プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

楽しい記念切手: 2010年5月アーカイブ

2010年5月21日 11:26

紫陽花の切手とハガキ、戦国武将が書いたラブレター&NHK総合「首都圏ネットワーク」放映です!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日5/21日は、二十四節気の小満(草木の葉が茂る時期)です。古くから沖縄では、梅雨を次の節気(芒種;6/6頃)とあわせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語で言い表してきたのだとか。

ajisai.JPGこれから少しずつ、梅雨前線が北上してくる頃ですね。
先日郵便局をのぞいたら、ちょうど紫陽花の切手とハガキが売られていました。
切手は、写真のように、短冊型のミニリフィルに入って売られていました。ちょっとよそ行きな感じ。プレゼントにもいいですね!

 

**

ところで、数年前から「歴女」といって、三国志や戦国武将など歴史好きの女性が注目を集めていますよね。

実はわたしも歴史大好き、大学は史学科でした。ゲームはやりませんが、学生時代の友人と話すときは、それこそ「わたしたち、歴女のハシリだよねー」なんて盛り上がることもあります。

いちばん好きな戦国武将は、薩摩の島津義弘。7~8年前に池宮彰一郎さんの『島津奔る』を読んですっかり魅了されてしまい、関が原での敵中突破の退却戦のシーンなど、もう、、思い出すだけでダメ、、目の奥が熱くなります。@一応、トーンを抑えて書いています。。

 

sengokubusho.JPGで、最近読んだ本『戦国武将からの手紙 -乱世に生きた男たちの素顔』吉本健二さん著(学研M文庫)の中で、この島津義弘の書状が紹介されており、こちらを読んで、またすっかり熱に冒されてしまいました。


本の中で紹介されているのは、島津義弘が離れて暮らす宰相夫人に宛てて書いた手紙です。以下、抜粋します。

 手紙がようやく今頃届いた。まずまずそちらも上から下まで何事もないようでめでたく思う。
 以前にも言ったように、最近はますます頭に雪が重く積もったように白髪が増え、寄る年波が立ち重なったように皺が深くなった・・・・・・・(略)
 
 今夜もまた、おまえを夢に見た。まさに今、この場で出会ったかのようだった。
 また良い便りがあった折には、いくたびも同じことだろうとも、手紙にしていってくれればうれしい。
 息子たちには謡曲や手習い、そのほかのたしなみを怠りなく習得するように言ってやってくれないか・・・・・・(略)


この、「今夜もまた、おまえを夢に見た。まさに今、この場で出会ったかのようだった」というフレーズ。すばらしい愛情表現ですよね。

戦続きで離れて暮らすことが多かったとはいえ、30年以上(もっと?)連れ添った夫人に宛てた手紙です。

若い頃から戦の最前線に出て、それこそ何万という数の屍を目にしてきた義弘は、どのような器の持ち主だったのでしょうか。

老いてなお、夫人の夢を見、「まさに今、出会ったかのようだった」とてらいなく書き、そして、そう書かせてしまう夫人・・。

むぅーーん、素敵だなぁ・・、、と、しばし、想いをはせたのでした。


**

本日18時10分~、NHK総合「首都圏ネットワーク」にて、先日(18日)に行ったセミナーの様子が放映される予定です。

テレビの前にいらっしゃる方はぜひ、見てやってくださいませっ!

 

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました