プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

今日の一通<届きました編>の最近のブログ記事

2017年4月 3日 09:41

桜見物、重版御礼、マキシマムカードとおくりもの箱、そえぶみ箋たくさん、ハイビスカス柄、「プレバト!!」出演します

こんにちは、いかがお過ごしですか。

日曜日、まだ見頃には早いかなと思いつつもお花見に出かけたら、予想に反して、満開でした。@神田川沿いのカフェの窓から眺めた桜です。特等席でした!
20170403-3.JPG
■ 拙著『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』(日本経済新聞出版社)、重版が決まりました。「この本を読んで、営業成績が上がった」「苦手意識がなくなった」「書くことが楽しくなった」というお声を多くいただいています。とてもうれしい!ありがとうございます!
20170403-1.JPG
■ 当協会の認定講師・田丸有子さんから届きました。写真のように、ポストカードの絵柄と切手と風景印、すべてをコーディネートしたカードのことをマキシマムカードといいます。
20170403-6.jpg

■ 当協会の認定講師・大場敦子さんから届きました。中にはひと言メッセージとともに、クッキーが入っていました。ポストに投函して郵便で送れる箱、その名も「おくりもの箱」。+lab(プラスラボ)さんのものです。
20170403-7.JPG
20170403-8.jpg

■ 美濃和紙・古川紙工さんからの贈り物。そえぶみ箋たくさんと、早くも夏の一筆箋を。講師のみんなと山分けです。ありがとうございます!
20170403-10.JPG

■ ハワイアン雑貨のお店で見つけたハイビスカス柄の一筆箋。季節はずれではありますが、ハイビスカス柄はめずらしいので。プルメリアの付箋は輸入モノだと思います。
20170403-4.JPG

■ 献本御礼。水泳の松田選手はリーマンショック後に選手生命の危機に立たされたとき、スポンサー獲得のためにみずから500通もの手紙を書いて、競技を続けたのだそうです。
20170403-5.jpg

■ 今週木曜・夜19時~、テレビ「プレバト!!」、一筆箋講師として出演します。お楽しみに!!!
プレバト-2.jpg
下のサイトから画像をお借りしました。
https://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=40063



ページTOPへもどる

2017年3月13日 19:00

スミレの切手、桜の手紙、昭和48年発売の切手、ゆうぱっくに切手を、デコルノ!、ポスト型の根付けほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。
桜の開花までもうすぐ。少し肌寒い日がつづきますが、つぼみは確実に大きくやわらかくなっていることでしょう。

■A4のコピー用紙を4枚以上送るときには、92円分の切手を貼って。このスミレの切手、好きです。薄桃色の封筒によく映えるので。春ですしね。
20170313-1.JPG

■ 桜の手紙、届きました。ミドリの紙シリーズですね。右上の、ページ番号をあらわすハートマークがキュートです! 当協会の講師になり、人の輪が広がり、「手紙ってほんとにすごい!」と書かれていました。よい人たちが集まっているのは、わたしの運の強さゆえのこと。ありがたい限りです!

20170313-3.JPG

■ 桜型の風景印と、昔ばなしシリーズ「花咲かじいさん」の20円切手の組み合わせ。調べてみたら、昭和48年に発売された切手でした。昔の切手は古切手屋さんで買えます。金券ショップでもたまに掘り出しものが見つかりますよ。
20170313-4.jpg

■ アメリカで暮らす姪っ子に、大学の合格祝いを! 意外と知られていないようですが、ゆうぱっくは切手でも送れます(国内も)。桜満開。喜んでくれるかなー!

20170313-6.JPG

■ 封筒の下部分、紺色の帯のところ、PLUS社の「デコルノ」というローラー式スタンプだそうです。当協会の認定講師から届きました。事務用封筒もちょっとの手間で個性的な1通になる、よい見本ですね!
20170313-2.JPG
「様」の字の最後の一画をぐにゅっと下に伸ばす書き方、わたしも20代のころにしていました。「現状を打破したい」とか「もっと個性を発揮したい」とか、そういうグングン成長していきたいという心持ちを反映しているなどと言われますね。筆跡は個性が出ます。そういう視点で文字を見てみるのも、おもしろいと思います。


■ ポスト型バッチにストラップを付けました。テレビ番組の収録時に、着物の帯まわりのアクセントにしたいと考えています。近々、その機会があるかな。今回は見送ろうかな。・・ちょっと考え中です。
20170307-1.JPG
++

東急ハンズでのワークショップのお知らせ。
美濃和紙・古川紙工さんのアイテムを使って行います。

◎3/18(土)東急ハンズ銀座店  手紙の書き方コンサルタント 斉藤智恵  13時~、14時半~、16時~
◎3/20(月祝)東急ハンズ京都店  手紙の書き方マスターコンサルタント おかもと円果 13時~、15時~、17時~
◎3/25(土)東急ハンズ横浜店  手紙の書き方コンサルタント 斉藤智恵 13時~、15時~、17時~
◎3/26(日)東急ハンズ渋谷店  手紙の書き方マスターコンサルタント 青木多香子 13時~、15時~、17時~


ほかに、
◎3/25(土)15~16時、銀座三越7F グローバルメッセージというイベントスペースで、むらかみかずこトークショーを開催します! (申込不要、参加費無料)

銀座三越さんの春のギフトイベントの一環として、「ギフトに添える、気持ち伝わるひと言手紙」というテーマでお話しします。

ちょうど桜が咲きはじめる頃ですね。春めく銀座の街をぶらぶらしがてら、ぜひお立ち寄りいただけたら、とってもうれしく思います!!





ページTOPへもどる

2017年3月 7日 11:55

東急ハンズでワークショップ&銀座三越でトークショー開催! 桜の手紙、はがき、便せんいろいろ。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

春になると、文具業界・手紙業界ともに、なんとなく動きが活発になります。
進学・新入学・新社会人・人事異動・転職・引っ越し...。「まさにわたしが、家族が」という人も、特に関係ない人も。みなさん、新商品が目白押しの文具店に足を運んでみてはいかがでしょう?

今月、東急ハンズ4店舗で、「手紙の書き方」ワークショップを行います。「そえぶみ箋」で人気の古川紙工社のレターアイテムを使って行います。

〇3/18(土) 東急ハンズ銀座店 
〇3/20(月祝) 東急ハンズ京都店 
〇3/25(土) 東急ハンズ横浜店
〇3/26(日) 東急ハンズ渋谷店 

ワークショップの時間は、
銀座店以外 13時~、15時~、17時~
銀座店のみ 13時~、14時半~、16時~ すべて申込不要、参加費無料です(ただし古川紙工社の商品を1点お買い上げください)。

ワークショップの講師は、当手紙文化振興協会の認定講師がつとめます。楽しい時間になること、うけあいです! ぜひお立ち寄りいただけたら、うれしく思います!

**

さらに!
25日(土)15時~16時、銀座三越7Fのグローバルメッセージにて、むらかみかずこトークショー開催!
タイトルは「気持ち伝わる手紙術」。こちらも申込不要、参加費無料。

ちょうど桜が咲き始めるころですね。春の銀座をぶらぶらしがてら、足をお運びください。お会いできましたら、うれしく思います。


■ 一足早く、桜の便りが届きました。ミドリの紙シリーズと、G.C.PRESSのシールの組み合わせですね。桜モチーフは見ているだけで気持ちがウキウキします。
20170307-2.JPG柴犬を飼っているそうで、だから、柴犬シール。そういうところがGOOOO!!!ですね。

■ 少し前になりますが、春のグリーティング切手&初日印で届きました。送ってくれたのは、当協会の認定講師:田丸有子さん。ブログご覧ください
20170307-3.JPG
■ そえぶみはがき箋を使っています。桜のはがきの出番がやってきました!
20170307-4.JPG
ボカシばかりで見づらいですが、「Spring is Coming」のひと言を添えています。すべて仕事の相手です。日ごろからやりとりしている相手には、ほどほどにくずして書くほうが自然体でよいと感じます。
丁寧にかしこまって書くと、仰々しい印象を与え、かえってむずかしくなることもありますから、そこは要注意。書き手(個人だけでなく、会社やお店)の個性や、ポジションにもよりますね。


■ こちらの桜の便せんは日本ホールマーク社からのいただきもの。どれも女性らしく、春らしく、日本人らしく、すてきです。
20170307-7.jpg

春を楽しみましょう!



ページTOPへもどる

2016年12月27日 16:12

ゆうびんサンタ、クリスマスカードいろいろ、雑誌『SALUS』掲載、講座の様子など。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
いよいよ年の瀬が押し迫ってきました。毎日があっという間に過ぎていきます。

さて、ほとんど話題になっていないのも気になるところですが、はがきの切手代が62円になるようですね。年間1000枚とすると、1年間で1万円。
郵便配達員さんへの感謝です、けれども、ね。「値上げ」という言葉には、どうしてもダメージがともないます。
新たな10円切手が出てくれることを願います。


■ クリスマスのときのエントランスの飾りです。ツリー型したカードも3種。今年はこれまでで一番多く、クリスマスカードをいただきました。
当協会の講師たちから届くカードを眺めて、理事がひとこと、「みんな楽しそうだね!」と言っていました。うれしく感じました!
20161217.JPG

■ 中には、ゆうびんサンタも。こういうイラストがササッと描ける人になりたいですね。
20161227-1.JPG

■ 上のゆうびんサンタは、当協会の認定講師・大場敦子さんから届いたものです。大場さんが取材協力した雑誌『SALUS』が駅にたくさん並んでいました。東急電鉄が発行している東急沿線の情報誌です。
20161227-2.JPG
11月に出た雑誌『オズプラス』も手紙特集でしたね! こちらはご依頼をいただいたものの、事情によりお引き受けできず、残念でした。来年はもっともっと様々な媒体で手紙特集が増えることを願っています。


■ 当協会の新たな講師がまた2名、誕生しました。右は、マスターコンサルタントの青木多香子さん。右から2番目が、宮木悦子さん(神奈川県足柄上郡在住)、左から2番目が、田丸有子さん(東京都練馬区在住)。出会いに感謝しています。
20161227-3.JPG
20161227-5.JPG

今年も1年、ありがとうございます。どうか、よいお年をお迎えください。
20161227.JPG

ページTOPへもどる

2016年11月24日 16:48

NHK「ひるまえほっと」スタジオ生出演、風景印3つ、封筒メーカーさんの動物カード、手紙の審査など

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今朝(24日)、東京では冷たい雪が降りました。午後になっても気温が上がらず、足元ヒーターが活躍しています。

■ 11/21(月)NHK総合「ひるまえほっと」にスタジオ生出演しました! 生放送は初めて。ちょっと緊張しましたが、年賀状の話題を中心に楽しくお話しできました。NHK局内での評判も上々だったそうです。手書きのチカラはこれからもっと増していくと考えます。まずは気軽にはじめましょう!

2016-1124-5.PNG
レポーターの西村美月さんには大変お世話になりました。一緒に写真を撮ればよかった、、、(悔)。ありがとうございました!


■ 風景印を2つ。左が栃木県の中禅寺郵便局。右が兵庫県伊丹市の伊丹美鈴郵便局です。バラのカタチをしているんですね!
20161124-1.jpg■ もうひとつ風景印。こちらは福島県の須賀川郵便局。牡丹とウルトラマン。これらはすべて受講生から送られてくるものです。
20161124-2.JPG

■ 当協会の封筒を発注している封筒メーカー/羽車さんから、NLが届きました。表参道&心斎橋にあるカード専門店/ウイングド・ウィールの親会社さん。真っ赤な動物カードもたくさん! たかが封筒、されど封筒。第一印象は大事ですね。
20161124-4.JPG

■ とある手紙コンテストの審査員をおうせつかり、応募作品1300超のうち、二次選考として107作品を読ませていただきました。手紙はどれも個人的なものですから、選考するのは本来はふさわしくないのかもしれませんが、読んで印象に残るものと、そうでないものの差は、たしかに存在します。

個人的には、ユーモアのあるもの・愛嬌のあるもの・読後の印象がキラキラしているものが好きです!
20161124-3.JPG

■ 先週から企業研修・セミナーがつづき、NHKスタジオ生出演もあったため、緊張の糸を緩めようと、ひと休み、東京都北区にある旧古河庭園に紅葉と秋バラを見に行きました。
20161124-9.JPG
20161124-10.JPG
20161124-12.JPG
20161124-11.JPG
20161124-13.JPG
もうすぐ月末。
そうこうすると、あっという間に年末、新年ですね。年内にやりたいことは、まだたくさん!楽しみましょう!



ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました