プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2022年9月 5日 18:34

黄色・黄金色の切手

20220823.jpg
美術の世界 シリーズ第4集
黄色・黄金の世界

8月3日発売の切手です。絵画と作者の名前だけでなく、所蔵している美術館の名前も記載されているので、実物を観てみたいなー! と好奇心が湧きますね。

左下から2番目、クリムトの「人生は戦いなり(黄金の騎士)」は愛知県美術館の所蔵品なのですね。まだ行ったことないです。その隣のモネの「黄色いアイリス」は上野の国立西洋美術館蔵。一生の間に一度でも実物を目にすることがあればいいなぁ。

これから季節がすすむにつれ、黄金色に目が留まる機会が増える気がします。イチョウの印象が強いせいでしょうか。
芸術の秋のはじまり。好奇心のアンテナがピッカピカに冴えわたりますように。


ページTOPへもどる

2022年8月22日 20:08

夏の思い出

テーマ:
IMG-5557.JPG
バンジージャンプ@茨城県、竜神大吊橋

IMG-5558.JPG
淡路島近海、イサキ

どちらも2019年だったかな...? 今年のものではありません。

わたしは10代後半から20代前半にかけて、半分引きこもり的な生活をしていたため、いわゆる青春時代にほとんど外遊びをしていないのです。友だちとキャンプに行ったり、海でサーフィンしたり、川でバーベキューしたり...。
さかのぼれば、子どもの頃にザリガニ釣りをしたり、カブトムシをつかまえたり、星の観察をしたり、焚火を囲んでキャンプファイヤーしたり...。そういう遊びをもっと夢中でしておきたかったなあ。

そのせいか、ここ2~3年、急に外遊びに憧れます。
今やりたいのはSUP、パラグライダー、スカイダイビング...。

それなりに仕事もやっているのですが、遊ぶことを考えるほうがはるかに楽しいですね。30代、40代はずっと仕事にばかり時間と労力を費やしてきたので、そんなあたりまえのことにすら気づかずにいました。恐ろしいことに、ほんとうに気づかなかったのです。
むろん、それらの遊びはすべてこれからの仕事や人生に活かしたいと思っています。

日々を大切に。体に気をつけて、元気に笑顔で過ごしたいです。


ページTOPへもどる

2022年8月15日 11:13

終戦の日

20220815.jpg
歌川広重 江戸名所百景「利根川ばらばらまつ」

上の絵の右部分の黒く見えるところ、「これはいったいなんだろう?」と調べてみたら、投網だそうです。ここでいう利根川とは、今でいう江戸川の浦安界隈。印象的ですね!


今日は8月15日、終戦の日。
広島、長崎、沖縄、真珠湾、真珠湾、南方、シベリア抑留、特攻...... たくさんのパワーワードがある中、歴史には名を刻まれない、どこにでもある市井の暮らしにおいても、戦争によって大きく人生が変わってしまった人や家族が大勢います。わがご先祖様もそうです。出征したとか、しないとか。それだけじゃない、本当にどこにいても、子どもでも大人でも、だれにとってもみなが戦争によってとてつもなく深く傷つき、その傷を抱えたまま鬼籍に入ったり、親になったり...。戦争による負の影響は計り知れないです。

思いを馳せると、ちゃんと生きていかなきゃいけないな、という気持ちが湧いてきます。
ちゃんと、ってよくわからないけれど。でも、わからないし、むずかしいなりにも、何かひとつでも、今日、だれかのために、自分のために、よいことをしていきたいなと思います。


ページTOPへもどる

2022年8月10日 13:42

庭園

20220810.jpg
京都 大河内山荘庭園

8月は戦争について考える月。
しばらくぶりに、お墓参りに行きたい気持ちが高まってます。伊豆なので、ちょっと遠いのですが。足を延ばして行ってこようかな。


ページTOPへもどる

2022年8月 8日 11:17

風鈴

20220808.jpg
ホワイトベース

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がおもしろくて、毎週楽しみに観ています。
特に好きなのは宮沢りえ、小池栄子、宮澤エマの母・娘2人。母/宮沢りえのわるい顔が最高に好き。わるい顔、わるい目...、それでいて可愛らしさもあるし、すごいです。「夫の立身出世のためなら悪にでもなる」という覚悟は、わたしは到底、持ち合わせていませんが、自分とはかけ離れているからこそ、惹かれるものはありますね。
小池栄子の毅然としているところやコミカルなところ、宮澤エマの別れの場面もすごく・すごく好きでした!


ページTOPへもどる
前の5件  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税