プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

今日の一通<届きました編>の最近のブログ記事

2021年2月23日 13:35

河津桜、満開!

20210223-3.jpg
河津桜は早くも満開!

静岡在住の当協会の講師が送ってくれた1枚です。
写真をポストカードにして送ってくれました。

ようやく春が近づいてきました。
早く遊びに行きたい! 飲んで歌って踊りまくりたいです。


ソフトバンクニュースにて取材協力しました。

▼手紙の達人に聞く、ニューノーマル時代のデジタル文章コミュニケーション上達術
https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20210219_01

コロナ禍、リモートワークが一気に広まったことにより、社内外を問わずメールやチャットを利用する機会が増えました。
それらは便利で効率的な一方で、お互いの表情や声のトーンがわからないことから、ともすると「そんなつもりはなかったのに、相手を怒らせてしまった」「自分の書き方に自信はないけれど、今さら人に聞けない」など、悩みも増えているようです。

弊協会の通信講座の受講生もわずかながら増えており、先月・今月は課題提出ラッシュ! 普段、添削はすべて講師たちにまかせているのですが、今回は人手不足により数年ぶりにわたしも添削しました。

書く力を高めるには添削がいちばんです。
文章の良し悪しを決めるのは、客観性にほかならないからです。
久しぶりの添削はなかなか楽しかったです。


20210223-1.jpg
自宅の壁にポストカードをペタペタ貼っています。
ここの壁は桜シリーズ。ほかに、祈りシリーズ、目覚めシリーズもあります。


ページTOPへもどる

2021年1月27日 12:03

三寒四温 梅とメジロ


20210127-1.jpg
榊原紫峰 梅花群禽(昭和14年頃)
足立美術館

榊原紫峰は京都出身の画家。鳥好きとして知られ、鳥の絵をたくさん描いています。
群禽は「ぐんきん」と読みます。禽には鳥の意味があります。むずかしい漢字ですね。

雪が残る梅の樹とメジロたち。
寒い日が3日続いたあと4日ほど暖かな日が続き、だんだん春に向かっていく様を「三寒四温」と言います。
この絵は、この寒い日の朝、庭から眺める梅の樹を描いたのでしょうか...? 渋いですね。


そういえば、わたしの実家にも、昔、梅の木がありました。
毎年たくさんの梅の実がついたので、父は梅酒づくりに精を出していました。

あの梅の木はいつ伐採したのだったか...?
子どもの頃は梅の木のよさがあまりわかりませんでしたが、今見ると梅もいいですね。凛としていますね。




ページTOPへもどる

2021年1月 8日 09:50

ぐりとぐら、父からの電話

20200108.jpg
「ぐりとぐらの1ねんかん」中川李枝子 文、山脇百合子 絵


お正月、父から電話がありました。
「幸せかい? 何かのときにはお父さん、お母さんの存在を思い出すんだよ」と言われました。真心を感じる声でした。

そういう会話ができたのは初めてのことだったので、感慨深いものがありました。




ページTOPへもどる

2020年12月24日 14:37

聖なる夜の絵

20201224-1.jpg
聖なる夜は
20201224-2.jpg
ワンコと過ごす!
太もも占領。



ページTOPへもどる

2020年12月23日 11:19

クリスマスカード2種、芸術家の凄み

20201223-2.jpg
飽きもせずクリスマスカードをまた。
毎日届きます。ありがとうございます。

20201223-1.jpg
輝かしい未来が訪れそう...!


20201223-3.jpg
フランス人ダンサー&歌手のフランソワ・シニヨーによる一人芝居。両性具有者の物語です。
すばらしかった...!! ダンスだけでなく、歌は高声(裏声)も低声も。目が合った瞬間、何か魔術をかけられたかのような、射抜かれたかのような感覚を覚えました。芸術家の凄みを垣間見ました。ちょっと刺激が強すぎたのか、翌日は日中ずっと「ぽわ~ん」と過ごしてしまいました。

あー、これでわたしの年末のお楽しみはほぼ終わりました。
あとは日々のことを淡々と、楽しく、喜んで励むのみ!



ページTOPへもどる
前の5件  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税