プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2017年2月 8日 12:37

日経新聞夕刊、梅の花切手、そえぶみはがき箋の桜3種、シティリビング名古屋、テレビ東京番組出演

こんにちは、いかがお過ごしですか。

わたしは、なんとインフルエンザにかかってしまいました。今はもう回復していますが、まだ体の中にウイルスがいると思うので、自宅で静養しています。
毎年ワクチンを接種して、日々の手洗い・うがいもしっかりしているつもりなのに・・! 久しぶりに「もぉー、くやしい!」と感じてしまう出来事でした。


■ 2/1(水)日経新聞夕刊、取材協力しました。女性の間でカラーボールペンが人気という記事です。
20170201nikkeiyukan_Ink_LI.jpg
記事によると、渋谷のロフトではカラーボールペンの売り上げが2ケタの伸び、ゼブラ社の「サラサクリップ」にいたっては、ここ3年、毎年約20%増なのだそうです。すごいですね! 

■ 梅の木が届いたので、もう一度、写真を撮りました。しつこいようですが、82円の普通切手(梅の花)は今が使いどきです!
20170208-5.JPG

■ 梅の次は桜。気が早いようですが、季節は確実に動いています。古川紙工社から発売中の「そえぶみはがき箋」(むらかみかずこ監修)、おかげさまで春の3種は出荷とほぼ同時に完売したそうです。わたしのイチオシは、中央のウグイスです。ぜひ探してみてください。
20170208-2 (2).JPG
■ シティリビング名古屋版で、取材協力させてもらいました。名古屋在住の当協会の講師:西川侑希さんが取材を受けました。テーマは、バレンタインデーに添えるひと言!
20170208-9.JPG

■ 2/4(土)12:25~テレビ東京「コレって、私悪くないよね?」に出演しました。ビジネスシーンでよくある事務的なメールにハートマークをつけるのは悪いか?悪くないか? 
20170208-1.JPG
女性は特に深い意味を持たずにハートマークを使うこともあるのですが、それで相手に誤解させてしまうとしたら、よくないですね。会社のメールは自分以外の人が見ることもありますから、下手をすると、組織の問題に発展してしまうこともあります。

女性同士がプライベートでかわすメールだと、しょっちゅうハートマークを飛ばしますけどね。面倒なことにならないように、異性に対しては(仕事の場面では)気を付けましょう!


ページTOPへもどる

2017年1月31日 13:29

名刺に手書き、梅切手、梅シール、切手のきれいなはがし方、ミツマタの花!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
明日から2月、そして節分です。一陽来復。少しずつ、季節がまた動き出しました。

1月はブログ・SNSの更新をお休みしていましたが、2017年も当ブログは週1回の更新を心がけてまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします! 
いつもありがとうございます。


■ 名刺です。名前の部分を手書きしています。1枚ずつ手書きするのは、大変ですよね?」とおどろかれることもあるのですが、慣れているので、さほどでは...。インクがにじまないようにとだけ、気を配っています。
20170131-1.JPG

■ 今が使いどき! 普通切手の梅の花。とても可愛らしいデザインですね。今の時期だけ、思いっきり使います。
20170131-ume2.JPG
■ 今が使いどき! 梅の花シール。封緘用です。
20170131-ume3.JPG
■ 取材時に使った切手、また、貼ったものの事情により投函しなかった切手は、5分ほど水に浸してから電子レンジでチン! おもしろいくらい、きれいにはがれますよ。
20170131-kitte4.JPG
■ ミツマタの花。湯島天神の境内(間違えました!上野公園でした。お参りしたあと上野まで歩いたことをすっかり忘れていました。)で咲いていました。和紙の原料とされる花ですね。間近で見たのは、たぶん、初めて。枝が三つに分かれているから、ミツマタというんですよね。なんだかラッキーでした!
20170131-mitsumata5.JPG

来週2月8日(水)と10日(金)、東京ビッグサイトで開催されるギフトショーに出展する、美濃和紙/古川紙工さんのブースで、ハガキのワークショップを行います。
チケットがないと入場できない、主にバイヤーさん向けの展示会です。たまたま会場にいらっしゃる方は、ぜひお声がけください。東2ホールの入り口付近です。

おだやかな春の訪れを願って。

ページTOPへもどる

2017年1月11日 17:53

テーマ:
こんにちは、いかがお過ごしですか。

見に来ていただき、ありがとうございます!
少しばかり立て込んでおり、2月になったら更新したいと思っています。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。


手紙文化振興協会、代表、むらかみかずこ
ページTOPへもどる

2016年12月27日 16:12

ゆうびんサンタ、クリスマスカードいろいろ、雑誌『SALUS』掲載、講座の様子など。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
いよいよ年の瀬が押し迫ってきました。毎日があっという間に過ぎていきます。

さて、ほとんど話題になっていないのも気になるところですが、はがきの切手代が62円になるようですね。年間1000枚とすると、1年間で1万円。
郵便配達員さんへの感謝です、けれども、ね。「値上げ」という言葉には、どうしてもダメージがともないます。
新たな10円切手が出てくれることを願います。


■ クリスマスのときのエントランスの飾りです。ツリー型したカードも3種。今年はこれまでで一番多く、クリスマスカードをいただきました。
当協会の講師たちから届くカードを眺めて、理事がひとこと、「みんな楽しそうだね!」と言っていました。うれしく感じました!
20161217.JPG

■ 中には、ゆうびんサンタも。こういうイラストがササッと描ける人になりたいですね。
20161227-1.JPG

■ 上のゆうびんサンタは、当協会の認定講師・大場敦子さんから届いたものです。大場さんが取材協力した雑誌『SALUS』が駅にたくさん並んでいました。東急電鉄が発行している東急沿線の情報誌です。
20161227-2.JPG
11月に出た雑誌『オズプラス』も手紙特集でしたね! こちらはご依頼をいただいたものの、事情によりお引き受けできず、残念でした。来年はもっともっと様々な媒体で手紙特集が増えることを願っています。


■ 当協会の新たな講師がまた2名、誕生しました。右は、マスターコンサルタントの青木多香子さん。右から2番目が、宮木悦子さん(神奈川県足柄上郡在住)、左から2番目が、田丸有子さん(東京都練馬区在住)。出会いに感謝しています。
20161227-3.JPG
20161227-5.JPG

今年も1年、ありがとうございます。どうか、よいお年をお迎えください。
20161227.JPG

ページTOPへもどる

2016年12月16日 17:20

フラワーアレンジメント切手、男性にも女性にも、クリスマスカード!、マキシマムカード、2017おしゃれなカレンダー、いいたて村広報誌掲載ほか。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
だんだん冬らしい寒さが戻ってきました。HAPPYな気持ちでクリスマス&新しい年を迎えたいものですね。

■ 12/9発売のグリーティング切手/フラワーアレンジメント。とても使いやすく、52円のほうは大量購入後の追加大量購入決定!
20161216-1.JPG
右側の52円切手は上半分を女性宛てに、下半分を男性宛てに。たぶん、そういう意図でデザインしたのでしょうね。・・と、ザイナーさんの心境を想像しながら使っています。
先日発売された冬のグリーティング切手とこの切手、今年のクリスマスカードは切手に大いに助けてもらいました! &まだまだ書いています!
20161216-2.JPG
■ こちらは受講生から届いた1枚です。ポストカードと切手と初日印(特殊な消印)の完璧なコーディネート!! ポストカードはウィリアム・モリスの花柄です。
20161216-12.JPG
20161216-11.JPG
上の写真のように、裏面(住所を書く面ではないほう)に切手を貼るときには、「切手は裏面に」と目立つように書くのがルールです。このポストカードには、下の消しゴムハンコのスタンプが捺してありました。
20161216-13.JPG

■ こちらはデザインフィル ミドリさんから届いたクリスマスカードです。ツリーのてっぺんのキラキラ星は付箋として使えるそうです。うれしいプチプレゼントでした。
20161216-3.jpg

■ 来年のカレンダー。当協会の封筒をお願いしている株式会社羽車さんからいただきました。例年、愛用しています。さすが、封筒もカードもおしゃれ!!
20161216-0.JPG

■ 福島県相馬郡飯舘村の広報誌に掲載していただきました。わたしにとって、手紙とは、いつも味方になってくれるもの、自分を支えてくれるもの、心を強くしてくれるもの。そういうお話をさせていただきました。
20161216-4.JPG

■ 今発売中の雑誌『オズマガジン』で「そえぶみはがき箋」を読者プレゼントしています。「そえぶみはがき箋」は古川紙工さんの商品です。むらかみかずこ監修。おかげさまで大好評! 
ほかに、文具のフリーペーパー『BUN2』、雑誌『パンプキン』でも読者プレゼント中です。お目に留まった際には、ぜひチェックしてみてください。
20161216-5.jpg

都心には犬の保育園なるものがありまして、、我が家のワンコも楽しく遊んでいます! メリークリスマス!!
201612shota.jpg

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました