プロフィール

むらかみかずこ

手紙好きが高じて、文章を書く仕事をしています。
(有)はなまる企画代表  (社)手紙文化振興協会 代表理事

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとすごくうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。
あなたの場合は、いかがですか。

このブログでは、手紙好きが高じて文章を書く仕事をはじめたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの筆記具、便箋や切手などをご紹介することで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけましたら、うれしいです。

オフィスで働く女性をはじめ、パート・アルバイト、主婦、学生、人を応援するのが好きな人、人に喜んでもらうのが好きな人、もちろん男性も!

相手のことを想像し、自分の気持ちに素直な言葉をしたためる。
―それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうか、リラックスしながらお楽しみくださいませ。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2009年10月アーカイブ

2009年10月30日 18:17

手紙やメールの文末に添えるとよいフレーズ&年賀はがき発売

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は半袖Tシャツ1枚で歩いている女性を見かけるほど、暖かかったです。

早速、「『Oggi』見たよー!」というお声が、数名の方から届きました。ありがたいです。「大人のお礼状マナー(現代版)」。ぜひチェックしてみてくださいませ!

 

さて、今日は手紙(やメール)の文末に添えるフレーズについて書いてみたいと思いました。

「書き言葉だと、ついキツイ感じになってしまう」
「いつも要件しか書かないから、冷たい人だと思われていそう」
そんなふうに感じている人こそ、ぜひ覚えていただきたいフレーズ。それが、文末に添える「ご自愛ください」です。

「ご自愛ください」とは、直訳すれば「自分を愛してください」。つまり、「体をいたわってください」「お大事になさってください」という意味ですね。

相手の健康を気遣うひと言を添えると、その手紙(やメール)を受け取るほうは、なんだかホッとして、ぽわ~んと癒されますよね。

いまの時期なら、
・だんだん寒くなりますから、ご自愛ください。
・朝晩はだいぶ冷えるようになりましたから、ご自愛ください。
・風邪が流行っているようですから、ご自愛ください。
・風邪をお召しになりませんよう、ご自愛ください。
・急に冷え込むようになりましたから、ご自愛ください。
・年末に向けてあわただしい日が続くと思います。どうかご自愛ください。
・ますますご活躍ですね。どうかご自愛ください!
などなど。

「お体を大事になさってください」や、先日もチラッと書かせていただきましたように、「おいといください」などでもいいでしょう。末尾に「ませ」をつけて、「ご自愛くださいませ」とすると、よりやわらかな印象を与えます。

たった1行書き添えるだけで、相手に与える印象はガラッと変わると思いますよ!


**

nenga.jp.JPG昨日(10/29)から、年賀はがきが発売されたんですね。

発売枚数は去年よりだいぶ少ないようですが、相変わらず、郵便局のウェブサイト(郵便年賀.jp)はとても見やすくて、センスがよくて、ついつい長時間見てしまいます。  

そして、年賀状といえばこちら! 『上撰美麗年賀状 和 2010』(宝島社)

birei1.JPG浮世絵、書や切り絵など、和テイストの素材をモチーフにしたワンランク上の年賀状素材集です! 
この中に、
「むらかみかずこさんに教わる 年賀状に'一筆添える'技術」
「短くても気持ちが伝わる年賀状文例50 Plus3」
を掲載していただいています。

パソコンでつくる年賀状にも、ぜひぜひ手書きで一筆添えましょう~!

 

ページTOPへもどる

2009年10月28日 14:36

大人のお礼状マナー(現代版)『Oggi』(小学館)に掲載されています!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしはちょっと体調を崩しかけていたのですが、大事には至らずに復活。ホッとしました。
今月もオーラスですね。年末に向け、がんばりましょー。

さて、本日は雑誌掲載のお知らせです。
oggi.JPG本日発売の『Oggi』12月号(小学館)、「知っておきたい大人のお礼状マナー(現代版)」企画で4ページ記事掲載していただきました。
ビジネスシーンとプライベートシーン、それぞれ6つずつお礼状のテンプレートと、キラーフレーズが載っています。

編集者さんが、見て楽しく、即役立って、読み応えのあるページに仕上げてくださいました!
ご覧いただけましたら、うれしいです。

 

 

ページTOPへもどる

2009年10月23日 13:48

日本が世界に誇る阿波和紙の名店、アワガミファクトリーさん

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は二十四節気の「霜降(そうこう)」。暦の上では、霜が降りる頃です。これから少しずつ冬に向かうのですね。
まだ小学生の頃、実家の庭の霜が降りた土の上を、靴でギュッギュッと踏みつけるのが好きでした。あの感覚がなつかしいです。

awagami.JPGさて、先日、四国は徳島、阿波和紙を使った商品の製造・販売を行うアワガミファクトリーさんから、阿波和紙のハガキとレターセットのプレゼントが届きました。

阿波和紙の歴史は、古くは1300年前までさかのぼるのだとか。当時、朝廷に仕えていた人たちが麻や楮(こうぞ)を植えて紙や布の製造をはじめたのがはじまりと言われているのだそう。

kabura.JPG shitake.JPGこちらはカブラと椎茸がプリントされたハガキです。
色合いといい、質感といい、大人っぽくて上品ですね。3枚入りで420円(税込)。やさしい紙だからでしょうか、ペンを持つと、気持ちが落ち着きます。

awagame.JPGこちらは亀さんのミニお便りセットです。デザインが洗練されていますよね! 封筒の色もキレイですし、縁起ものは喜ばれます。とても素敵なので、お世話になっている方に数枚プレゼントしました。

inbe.JPG他に、こちらはミニサイズの楕円形のカードと封筒のセットです。ところどころ空いた穴から、背景の紙の色が見えます。美しいわぁ。
ちょっとしたお礼状を送るときに、重宝しそうです。


この会社さんのウェブサイト、洗練されていますよね。英語のサイトまでお持ちとは・・・。そして、よくよく見てみたら、世界各国に商品を輸出していらっしゃる。すごいです! 
日本ならでは情緒豊かな商品を海外に伝え広めていく・・・。すばらしいことだと思います。

オンラインストアからも、お求めいただけるようです。
ワンランク上をいくデザインステーショナリー。見ているだけで、うっとりしました。

手書きのひとことメッセージは、気持ちを伝えるため、そして相手に喜んでもらうために送るものですね。いわゆる官製ハガキなどのようなものでも事は足りるわけですが、ここはやはり、多少価格が高くとも、素敵な・お気に入りのものを揃えておくことをおすすめします。
それがモチベーションになって、書く意欲も高まりますから!

アワガミファクトリーさん、ありがとうございました。

 

**

80hidari.JPG 80migi.JPG以前にも書きましたように、ここのところ、切手の耳活用にいそしんでいます。(笑)
こちらはいずれも横浜港の開港150周年記念切手。捨てるのがもったいない! すごく存在感のある耳(笑)ですよね。

 

 

ippitu.jpgのサムネール画像

★新刊案内『一筆箋の書き方、楽しみ方』(KKベストセラーズ刊、550円税込)★

文庫本です。一筆箋のいろんな種類、活用方法、工夫の仕方、ひと言でドキっとさせるフレーズや、かんたん時候の挨拶などについて、ご紹介しています。

写真がいっぱい!見ているだけで楽しいと思います。

お求めやすい価格なので、ぜひお手にとってみてくださいませ。そして、身近な方におすすめしていただけましたら、とってもうれしいです! 

 

ページTOPへもどる

2009年10月20日 19:52

文房具朝食会&お体、おいといくださいませ。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
日が暮れるのが、すっかり早くなりました。秋の夜長ですね。

さて、先日18日(日)は清澄白河の清澄庭園にて、文房具朝食会に出席してきました。
文房具朝食会とは、ミクシィ内にあるコミュニティで、文房具好きが集まって、みんなでワイワイしながら文房具談義を繰り広げる、いとも楽しい会のことです。

来月で発足1周年。20~40代が中心で、男女比は50:50くらいかな? わたしは今回が3回目の参加でしたが、毎回参加人数が増えて、今回は50名くらい。紹介される文房具も筆記具・付箋・ものさし・ノート・手帳・スタンプ・ブックスタンド・ポチ袋・一筆箋・しおり・・・と実にバラエティー豊かで、時間の経つのがあっという間なんです。

haibara.JPG同じテーブルの方が紹介していた、日本橋「はいばら」さんの一筆箋に目が釘付けになりました。

これ、すごいですね! 実際には数メートルの長さでジャバラになっているんです。しかも、ウサギさんがジャンプしています。

はいばらさんは創業1806年。和紙の名店です。 

**

buncho.JPG主催者さんからは、毎回、手書きでこんなメッセージをいただきます。
人数分、手書きするのはさぞ大変だろうと思うのですが。さすが、毎回盛会なのもうなずけます。 

ちなみに、わたしが今回、ご紹介したのは、前回・前々回とブログにUPした松島清光堂さんのスタンプでした。

 

stationeryhon.jpg misakisanhon.jpg他に、『ステーショナリーハックス!』の土橋正さんと、『結果を出す人はノートに何を書いているのか』の美崎栄一郎さんもご出席。いずれも、今大注目の本です! もち、わたしも両方、読んでいますが、いずれも写真が豊富、楽しく読めて、マメ知識満載の素敵な本ですよ。

いやはや。楽しい時間でした! 

**

oitoi.JPG読者の方から、お葉書を頂戴しました。
その中で、「お身体、おいとい下さいませ」のフレーズが心に残りました。・・そうか、「いとう」を丁寧にすると、「おいといください」となるんですね。

文末に、こうした相手の健康を気遣う言葉が添えてあると、とてもやさしい印象を受けますね。他に、「ご自愛ください」「お体、大事になさってください」などもいいでしょう。

風邪が流行っている今の時期、どなたさまも、お体、おいといくださいませ。

 

 

ippitu.jpgのサムネール画像

★新刊案内『一筆箋の書き方、楽しみ方』(KKベストセラーズ刊、550円税込)★

文庫本です。一筆箋のいろんな種類、活用方法、工夫の仕方、ひと言でドキっとさせるフレーズや、かんたん時候の挨拶などについて、ご紹介しています。

写真がいっぱい!見ているだけで楽しいと思います。

お求めやすい価格なので、ぜひお手にとってみてくださいませ。そして、身近な方におすすめしていただけましたら、とってもうれしいです! 

 

ページTOPへもどる

2009年10月17日 12:47

助け合いの意味を持つハンコ&朱肉の赤のお話&ZIP-FMさん

こんにちは、いかがお過ごしですか。
過ごしやすい日がつづく一方で、身近にインフルエンザに感染したという方がいらして、ちょっとビックリしています。手洗い・うがい必須ですね。

さて、本日はもう一度、先日松島清光堂さんからいただいたハンコのお話を。

chikkon.JPGというのは、名前にちなんだ「和」の字のハンコ、「あえて、ちょっとイビツなカタチをしている」と書いたように、1箇所だけくびれがあるんです。このくびれがどうにも気になり、ウェブサイトをよく見てみたら、こういうカタチのことを竹根(ちっこん)型というのですね。


竹の根っこといえば、天然のコンクリートと言われるくらい頑丈で、地中のあちらこちらでまるで手と手を握り合っているように、お互いを強力に支えあっているのだとか。

高じて、竹根型の印には、助け合い・支え合いなどの意味が込められているのでしょうか。
なんとも縁起がいいですね。そう思ったら、なおさらうれしくなりました。

 

ちなみに、わたしは印鑑に縁があるんです。
日ごろよく使っている実印・銀行印・認印は、今から5年ほど前に、知る人ぞ知る不思議な力を持つ印鑑屋さんでつくってもらったものです。

shuniku.JPGで、その大切な印鑑を押すとき使っている朱肉がこちら。そこの店主さんから「あなたにはこの色がいい。この色にしなさい」と言われて即、購入しました(朱肉の赤にも、いろんな赤がありますものね)。

実際の色はPC画面で見るよりだいぶ赤い、例えるならば血の色に近い、あざやかな「赤」。印影が映えるので、捺印するときにとても気分がよく、自分の運気が上がっていく感覚すら覚えるんです。

今回いただいた竹根型のハンコには、この朱肉を合わせて使おうと思いました。


**

zipfm.JPG先日、名古屋のラジオ局Zip‐FMさんに電話で生出演し、一筆添えることやラブレターについてお話しさせていただきました。そのときの様子を収録したCDと、Zip‐FMさんのシールが届きました。

この他に送付状も添えてくださったのですが、何よりスタッフさんが手書きでメッセージを書いてくださったことが、うれしかったです! ありがとうございます!

 

 

ippitu.jpgのサムネール画像

★新刊案内『一筆箋の書き方、楽しみ方』(KKベストセラーズ刊、550円税込)★

文庫本です。一筆箋のいろんな種類、活用方法、工夫の仕方、ひと言でドキっとさせるフレーズや、かんたん時候の挨拶などについて、ご紹介しています。

写真がいっぱい!見ているだけで楽しいと思います。

お求めやすい価格なので、ぜひお手にとってみてくださいませ。そして、身近な方におすすめしていただけましたら、とってもうれしいです! 

 

ページTOPへもどる
1  |  2  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました