プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2022年11月 4日 12:12

秋の花、つづき

20221031-5.jpg
マユハケオモト
花の姿が眉刷毛(マユハケ)に似て万年青(オモト)によく似た葉っぱをつけることから、この名がついたそうです。かわいらしくて個性的。独特ですね。


20221031-3.jpg
ホトトギス
花びらにある斑紋が鳥のホトトギスの胸の斑紋と似ていることから、この名がついたそうです。
ホトトギスの胸に斑紋があること自体、知りませんでした。むーん。


20221031-7.jpg
シュウメイギク(秋明菊)
よく見かけますね。菊らしからぬお顔だち。アネモネ科だそうです。


20221031-2.jpg
ノブドウ
緑、エメラルドグリーン、紫、水色...、お菓子みたい。


20221031-4.jpg
ロウヤガキ(老鴉柿)
実はプチトマトサイズ、親指の第一関節くらいの大きさです。漢字で書くと、老いた鴉の柿。なぜカラス? そこまで調べきれませんでした。不思議。


20221031-8.jpg
ビナンカヅラ(美男葛)
枝をつぶすか樹皮を剥いで水に浸しておくとねばねばした液が出てきて、昔はそれを整髪に用いたことから、この名がついたそうです。むずかしい!


20221104-1.jpg
ツワブキ

20221104-2.jpg
1本だけ見事に紅葉してました。空は青く雲は白い。最高の秋晴れ!


ページTOPへもどる

2022年11月 1日 15:09

ねこねこ

20221101.jpg
四季ねこねこ (C)Ai Yoshida 神無月(十月)「野点」

今日から11月、急に肌寒くなりました。
上のポストカード、神無月のカードですが、ぎりぎり10月中に送ってくれたのでしょう。今日届きました。すごくかわいい! よく見ると、猫の顔の表情がすべて異なります。

野点(のだて)とは屋外で楽しむお茶会のこと。初めて覚えた言葉です。たしかに、お茶を点てる、お点前などお茶は「点」の字とつながりが深いですね。


ページTOPへもどる

2022年10月31日 14:45

手紙の力

20221031.jpg
霊鷹 (足立美術館蔵)
白沙村荘 橋本関雪記念館


今日で10月おしまい。今年もあと2ヶ月、早いですね。

土曜日に一般社団法人手紙文化振興協会の講師総会を行いました。
毎回、総会に参加してくれている講師から、「今回が一番、温かい信頼関係が築けているような、そんな感じがしました」と言葉をもらいました。わたしも、そう思ってます。皆、幸せを感じる力が強いのです。それがすべて。それも、手紙の力です。

緊張感が抜けたせいか、ちょっと風邪気味? 免疫力の低下を本能的に察したのか、昨日の夜からやたらとお腹がすきます。すごい勢いで食べてます。

20221031-6.jpg
高台寺、ライトアップ
まだ紅葉前のため、空いてました。水面に映る様、幻想的ですね。


ページTOPへもどる

2022年10月28日 12:36

山粧う(やまよそおう)

20221020-3.jpg
京都市の北部、10日ほど前の写真です。この10日間でだいぶ紅葉がすすんだことでしょう。
秋、山が美しく色づくことを「山粧う(やまよそおう)」と言いますね。まさしく、きれいにお化粧した山を見に、紅葉狩りに出かけたいものです。

と、その前に、明日29日は一般社団法人手紙文化振興協会の講師総会!! 
年に一度、北海道から九州まで全国各地の講師たちが一同に集まります。この2年はオンラインでやっていたので、実に3年ぶりの開催。今日から続々と講師たちが京都入りしています。その準備もあり、今週はちょびっと時間に追われていました。

先ほど準備完了したので、あとは出たとこ勝負で楽しむのみ!!! 本当に嬉しい。満喫します。


ページTOPへもどる

2022年10月21日 15:28

秋うらら

テーマ:
20221021.jpg
(C)Takako.Y.Miyoshi
トライアングル

「秋麗(あきうらら/しゅうれい)」という言葉があります。「うららか」というと春の季語ですが、「秋うらら」というと、秋晴れのさわやかな気候で、心が落ち着いているさまを言います。

上のポストカードはまさしく「秋うらら」。オレンジ色のつぶつぶしたキンモクセイが輝いて見えるようです。


ページTOPへもどる
前の5件  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税