プロフィール

むらかみかずこ

手紙好きが高じて、文章を書く仕事をしています。
(有)はなまる企画代表  (社)手紙文化振興協会 代表理事

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとすごくうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。
あなたの場合は、いかがですか。

このブログでは、手紙好きが高じて文章を書く仕事をはじめたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの筆記具、便箋や切手などをご紹介することで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけましたら、うれしいです。

オフィスで働く女性をはじめ、パート・アルバイト、主婦、学生、人を応援するのが好きな人、人に喜んでもらうのが好きな人、もちろん男性も!

相手のことを想像し、自分の気持ちに素直な言葉をしたためる。
―それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうか、リラックスしながらお楽しみくださいませ。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2010年9月アーカイブ

2010年9月27日 13:00

秋模様のポストカードいろいろ。コスモス、いちょう、ほおずき、菊花、稲穂、栗・・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
急に肌寒く感じられるようになりましたね。今朝は、薄手のコートにストールを羽織ってみました。衣替え、がんばろう☆

 

さて、先日、文具店めぐりをしたときに入手した、秋模様のポストカードを撮影してみました。

kyuukyodo.JPGこちらは、鳩居堂さんのシルクスクリーン印刷のポストカード。
深紅のコスモス柄、実物を見るとかなり存在感があります。上はいちょうの落ち葉。右はたぶん、ほおずきですね。

店頭では、植物の名前がわかるように売られています。

 

zeshin.JPGつづいて、日本橋はいばらさんの、明治の画家・柴田是真シリーズ「花くらべ」から2枚。上から、菊花と稲穂。

かなりシブいですね。ご年配の男性に宛てて送るときに重宝しそうです。

 

akicard.JPGついでに、同じく秋模様のポストカードで、左の栗と真ん中の田舎の秋は、郵便局で売っているはがきです。1枚70円。
右のしいたけ柄は、東急ハンズで買いました。

 

autumnpost.JPG郵便局といえば、こういうものもあります。ポスタルグッズのポスト型はがき、秋バージョン。リスがかわいいですよね!
小さなお嬢さんのいる方に送ったら、さっそく「娘がポストから見つけて大喜びしていました」とお返事メールをいただきました。うふふ、そういうお声がうれしいです!

 

みなさんは、どんな秋がお好きですか。

 


 

ページTOPへもどる

2010年9月22日 15:02

今日は中秋の名月です。季節をあらわす言葉&「赤」に秘められた技術・伝統

こんにちは、いかがお過ごしですか。
こちらはまた気温が上がり、汗ばむほどです。

さて、今日は中秋の名月。
毎月満月はやってきますが、「名月」と呼ばれるのは、旧暦8月15日の中秋の名月だけ。
他の月の満月を「めいげつ」と呼ぶときは、「明月」と書いて区別するそうです。

ほかにも、中秋の名月を「芋名月」と呼ぶのは、その年の作物の収穫に感謝して、芋(里芋)を備える習慣があったから。
中秋の名月の夜に、雲で月が見えないときの呼び名を「無月(むげつ)」といい、雨になってしまったときの呼び名を「雨月(うげつ)」という・・

以上、いつも読んでいる「日刊☆こよみのページ」メルマガから、引用させていただきました。


**

手紙やメールの書き出しで、季節をあらわす言葉を添えると、どことなく情緒豊かな、風情を感じさせる文面になりますね。

saijiki.JPGわたしの場合、上記でもご紹介している「日刊☆こよみのページ」メルマガ&ウェブサイト、それから写真の『和の暮らしが楽しい!おうち歳時記』(成美堂出版)を参考にすることが多いです。
また、拙著『一筆箋の書き方、楽しみ方』(KKベストセラーズ刊)の中でも、毎月の行事・歳時記にからめた書き出しの文例をご紹介しています。

 

日々の生活に、古きよき自然を祀る慣習を取り入れるのは、なかなかどうして、むずかしく思えることもあります。
今日も本当はお団子を手づくりして、すすきを添えて、神棚にお供えしたりするといいのでしょうけれど、気持ちが行動に追いつかないわたしは、せいぜいスーパーで適当なお団子を見繕って帰るくらい。。

せめて、手紙でもメールでもなんでもいいので、自分なりにムリしないでできる範囲で、こうした古きよき慣習を受け継いでいきたいものだと思いますね。


**

kaishi.JPG古きよき慣習といえば、こちらも! 先日、日本橋「はいばら」さんで購入した、お懐紙です。

こちらは寿用。おめでたごとのお祝い品をいただいたときの、ほんのお返し(おかえし→おかいし→お懐紙)として使うものだそうです。

海老蔵さん・真央さんご夫妻も使っていると聞き、ミーハー心がくすぐられました。。(笑)

 

この指し色の「赤」の美しさ・・、実際に目で見ると、ほんとうにすばらしいです。
はいばらの女将さんいわく、大量印刷とは違い、いまの時代も摺り士さんが摺っており、この「はいばらの赤」を出せる職人さんは、今、一人しかいらっしゃらないそうです。@最近はその職人さんもご高齢なので、ほかの方にもお願いさせてもらっている、とおっしゃっていましたが。

決して譲れない部分なのでしょうね。
何気なく店先に並んでいる商品に、そんなにも奥深い技術や伝統が隠されているなんて・・。。話を聞く間、いちいち感嘆している自分がいました。


 

 

ページTOPへもどる

2010年9月21日 21:24

アメリカで売れ筋のポストイット! ミッキーのシルエットもかわいい!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
連休があると、リズムが狂っちゃいますね。今週はもう一度、祝日があります。運動会も多いのでしょうか。

さて先日、オープンしたばかり、住友スリーエム社のアンテナショップ「3Mstore」(表参道)に行ってきました!
表参道駅を出てすぐのところにある、さすがにおしゃれなショップでした。

住友スリーエム社といえば、ポストイット(付箋/ふせん)で有名ですね。
そもそもわたしは数年前まで、付箋といえば、それがポストイットのことだと思っていたくらいです(ばんそうこうといえば、バンドエイドような・・)

wagara.JPGそれくらい大ヒット商品であるポストイットに、今年、新たに和風柄のものが加わったとのこと。
ワンポイントいやし系の絵柄が入っているだけで、事務的な印象がかなり薄れますよね。

mickey.JPG他にも、ミッキーマウスやプーさんをモチーフにした付箋もありました。
388円とちょっとお高めですが、このミッキー柄、すごくお気に入りです! 手帳に貼ったり、ペンケースの中に入れておくだけで、気分が上がる(笑)気がします。

 

americhan.JPGそして、この3Mstoreで個人的にいちばん気になったのは、アメリカで売れ筋のポストイットです。
サイズを比べてみると、だいぶ大きいですよね。

アメリカ人は紙を大胆に使う傾向にあるので、ポストイットも大きなサイズが中心なのだとか。日本でよく目にする(?)2.5センチ×7.5センチ/7.0×7.5センチ(←写真の、和柄のポストイットと同じ)のものは、「小さくて書けない」という理由で嫌われてしまうと、マーケティング担当の方がおっしゃっていました。

これ、すごくビックリ! ポストイットというよりノートですね!

ちなみに、後ろにはマグネットがついています。
日本では、そういうものは、わたしの知る限りないと思うのですが。

ポストイットひとつとっても、アメリカと日本では、お国柄がだいぶ異なるんですね。そういうのも、とってもおもしろい~!

 

ちなみに、3Mstore では、携帯やパソコン、自転車にフィルムを貼ってカスタマイズするサービスを行っていました。iPhoneユーザーの方には特におすすめです!


**

講座開講のお知らせ☆
日頃めったに開講しない、一般の方向けの講座です。

◆タイトル:
講座開催★「人生が豊かになる!手紙の書き方・楽しみ方」


◆概要
日時:10月9日(土)、23日(土)
時間:13:00~14:30
場所:NHK文化センター青山教室
  http://www.nhk-cul.co.jp/school/3000/3000_school_info.html
受講料:会員(6300円)、一般(7560円)、教材費200円


相手の心に残る手紙とは・・?
形式ばった無難な手紙ではなく、味わいのある温かい手紙を書くには、どうすればいいのでしょうか。

講座では、今の暮らしに合った基本的なマナーをおさえつつ、実際に手紙を書いていただきながら、ワンランク上の書き方・楽しみ方をお伝えします。

おすすめの筆記具、便箋、一筆箋、記念切手、シール、ハンコなどの手紙アイテムも多数ご紹介。
これを機会に、ご自身の手紙文を見つめなおしてみては、いかがでしょうか。


◆お申込み
 http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_565191.html

お席にまだ余裕があります。よろしければぜひ、いらしてくださいませ!

 

 

ページTOPへもどる

2010年9月16日 21:27

シティリビングさん掲載! &ある日の表参道・銀座界隈、文具店めぐり道

テーマ:手紙空間

こんにちは、いかがお過ごしですか。
雨が降って急に気温が低下。電車の中でストールを羽織っている女性を見かけました。服装を秋物にチェンジしなければ・・ですね。


さて、shimen1.JPG9/17発行号の「シティリビング」(産経リビング新聞社)さんにて、モデルの押切もえさんの「もえレッスン」コーナーで、手紙の書き方の先生役として登場しています。

今回は前編、後編の掲載は10/1発行号だそうです。


ウェブサイトにも早速、UPされていました
cityliving.JPG押切もえさんは、過去に、個人的にペン習字を習ったことがあるそうです。「手紙を書くこと」「手書きする」ことに対して、すごく意識が高い方でした。
なにごとにも貪欲に取り組んでいく姿勢が、とてもまぶしかったです。

よろしければぜひ、ご覧になってみてください☆


**

陽射しが落ち着き、過ごしやすくなったので、先日、お散歩がてら、表参道&銀座界隈の文具店をめぐってきました。

ルートは、まずは表参道で、先日オープンしたばかりの住友3M社「3Mstore」さんへ。
和柄のポストイットやアメリカのハガキサイズのポストイットなど、興味津々ながめた後、同じく表参道の「Rin」さんへ。「Rin」さんは、全国各地の伝統工芸品を集めた、モノづくりのお洒落なアンテナショップです。2階レストランのランチも美味しかった!

 

銀座に移動した後は、鳩居堂さんで秋柄の一筆箋をチェック。拙著『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』も売っていただいています。

続いて、こちらも先ごろオープンしたばかりの「G.C.PRESS」銀座直営店さんへ。外観もスタイリッシュ、銀座一等地の路面店、ギャラリーを思わせる上質な空間でした。

さらに、京橋まで足を伸ばし、知る人ぞ知る小さな文具店「POSTALCO」さんをひやかし、近くの「PILOT」さんのカフェで休憩。

日本橋まで歩いて、最後、「はいばら」さんでは、店員さんが手作業で1つ1つ水引を結び、熨斗をつけていました。

帰りがけに「はいばら」の女将さんとお茶しながら、和紙文化について、素晴らしいことをたくさん教えていただきました。すごく勉強になりました。

てんこ盛りっ!! 後日、もう少しくわしくレポートします~☆


*ある日のお散歩ルート

<表参道>
3Mstore/ http://3mstore.jp/
Rin/ http://rin.smrj.go.jp/

<銀座>
銀座鳩居堂/ http://www.kyukyodo.co.jp/
G.C.PRESS/ http://www.gc-inc.co.jp/g01.html

<京橋>
POSTALCO/ http://www.postalco.net/
PILOT/ http://www.pilot.co.jp/company/overview/

<日本橋>
はいばら/ http://www.haibara.co.jp/

 

 

 

ページTOPへもどる

2010年9月13日 17:08

文房具朝食会に参加! モレスキン、ワインノート&ユニークな付箋いろいろ

こんにちは、いかがお過ごしですか。
先ほど、父が、昨日(11/12)の朝日新聞に載っていた万年筆についての記事をファックスで送ってくれました。
また、今朝、仲良くさせていただいているこちらの素敵な女性のブログを読んでいたら、週末、青山の書斎館さんで、万年筆を購入したと書いてありました。

あぁ、いいなぁ~。
わたしもまた万年筆がほしくなりますわぁ~。


さて週末、文房具好きが集まるミクシィ内のコミュニティ、文房具朝食会に参加しました。

文房具朝食会とは、朝ごはんを食べつつ、持参した文房具を1人1つずつ紹介しながら、文房具の楽しさを語り合おう、という会のことです。

yokohamacard.JPG今回は初めて横浜開催だったので、横浜にちなみ、こちら、横浜の名所(ベイブリッジ、臨港パーク、外人墓地、元町、港の見える丘公園)が描かれた5枚のポストカードを持参しました。

こちらのナイスなところは、あらかじめ切手が印字されており、それでいて5枚で300円(1枚60円/切手代を除けば、なんと!1枚あたり10円)と、とてもリーズナブルなところです。

yokohamacard1.JPG描かれている絵も、ちょうどよくさわやかなタッチなので、女性宛てにも男性宛てにも使いやすく、とりわけ横浜在住者にはとても重宝すると思います。

郵便局が制作・販売しているものなので、郵便局(横浜中央郵便局)で買いました。

昨年、横浜開港150周年を記念して発売されたものですね。
いい商品なのに、まだ在庫があるというところが、うれしくもあり、さみしくもあり・・。


**

当日、サプライズがありました。
moleskine.JPG入籍のお祝いに、出席していたみなさんから、プレゼントをいただいたんです。

なんと! 今まさに、こちらの本も話題沸騰中のモレスキン!!

飲んだワインを記録できる、モレスキンのワイン記録用のノートでした。

さすが、ハードカヴァーがお洒落で、高級感がただよいます。

mole_wine.JPG中身はこんなふうに記入するようです(写真は記入例です)。

わたし、実は、人生初のモレスキンです。
やった! ステキなプレゼント、ありがとうございます!!


**

ほかにも、こんな付箋をいただきました。

fusen.JPG上は、坂本龍馬の格言が3つ書かれた付箋です。

ユニーク☆ こんなものまで売られているのですね。
また、それを見つけるところも、プレゼントしてくださるセンスにも、脱帽です☆

下は、住友3M社さんの、和柄のポストイットです。
住友3Mさんは、最近、表参道にアンテナショップをオープンされたんですよね。
こちらもちょっとご縁があり、近日中に行ってみようと思っています! わくわく。

 

 

ページTOPへもどる
1  |  2  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました