プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

今日の一通<届きました編>の最近のブログ記事

2020年12月 9日 19:43

クリスマスカード×2、ピュアについて

20201209-1.jpg
(C)Yuri tanabe,Akiko Hoshino

クリスマスカードは見ていて飽きないものが多いなぁ...。


20201209-2.jpg
ホワイトベース


京都に来てから、これまでほとんど知りあう機会のなかった学生さんたちと話すことが増えました。
若い人はピュアですね。

ちょっとはわたしも変わるかしら...?


ページTOPへもどる

2020年12月 8日 19:04

スェーデンのポストカードとナチュラルホルン、クリスマスカードほか

20201208.jpg
(C)AB Pictura pictura.com

スウェーデンのポストカードです。ほのぼのした味わいがありますね。
郵便ポストに描かれているのは、ナチュラルホルンでしょう。銀座・月光荘のシンボルマークとも似ています。

ナチュラルホルンはかつての郵便屋さんが猛獣除けとして携帯していたことから郵便ラッパとも呼ばれており、世界各国の郵便局でシンボルマークとして使用されています。


コロナ禍、帰省しない代わりに贈るギフトのことを「帰歳暮(きせいぼ)」というのですね。

もとよりお歳暮(せいぼ)は、年末から年始にかけて先祖をまつり、歳神様を迎えるための供え物を贈る慣わしをいいます。
そのため、保存食など供え物として適した食品が選ばれていました。

手紙でいうと、しばらく飾っておける立体型のカードがおすすめ!
飛び出すタイプのもの、オルゴール付き、キラキラしたものなどクリスマスモチーフの華やかなものも
多く出まわっています。

贈り物を選ぶとき「何にしようかな?」「どんなものなら喜んでもらえるかな?」とワクワクしながら選びますね。
添える言葉も同じです。
相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら文字をつづりましょう。

20201208-1.jpg
本日朝、ラジオ文化放送『なな→きゅう』に電話で生出演しました。
テーマはコロナ禍の年賀状。
楽しくお話しできました。

今週はテレビもあります(再放送です)。
■2020年12月10日(木)23:45~24:45   BSプレミアム
NHK BSプレミアムの番組「偉人たちの健康診断・坂本龍馬編」
坂本龍馬の手紙のすぐれたところを解説させていただきました。




ページTOPへもどる

2020年11月30日 15:26

満月のハガキ

20201130-1.jpg
(C)Chiemi Kunibu

今夜は満月だそうです。



20201130-2.jpg
初めてコンビニで写真プリントしました。
先代/ポン太。甘えん坊の、ときどき哲学者みたいなワンコでした。



ページTOPへもどる

2020年11月24日 19:48

柿のハガキと、秋はブラームスなど

20201124-2.jpg
濱文様
絵てぬぐい「柿の木と小鳥」

そういえば、今年はまだ1回しか柿を食べていません。その1回も、最近よく行くごはん屋さんで出てきた「柿の白和え」。秋を感じる上品かつ家庭的なお味で印象に残っていますが、白和えですから量は少しだけ。
明日、買いに行こうかな。


京都に来て初めての秋。今年は紅葉を堪能しました。
京都に来たからという理由だけでなく、たぶん心が自然美を求めていたのだと思います。

秋は野山の色が温かいですね。春の華やかさややわらかさとはまた違う、幾重にも重なる落ち着いた色合いが、胸にジーンと沁みてきます。

音楽でいうなら、ブラームス。
わたし、10年ほど前まで「わたしはたぶん一生、ブラームスの音楽のよさがわかんないだろうな」と思っていたんです。それが、この2カ月くらい、「もう、たまらなく好き」と感じるときが幾度もあります。

人は変わるものですね。


20201124-1.jpg
5刷! 嬉しい!
昨年の今ごろ、出版時は新宿のバーで祝杯をあげました。よく覚えています。お店のみなさんはお元気かしら...?

世の中も変わりますね。

大変な中にあって上出来だと、ちゃんと自分をほめてあげなくちゃ。
ありがたいことです。


◎11/27(金)19時半~
年賀状講座
https://peatix.com/event/1706120/view

◎12/10(木)20時~
年賀状じまい講座
https://peatix.com/event/1719948/view



ページTOPへもどる

2020年11月13日 14:17

白樺の樹、日本経営合理化協会WEBコラム

20201113.jpg
photo by K.Suda

白樺の樹でしょうか。黄金色に染まっていくのですね。

白樺というと、小学生の頃によく通っていた駅前の書店「しらかば」を思い出します。
「しらかば」という名が妙に心に留まり、「白いかば?」「ばからし?」「木の名前らしいけれど、 なんだか不思議な名前だな」と、あれこれ思いを巡らせていた記憶があります。

ちょうど「なめんなよ!」の「なめ猫」が流行っていた頃です。
カレンダーだったか、写真集だったか、店先にずらーっと並んでいました。

けっこう細部までよく覚えているものです。
なつかしいな。


日本経営合理化協会さんで、毎月、WEBコラムを連載しています。
よろしければぜひお読みください!



ページTOPへもどる
前の5件  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税