プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2019年2月18日 14:40

ご先祖様の話、お手紙フリマ、古切手屋さんなど

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今週は暖かい日がつづくようです。

昨年秋ごろから、父(昭和10年生まれの84歳)に、父の子どもの頃の話、父の両親や父の祖父母の話などを根掘り葉掘り聞き出しています。根掘り葉掘りというと言葉は悪いようですが、今しか聞ける機会がないため、わたしももう遠慮しないで「それでそれで?」と踏み込んで聞いています。

すると、今までほとんど知らなかったびっくりすることがたくさん出てきて、小説を読むよりおもしろいくらい。
ご先祖様に対する「畏怖」のような感情も、不思議と胸に湧いて出るようになりました。これまでも慕う感覚はありましたが、今回のような感情は初めてです。

村上の家は大切な人を戦争で亡くしています。
わたしの名前が「和子」なのは父が平和を願って付けたからです。
子どもの頃は平凡過ぎるこの名前を疎ましく思っていましたが、そう名付けるにいたった父の心境が、ご先祖様の話を聞くことによってだいぶ腑に落ちてきた気がして、今はとても大切なものに思えます。


昨年末「年賀状じまい」というこれまで聞いたことのないテーマが話題になりました。「齢を重ねてまいりましたので、今年で年賀状を最後にします」という「年賀状じまい」。わたしの親もそうですが、施設に入ったり介護度が高くなったりすると、自分の近況を家族や本当に気を許せる近しい人以外には知らせづらく、大勢の人と関わることがどうしても億劫に、またしたくてもできなくなるようです。

人づきあいはうれしく楽しい反面、わずらわしさや負担を感じることもあります。年齢が上がり、気力・体力の衰えとともに後者の感情が強くなり、年賀状に対して消極的になるのも想像しがたいことではありません。

ではなぜ、昨年急に「年賀状じまい」が話題になったのでしょうか。想像でしかありませんが、天皇皇后両陛下の退位と関係があるのでしょう。

両陛下が退位する。それはとてもさみしいことですね。同じ時代を生きてきたシニアの人たちが、心の奥深いところで両陛下の退位を自身のそれと重ねるかのごとく「わたしも同じように様々なことに一区切りつけたい」と感じるのは、自然なことだと感じますす。

あと数か月もすると元号が変わり、新しい時代がはじまります。
どんな世の中になるかな。

**

目白にある「切手の博物館」で行われた「お手紙フリマ」で買いました。会場は熱気ムンムン。久しぶりの人にも会え、楽しかった!
20190218-1.JPG

小澤征爾さんの切手を指定買い。
崩れ落ちそうなほど大量に積み重なった切手フォルダの中から「あぁ、あれね」とすぐに目当ての1枚を見つけ出す古切手屋のマダムと、「20世紀シリーズにもありますよ」と応じるお客さん・・。ディープな人たちでした。笑
20190219-3.JPG


ページTOPへもどる

2018年12月13日 17:19

雑誌『一個人』で年賀状、ハウスメーカー情報誌『pao』、付箋、持ち歩きグッズ、クリスマスの特印、マキシほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。
冬本番となりました。そろそろクリスマス・・そして、年末ですね。


■ 雑誌『一個人』、福を呼び込む正月の作法というテーマで、年賀状について取材協力しました。
20181212-2.JPG
20181212-3.JPG
例年、この時季になると、年賀状をテーマにいくつか講演や取材をお請けします。その際にはいつも「マナーやルールを知ることは大事なことですが、それらにとらわれるのではなく、自分らしく等身大の言葉でつづりましょう。そのためには・・・」と伝えしています。
人と心地よくかかわっていくために、年賀状というツールを上手に使っていけたらいいですね。


■ 大手ハウスメーカーが発行している情報誌で取材していただきました。巻頭特集/大きな写真入りで掲載していただきました。表紙の写真にある冬の富士山、見事です。
20181212-11.jpg
表参道にあるカード専門店/ウイングド・ウィールさんで撮影させていただきました。


■ 日本ホールマークさんからいただきました。楽しい付箋たち。使いやすくて気に入っています。
20181212-9.JPG

■ いつもカバンの中に入れて持ち歩いている紙アイテムです。手前のケースはmidoriさんのもの。いちばん使うのは「封筒」です。
20181212-1.JPG

■ 目白にある切手の博物館の特印で届きました。
20181212-5.JPG

■ こちらは「そえぶみはがき箋」を使ったマキシマムカード。マキシマムカードとは①はがき②切手③消印 3つのデザインをコーディネートして1枚の絵画のような世界をつくりあげることをいいます。当協会の講師にも達人さんがいます。インスタグラムで #マキシマムカードと入力すると色々出てきて楽しいですよ。
20181212-8.jpg
ハガキの裏面に切手を貼る際には、「切手裏面貼付」と書くか、写真のようなスタンプ・シールを貼るのがルールとされています。
20181212-7.JPG

■ 名古屋在住の講師からのプレゼント。愛知県のフォルムカードと遊び箋(名古屋城)。
2081212-4.JPG


★番組出演のお知らせ。
NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断 坂本龍馬編」
http://www4.nhk.or.jp/ijin-kenko/

12月12日(水)20:00 本放送
12月18日(火)23:45 再放送


ページTOPへもどる

2018年11月24日 13:31

高知遠征、ワンコ柄コーデ、冬グリ、初日印、年賀切手、再放送のお知らせ

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日、高知市内の企業からお招きいただき、研修を実施してきました。
高知の女性は豪快ですね。宴会の盛り上がりぶりもすごく、たくさんもてなしていただきました。
20181124-kochi1.JPG
翌日レンタカーを借りて仁淀川に行きました。ネットで見た「仁淀ブルー」が観たかったのですが、夏のほうが断然、青く見えるのだそうです。そのぶん紅葉まっさかり。雨上がりでしっとりした冷気を感じました。ここの苔たちはみな幸せそうです。
20181124-kochi2.JPG
20181124-kochi3.JPG


■ ペットフードメーカーに勤務する当協会の講師から、ワンコのおやつがいっぱい届きました。切手と宛名(一筆箋)のコーディネート、インパクト大!!!
20181124-5.JPG

■ こちらもいただきものです。日本ホールマークさん、いつもありがとうございます。
20181124-2.jpg
動物柄のレターセットがイチオシ。ありそうでないデザインですね。
20181124-1.JPG

■ 冬のグリーティング切手はハーバリウム。今年はクリスマス柄の切手が出ないのですね。さみしいです。
20181124-4.JPG
どうでもいいようですが、マニアな人たちは冬のグリーティング切手のことを「冬グリ」といいます。夏は「夏グリ」、春は、秋は・・・。


■ 初日印で届きました。華やかですね!
20181124-8.jpg

■ 年賀切手4種。長いほうは「おとしだま」番号付きです。
20181124-3.JPG


敬愛するイタリア人指揮者/アンドレア・バッティストーニ氏の来日により、めくるめくコンサート三昧。脳みそくらくら・・、濃密な時間を過ごしました。

これで一足早くわたしのクリスマスはおしまいです。あとはやることやるのみ!



★番組出演のお知らせ。
NHK BSプレミアム「偉人たちの健康診断 坂本龍馬編」
http://www4.nhk.or.jp/ijin-kenko/

12月12日(水)20:00 本放送
12月18日(火)23:45 再放送



【おたずね】
このブログの常時SSL化の作業をしてくれる業者さんを探しています。かれこれ半年近く探しているのですが、なかなか出会えず。どなたかピン!とくる方がいたら、ぜひ教えてください。
メール/info ★tegami.or.jp  


ページTOPへもどる

2018年11月14日 09:38

歌舞伎見物、役者さんの一筆箋、マリモ風景印、そえぶみはがき箋冬柄、8円切手

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今年の秋は過ごしやすい日が多く、ありがたいですね。


■ 歌舞伎座に11月期吉例顔見世歌舞伎(夜の部)を観に行きました。3部それぞれで見どころが異なり、いずれもすばらしかったです!
20181113-1.JPG
20181113-2.JPG
1部の中村吉右衛門さんの石川五右衛門(楼門五三桐)、絢爛豪華な舞台が目の奥に残っています。わたしも大好きな「鬼平犯科帳」では盗人を捕まえる側ですが、石川五右衛門は盗賊側ですね。

吉右衛門さんお顔は清濁併せ呑む器の広さのようなものがにじみ出ているようで、豪快で、やさしくて、格好いい♪ 


2部は、中村雀右衛門さんの踊り、文売り。文売りとは男女の良縁を願う文を売り歩く人のこと。今でいう良縁成就のお守りのようなものでしょうね。
20181113-3.JPG
売店で雀右衛門さんの一筆箋に目が留まりました。デザインは和洋折衷っていうのかな? 何度も見返しています。めずらしいですよね。気に入っています。

3部、市川猿之助さんの法界坊は、すっごくおもしろかった~♪ げらげら笑って幸せな時間でした。


■ 北海道の阿寒湖郵便局から届きました。マリモですね。ぷっくりして可愛らしい。
20181113-5.jpg

■ 監修しています/そえぶみはがき箋、冬柄3種、今年の新柄は「おでん」「雪うさぎ」「ネコとみかん」。8枚入りで400円、値段が安すぎてメーカーさんはぜんぜん利益が出ないようです。すみませーん、わたしが考えるとどうしてもそうなります(苦笑)
20181113-6.jpg

■ 1枚8円の海外グリーティング切手。今年は北斎の現代版・浮世絵チックなデザインなのですね。1シート買って80円。使うかどうかは微妙だけど、とりあえず2~3シート買っておこう! という切手ですね、それもまた楽し。 
20181113-4.JPG
先日、当協会の講師資格を取得中の生徒さん(50代女性)に「最近、印象に残った手紙はありますか?」と聞いたところ、その生徒さんは自宅で利用しているお掃除サービスの人が添えてくれる手書きのメッセージがうれしいと言っていました。

そのお掃除サービスの人はちょっとコワオモテの女性だそうで、少し近寄りがたく感じていたそうなのですが、手書きのメッセージがとてもチャーミングで、それをきっかけに今ではお互いの共通の趣味であるお花の種をあげたり・・、といった交流につながっているそうです。


また、ある筆記具メーカーの女性は、自宅で利用している食材配達会社のスタッフさんがいつも手書きのメッセージを残してくれることをすごい! と喜んでいました。
偶然ですが、その食材配達会社は今春、当協会がガッツリ研修をさせてもらったところで、うれしいご縁でした♪

手書きはあたたかい。
広がるといいな、と願っています。



【おたずね】
このブログの常時SSL化の作業をしてくれる業者さんを探しています。かれこれ半年近く探しているのですが、なかなか出会えず。どなたかピン!とくる方がいたら、ぜひ教えてください。
メール/info ★tegami.or.jp  


ページTOPへもどる

2018年9月28日 09:43

秋の花のポストカードと、新たな趣味について

こんにちは、いかがお過ごしですか。
つい先日までノースリーブのワンピースを着ていたのに、ここ数日はジャケットやカーディガン、首に巻くショールが手放せなくなりました。秋が急に深まっていくようですね。


■ 秋の花のポストカード
20180928-1.JPG
いずれもプレゼントしていただいたものです。カラーの筆ペンで描いたのでしょうね、こうした絵がささっと描けるっていいですね。

2018-0928-2.JPG
夏の訪れが早まる一方で、過ごしやすい秋の日々はどんどん短くなるようです。
ヒマワリやハイビスカスといった夏の花の陽気な感じ、派手さはなくとも、秋の草花には奥ゆかしい味わいがあります。

20180928-3.JPG
ケイトウ(鶏頭)っておもしろい花ですね。進化の過程でどうしてこうしたユニークな形になったのでしょう? 花に意思があるとしたら、人と違うことを恐れず自分らしさをひたすら追求している感じでしょうか。いい花ですね。



わたしは趣味で声楽(合唱)をやっており、一年に一度、オーケストラの演奏でイタリア人指揮者のもと交響曲や宗教曲を歌います。

今年のはじめ、演奏会の直前、このイタリア人指揮者からわたしたち合唱団員に宛てて「参加してくれてありがとう。皆で忘れられない公演にすることができると信じています!」という直筆サイン付きメッセージがFAXで送られてきました。

この指揮者はいずれカラヤンやバーンスタインにも匹敵する存在になるであろうと言われる、クラシック音楽界をけん引する若きリーダーの一人です。そんな世界的なマエストロがわざわざ私たち合唱団員のために・・・!

関わる人たちのモチベーションを上げ、最高のパフォーマンスを引き出す。その熱意とリーダーシップの根っこにあるのは「よい公演をつくりあげるためにはどうすればよいか?」という想像力にちがいなく、その想像力をカタチにしたのが指揮者直々のメッセージであり、手書きのサインでした。


この秋、わたしはイタリア語の勉強をはじめました。
この指揮者に宛ててイタリア語でサンキューカードを贈ることと、あわよくばコンサートホールのロビーとかで見かけたときにイタリア語で話しかけることが、当面の目標です。

うふふ。続くかなー。目標は公言するとかなうといいますからね。楽しみです!


ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました