プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2021年12月 1日 16:05

世界の切手が買える「スタマガネット」

20211201-1.jpg
(C)Yuri Tanabe ,(C)Akiko Hoshino
EASE PRODUCTS

12月はクリスマスカードです!!


公益財団法人日本郵趣協会さんから来年のカレンダーが届きました。ありがとうございます。世界の猫切手カレンダーです。
20211201-2.jpg日本郵趣協会さんは東京・目白の切手の博物館のほか、スタマガネットという切手のオンライン通販サイトを運営していらっしゃいます。
拙著で「切手の購入法」としてスタマガネットをご紹介させてもらったことがあり、毎月のように郵便がらみのお知らせを送ってくださいます。
スタマガネット:https://www.yushu.co.jp/shop/

日本の切手はもちろん、世界各国の切手を眺めるのも楽しい時間です。
数が膨大にあるので、好きなものを探してみるといいですね。たとえば、音楽にちなむものとか、絵画にちなみむのとか。音楽・絵画だけだと範囲が広すぎるかもしれませんので、たとえば好きな音楽家や画家の切手とか。

試しにルノワールの切手を検索してみたら、フランス、トーゴ、サントメプリンシペ、ニウエ、そして日本の切手が12件もヒットしました。@ニウエという国、初めて知りました。すごいなぁ...。

切手は親指サイズの小さなアートです。自然、風景、人物、歴史、建造物、食べ物、花、植物、鳥、天文、音楽、美術、芸能、スポーツ、アニメ...、ないものはないくらい幅広いジャンルに及ぶため、永遠に好奇心が刺激されます。楽しいです。


ページTOPへもどる

2021年11月30日 16:07

スウェーデンのクリスマスカード

20211130.jpg
スウェーデンのクリスマスカードです
(C)AB Pictura Original:Lisi Martin


仕事仲間と「旅といえば、ハプニングが起きて困ったことばかり記憶に残っている」という話になりました。たしかにそうかもしれません。食べたもの、目にしたもの、楽しかったこと、美しいと感じたことも思い出せますが、焦って冷や汗をかいたこと、痛かったこと、心臓がバクバクしたことなど、よく覚えています。

ひるがえって、人の一生も同じことが言えますね。喜びや楽しいことばかりではない、喜怒哀楽のすべてが存分にあるからこそ、味わい深い、豊かな人生と言えるのでしょう。また、喜びや楽しいことが数多くあるからこそ、怒りや哀しみも深く感じられるのだと思います。

先日から、まとまった数の手紙を読ませていただいています。
テーマは同じ、文字数も同じ。にもかかわらず、思わず涙がこみあげてくる泣ける手紙もあれば、あっさりと「はい、次」となる手紙もあります。それは文章力の違いではないですね。わたしの場合、きれいごとだけでない、憎しみ、怒り、悔いや哀しみ、それらの感情を経た先にある「気づき」や「赦し」に対して、いつも心が動きます。

手紙を通して、その書き手の人生の一部分を味わわせていただけているような気持ちになります。



ページTOPへもどる

2021年11月29日 11:22

ペリカン社のロイヤルブルーインク

20211129-1.jpg
ペリカンの4001 ロイヤルブルー、瓶の底が見えました。

大好きなインクです。いろんなメーカーのブルーインクを買い揃えた時期もありましたが、やっぱりわたしはペリカン社のこの色に落ち着きます。
写真のものは、今は売られていない昔のラベルですね。本当はこのラベルより一つ前の白っぽいラベルが一番好きでした。今はもう買えないのでしょう。

かつて、ペリカン社の4001ロイヤルブルーの美しさについてなら2時間は語れる!と思っていたときがありました。たぶん、今も語れます。写真のペリカン社の赤い万年筆とともにもう15年、使い続けていますが、毎日見ても飽きません。


20211129-2.jpg
嬉しいお手紙。
ありがとうございます!


ページTOPへもどる

2021年11月24日 15:06

2021冬のグリーティング

20211124-2.jpg
11/19発売、冬のフリーティング切手

今年のデザインは大人っぽいですね! 箔押し。キラキラ。貼ると、わりとシンプルです。
ひと昔前と比較すると、だいぶサイズが小さくなりましたね。


20211124-1.jpg
ホールマークのものです。
ここ数年、自分の書く字がどんどん大きくなっていて、一筆箋以上に小型便箋のほうが使いやすく感じています。一筆箋と同じように、伝えたいことを短く3~5行程度にまとめて書いて使っています。

これからの時季は指先がかじかみやすいので、手を温めてからペンを持つといいですね。


ページTOPへもどる

2021年11月22日 09:55

紅葉の穴場・鹿王院

テーマ:手紙空間
20211122-4.jpg
20211122-6.jpg
20211122-5.jpg
20211122-3.jpg
20211122-1.jpg
20211122-2.jpg
紅葉の穴場、鹿王院
週末の京都・嵐山嵯峨野はものすごい人出でした。外国人も少し戻っているようですね。

あっという間に11月後半。今年の振り返りにはまだ早いけれど、なんだかんだと盛りだくさんの一年でした。あと1か月ちょっと、仕事に趣味に遊びに生活に、毎日楽しく元気に笑顔で過ごします。


ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税