてみることをおすすめします~! 

 

人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年10月30日 11:33

わたしが手紙を書く理由

こんにちは。いかがお過ごしですか。

昨日の夜は新月だったんですね。風が冷たかったです。朝晩冷え込むようになりましたから、そろそろ風邪に気をつけないといけませんね。ご自愛ください。

 

さて。わたしが手紙を書くようになった理由について。ちょっとさかのぼって振り返ってみようと思いました。

長文です。しかも、ちょっと重いです。。・・先にあやまっておきます。ごめんなさいっ!

 

わたしが手紙を書くようになったのは、小学生の頃。たぶん、お気に入りの便箋を手に入れたか何かが、直接のきっかけだったと思います。

思えば、小学生の頃から、男の子にラブレターを書いて、ポストに投函してましたぁ・・!(赤面) 

面と向かって、普通に話せばいいのにね。そのほうがよほど素直だし、気軽だし、喜ばれると思うんですが。

ダメなんですよねぇ・・ 意識しちゃう人には特に、昔から、何も話せなかったなぁ、、という記憶があります。

 

たぶん、リアルでのコミュニケーションに、ある種のコンプレックスがあったのだと思います。

わたしは、頭の回転が遅いのか?! 反射神経が鈍いのか?! もともとドンクサイのか?! 「場」に入っていけないストレスを感じることが、よくあります。

話題についていけないのではなくて、話の波(スピード)にうまくのっかっていくことが苦手なんです。

たとえば、だれかが話している言葉に耳を傾けたり、「うんうん」と相槌を打つことはできるけれど、そこで「自分は、こう思う」「わたしの場合は、こうだよ」などと、適切なタイミング(?)で話に入っていくことが苦手なんですね。

「言おう!」と思ったときには、すでに話の波が別の波に変わってしまっているので、「あれれれ・・・」と、ついそのままタイミングをやり過ごしてしまうんです。

 

そのせいか、子どもの頃から、一人でいる時間が多かったです。

3人きょうだいの末っ子、おばあちゃん子なのに、いつも一人で遊んでいたり。だれかと仲が悪いわけではないし、だれかに対してとくべつに嫌な感情を抱くわけでもない。

子どもの頃からずっと、嫌いな人なんてだれもいなかったけれど、それでもやっぱり自分一人で好きなことに没頭したり、自分の納得のいく世界を築きあげることのほうが楽しかった。そして何より、気楽だったんだと思います。

 

大人になってからは、さすがに少し改善されて、同年代の女の子同士で話すときは、たぶん普通(?)だと思います。

でも、これが3人以上だったり、「知っているけれど、よく知ってるわけではない人たち」になると、やっぱりまだまだ、話の波にのっていけない。

さらに、1対1でも、相手が何かしら「意識しちゃう存在(=恋心だけじゃなくて、たとえば大尊敬とか、ちょっと独特なオーラのある人。頭の回転がすごく早い、早口の人なども)」だと、もう途端にどうしていいのかわからなくなってしまいます。。

普通に自分のことを話したり、普通に意見交換したいのに、なかなか口を開くタイミングがつかめずに、話をやりすごしちゃう・・

本当は聞いてほしい話もたくさんあるし、伝えたい気持ちもあるのに、口を開けない・・ ヤキモキ・・ 悶々・・ いじいじ・・(^_^;)

机の上に「チーン!」って鳴るベルのようなものが置いてあって、「はい! 5分たったから交代! 次はわたしが話す番!」 そんなふうに順番っこで話しあえるとしたら、気がラクなのになぁ・・ なんてアホなこと考えていたこともありました(苦笑)。

 

そんなふうだから、少しずつ「聴く」、そして「書く」というコミュニケーションに向かっていったのでしょう。

会話の波にのって「話す」のは苦手でも、そのぶん、相手のことを想像したり、空想したり、ちゃんと自分の頭で考えた上で「書く」のは好きですし、たぶんどこまでやっても苦にならない・・(笑)

書くことでいえば、情報をコンパクトにまとめる必要がある雑誌記事などよりも、気持ちを伝える・伝えたい想いを伝える。

手紙であったり、日ごろやっている「会社の強みや社長さんの想いを伝える小冊子づくり」という作業が、わたしの心にピシャリ!と刺さったのは、そんな背景があったのだと思います。

 

loveletter.JPG赤いインクは、モンブラン社のラブレターインク。ほのかにバラの香りがするんですよ。赤いガラスペン&バラ模様の一筆箋との組み合わせ。

 

くぅー。。@自己開示の訓練なんです~。どうか、温かく、見守ってくださいまし!

ページTOPへもどる

2008年10月28日 20:44

50円切手の代わりにコレを貼る!

こんにちは。いかがお過ごしですか。

わたしは今日、水戸まで行ってきました。お天気がよくて、車窓から眺める空が気持ちよかったです。

みなさんは、どんな一日でしたか。

 

さて、切手好きのみなさん。最近、50円切手に、あまり使いやすいものがないなぁ、と感じませんか。

8月に発売されたお祭りの切手は、ちょっと夏っぽいし。7月に発売されたお花の切手は、素敵だけど、秋に咲く花が少ないし。春に発売された百人一首の切手は、送る相手やハガキのデザインを選ぶし・・・

わたしは、そんなふうに、「ん、、どうしたものかなぁ」と、考えあぐねていました。

 

でね! 昨日、お知り合いの方から葉書が届きましして。その中で、「これ、すごくいいわぁ~♪」と思う方法を教えていただいたんです!

それがこれ。普通切手の30円切手と20円切手を貼る方法です。@Gさん、ありがとうございます!

すごい! これすっごく素敵だと思いませんか。蝶々とミツバチの組み合わせというところが、なおさなら可愛らしいですよね。

2030.jpg

普通切手ですから、小さな郵便局でも、たいてい置いていると思います。さっそく真似させていただいて、こんなふうに貼りました。

20301.jpg

20302.jpg切手は、一応左上に貼るという決まり(?)がありますが、斜めに貼ったりしても、おもしろいですよね。

特に、2枚貼る場合は、いろいろ楽しみ方が広がります。写真のように、わざとちょっと斜めに傾けたりするだけで、ずいぶん動きが生まれて楽しい感じになると思いませんか。

20303.jpg

お気に入りの記念切手が見つからないときは、こんな楽しみ方をしてみるのはいかがでしょう?

 

人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年10月27日 14:18

ふと目がとまったフレーズ

こんにちは。いかがお過ごしですか。

あっという間に週末が終わり、今日午前中は甥っ子の学校の合唱発表会。ピアノ伴奏をする甥っ子を見て、惚れ直した! かっこよかった!(笑)

父と一緒にランチして帰ってきました。さぁ、お仕事がんばらなくちゃ。

 

さて、わたしは通信販売でお化粧品を購入しているのですが、今朝届いたダンボールに、こんな文言を見つけました。

sagawa.JPG

「ドライバー様、お客様への大切な品物を、いつも丁寧にお届けいただき、ありがとうございます。」

こういう書き方って、何と言うんでしたっけ? 「丁寧に届けてください」ではなく、心理学的な面から、こういう肯定的な書き方をしているんですよね。

公園でも、「芝生に入らないでください」ではなく、「良い子は芝生に入らない」だとか。公衆トイレでも、「キレイに使いましょう」ではなく、「いつもキレイに使ってくれて、ありがとう」だとか。

 

ドライバーさんはこのメッセージを見て、どんなふうに感じるんでしょう? 

ドライバーさんに向けてというより、購入者(お客様)に向けて「気配りができる会社なんだよ」というアピールのようにも見えますね。

んん、、わたしの場合だったら、何か応用できるかな。ちょっと考えてみようと思いました。

 

人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年10月24日 22:18

男性におすすめのポストカード

こんにちは。いかがお過ごしですか。

風がずいぶん気持ちいい夜です~。実家で夕ご飯を食べた後、ちょっとドライブしてきました。

わたしはドライブ大好きなのです。あいにくお月様は見られませんでしたが、ゴキゲン&ノリノリで運転してたら、通行人にガッツリ見られました。。

 

さて、今日は、とっても癒されるポストカードが届きました。

おおらかな笑顔が印象的な、カイロプラクティックの院長先生から。

いろんなところで手紙好きを公言していると、女性からはよく手紙をいただくのですが、男性から届くことはあまり多くありません。なので、とりわけ、うれしいな♪

もっとも、独身の男性から届くと、さらにもっとうれしいんですけどー。@なんちって。

T先生、ありがとうございます!

seaseer.JPG

シーサーが、ラジオ体操をしています!?

こういうクスッと笑えるポストカードって、いいですね。美しかったり、エレガントだったりするのももちろん好きですが、そこに「笑い」があると、すごく印象に残るし、癒されます。

送り手のキャラクターにもよるのかな。

男性が手紙を書くときは、こういうクスッと笑えるポストカードを利用すると、書きやすいかもしれませんね。ぜひぜひ・・!

 

人気ブログランキングへ  ブログランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました