プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載の最近のブログ記事

2020年4月 9日 08:53

平常心を保つワーク(4/9)

平常心を保つワーク

今わたしたちにできることは、まず自分を保つこと、そして、身近な人と支え合うことだと考えます。

ポジティブな自分がネガティブな自分に負けないように。
吸収してしまう不安以上に、明るく前向きな言葉を生み出していきましょう。


「〇〇なカードですね」に当てはまる言葉を書き出します。

20200409-2.jpg
鳩居堂のシルクスクリーンハガキ

・すばらしく美しい
・千鳥ヶ淵の夜桜を思い出す
・そのときに観た夜桜は妖艶で、「これでもか!」というくらい水面すれすれまで枝を伸ばすその力強さ、迫力に圧倒されました。まるで坂本冬美「夜桜お七」そのもの。そんなことを思い出す
・来年の春、桜の時季、千鳥ヶ淵をまた歩きたいな、と思う

・この美しさを損なうことなくひと言を添えるのは、とてもむずかしい・笑
・「失敗しちゃいけない!」と思うほど失敗しやすい・笑
・結果、使わずに永久保存するもよし



20200409-1.jpg「もののけ姫」シン神の森のデッサン画
長崎の五島列島/福江島の山本二三美術館で購入しました

・豊かな緑だなぁ、としみじみ感じ入る
・この場所に吸い込まれそうになる
・まさしく神話の世界を表現したかのような
・まさしく神が宿るであろう
・厳かな世界観のある



20200408-1.jpg
・緊張感が緩む
・ホッと一息つける
・しばらくボンヤリしたくなる
・「猫の手も借りたい」と言うけれど、そのとおり、猫の手は癒しにもなるのね、と思う
・子どもたちに喜ばれそう

・気の合う仲間に送りたい
・おじいちゃん/おばあちゃんに送りたい



20200407-nikkei.jpg
雑誌『日経WOMAN』5月号(日経BP社)、とじ込み付録「失敗しないメール&手紙の書き方」で取材協力しました。





ワンコが少しナイーブになっている気がします。
これまで気にしなかった外のちょっとした物音に「ガウゥーー!」と唸ったり、わたしへの「かまってアピール」が以前より激しくなりました。

気をつけているつもりですが、同じ屋根の下にいるわけですから、当然、伝わってしまうんですよね。

以前から二頭目を迎え入れたいと思っており、「今回の巣籠生活がそのタイミングとしていいのかも。あぁ、あこがれの多頭飼い。楽しそう...!」なんて妄想しながら保護犬・保護猫HPを検索していたのですが、われながら甘すぎました。

無理しているつもりはないのですが、無理をしやすいときなのでしょうね。

20200409-10.jpg
公園に出ると、本当に気持ちがいいです!






ページTOPへもどる

2020年3月25日 10:31

胴吹き桜、桜の言葉、雑誌『ミセス』4月号にて監修

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ネットニュースを読むと気持ちがふさぐ。小さなことに過敏になっているかもしれない。そんなふうに感じる人も多くいると思います。

体の不調には気づきやすいですが、心は知らず知らずのうちに疲れをためやすいですね。

幸い、季節は春です。
花の色や匂い、日常の小さな幸せを見逃さず、元気に笑顔で過ごしたいものですね。どうかご自愛ください。

20200325-1.jpg
木の幹から咲く桜のことを「胴吹き(どうぶき)桜」と言うそうです。
可愛らしくもありますし、力を込めて一生懸命に花を開こうとする、けな気な、がんばりやさんのイメージもありますね。

後ろにうっすらと見える紅色は、桃の花。

散歩は心の栄養補給タイムです。


桜の言葉

・初桜(はつざくら)/その年にはじめて咲いた桜の花
・桜狩(さくらがり)/「狩る」とは何かを求めること。桜を求めて貼るの山里をたずね、鑑賞すること
・夢見草(ゆめみぐさ)/桜の別名。美しさにうっとり見惚れてついた呼び名
・花筏(はないかだ)/水面に花が散る様子を筏に見立てていう
・夜桜(よざくら)/夜の桜の花
・花明かり(はなあかり)/夜、満開の桜の周囲がほのかに明るく感じられること
・花吹雪(はなふぶき)/散り落ちる桜。「落下」「花の塵」「花屑」ともいう
・花筵(はなむしろ)/花びらを敷物に見立て、その上に座ること
・花嵐(はなあらし)/桜の花が咲くころに吹く強い風のこと。また、風で桜の花びらが盛んに散ること。
・花冷え(はなびえ)/桜の花が咲く季節に一時的に寒くなること
・花曇り(はなぐもり)/桜の花が咲くころの、曇りがちな天気のこと

参考文献:『花の名前』高橋順子(小学館刊)


発売中の雑誌『ミセス』4月号(文化出版局刊)とじ込み付録「短い言葉でも伝わるお礼状の書き方」カラー20ページ弱、監修・取材協力しています。
20200325-2.jpg
当協会の講師が「すごくいい!!!」と熱くおすすめしてくれました。一筆箋や筆記具のページが特に気に入っているそうです。

華やかな誌面を見ていると、それだけで気持ちが上がります。
自宅で過ごす時間が増えますね。この機会にぜひお手にとっていただけたら、うれしく思います。





ページTOPへもどる

2020年3月 6日 14:17

雑誌『ミセス』4月号、『新世』、『ニューヨークビズ』掲載

テーマ:メディア掲載
こんにちは、いかがお過ごしですか。

雑誌『ミセス』4月号(文化出版局刊)、とじ込み付録「お礼状の書き方」カラー14ページ特集、監修協力しました。
20200306-1.jpg
春らんまん。パステルカラーの誌面に気持ちがやわらぎました。
ここしばらくファッション誌を買わずにいたのですが、今回「雑誌っていいな。楽しいな」とあらためて感じています。
きれいなもの・美しいもの・素敵なもの・可愛らしいものを眺めると、それだけで気分がよくなりますね。ネットだと小さな画面から入る情報だけですが、紙だとページをめくるときの感覚や、余白の美しさ、ただよう気配のようなもの...など、感じるもの・味わえるものがはるかに多いです。手紙も同じですね。


20200224.jpg
雑誌『新世』(一般社団法人倫理研究所刊)、連載しています。
そのときの自分の心に必要なことが書かれているようで、ハッとすることが多くあります。

上記原稿を『ニューヨークビズ』でも掲載していただきました。
日系企業に勤める日本人社員や、アメリカ在住の日系ビジネスマン向けの新聞だそうです。海外にいると日本語が恋しくなるでしょう。
わたしの甥っ子・姪っ子は数年前からアメリカで暮らしています。何かの拍子に目にしてくれたら嬉しいな。
20200306-2.jpg

ページTOPへもどる

2020年1月31日 16:27

幸せの青い鳥さがし、万年筆のお掃除、スカパー!会報誌ほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。

青空がとても綺麗。冬らしく空気がピリッとしています。
この時季、毎朝の犬の散歩のとき、公園で色々な鳥に出会います。

以前は小さな鳥の動きに目が追い付かず、ほとんど見つけられなかったのですが、最近はこれでもちょっとずつ目が慣れてきたのか、カワセミ(青い鳥)やメジロ(黄色い鳥)なら、見つけられるようになりました。

カワセミに出会うとやっぱり嬉しい。「よし、ラッキー!」って思います。


青い鳥といえば、チルチルとミチルの童話が有名です。チルチルとミチルの兄妹が旅をしながら青い鳥を探し求め、最後にわが家で見つけるという物語ですね。
これは、幸せは身近にあることや、身近な幸せには気づきにくいこと、幸せは外にあるのではなく心の内に宿ることを示唆しているのだとか。

そういえば、わたしは幼少の頃、テレビアニメ「花の子ルンルン」が大好きで、あの話も主人公の女の子・ルンルンが七色の花を求めて長い旅をし、最後に自宅の庭で見つけるという話でした。

子どもには深すぎる話...
ですが、今でもよく覚えているということは、わたしはそういうのが本質的に好きということなのでしょうね。


世の中がどんどん生きづらくなる今、心の内にある幸せに目を向けるって、必須なことだと思います。

では、その心の内にある幸せとは、何なのでしょう?
人それぞれではありますが、わたしは自分を大切にすることだと考えます。「わたしはこう思う」「こうしたい」とちゃんと意思を伝え、表現し、まわりの人と話し合い、歩み寄り、理解しようとつとめることだと考えます。

ときに声に出して伝えにくいことも、書くことでなら意外とスムーズに伝えられるものですね。



お正月休みに万年筆のお掃除をしました。
しばらくブログを更新しなかったので、アップできずにいました。
0131-1.jpg
こちらはスカパー!会報誌、取材協力しました。
0131-2.jpg
更新頻度が低くなっていますが、地道にしっかりお仕事しています。
よろしくお願いします。






ページTOPへもどる

2020年1月 9日 09:48

新年おめでとうございます

こんにちは、いかがお過ごしですか。

2020年元旦。
父に会いに、父が入所している施設に行きました。

思うように体が動かない状態ではありますが、話はできるので、ありがたいです。
父との会話を通して、またいろいろと気づくことがありました。
そして、あらためて「わたしはこんなにも深く父の影響を受けていたのか」と愕然としました。

父はわたしに「和子」という名を付けてくれました。
「和を以って尊しと成す」。
大変むずかしいことではありますが、この名にふさわしい人になれるよう、誇り高く、生きていこうと思いました。

本年も、よろしくお願いいたします。


雑誌『企業実務』(日本実業出版社)1月号、手書きで心を動かすビジネスハガキのマナー記事を執筆しました。

20200109-1.jpg



ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました