プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2022年6月17日 14:59

金魚つながり

20220617-1.jpg
鳩居堂 金魚

20220617-2.jpg
葉小舟堂 「初夏の庭先」

20220617-3.jpg
ホワイトベース 金魚柄の風鈴

昨日からの流れで金魚つながりでした。


20220617.jpg
ワンコの顔より大きなユリの花。人の顔より大きいかもしれません。
茎1本で花3輪、支えています。すごい生命力。重そうです。


ページTOPへもどる

2022年6月16日 17:03

歌川派のふたり、広重と国芳

テーマ:メディア掲載
20220616-2.jpg
歌川広重 名所江戸百景「大はしあたけの夕立」
奈良県立美術館蔵

わたしが住む京都では、この6月、徐々に湿り気を感じつつある中、雨らしい雨はまだあまり降っていません。
上の広重の描く雨はざぁざぁ降り。突然の夕立に遭い、逃げるように走る人の姿が見えますね。
浮世絵(彫り)で雨を表現するのは大変なことでしょう...。昔の人の職人芸って、建築でも、仏像でも、絵画でも、見ていてちっとも飽きませんし、すごいなぁ、、と感心するばかりです。


20220616-1.jpg
歌川国芳 金魚づくし「さらいとんび」
東京国立博物館蔵

同じ歌川派の国芳。広重と国芳はほぼ同じ時期(江戸時代の末期)に活躍した絵師です。画風がぜんぜんかぶらないので、同じ時期と言われてもピンときませんね。

二人はどういう関係だったのかな。当然、顔見知りだったと思いますが、性格もやはりぜんぜん違ったのかな。生真面目な職人気質の広重と、遊び人風の大らかな国芳...。
何も知らずに勝手なことばかり書いてます、すみません。。でも、想像するのは自由ですし、楽しいですね!

上の「さらいとんび」、ユーモラスで可愛い! よく見ると、おじいちゃん?の金魚もいるし、おんぶされている赤ちゃん金魚もいます。
「トンビに油揚げをさらわれる」とは大切にしていたものを不意に横取りされ、茫然とすることを言うことざわですが、この時代にすでにあったのですね。そういうのも、おもしろいなぁ。


本日6月16日(木)18:10~
ニュース情報番組「ゆう6かがわ」(NHK総合・香川県域)で、父の日の手紙について取材協力させてもらいました。ちらっとフリップで出るようです。


■神戸新聞社「まいどなニュース」
https://maidonanews.jp/article/14640278

■Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/5539d12d5c1303124e4dbbcec53201d9c9ab8203

当協会の講師:西川侑希先生が取材協力したものです。すごいですー!!



ページTOPへもどる

2022年6月13日 13:53

タラヨウ、多羅葉、ハガキノキ

20220613-1.jpg
協会の講師から届きました。タラヨウの葉っぱにガラスペンで書いたそうです。

タラヨウは漢字で書くと「多羅葉」、別名ハガキノキ。葉に圧力をかけると、その圧力をかけた部分が黒く変色して文字が書けることから、この名がついたといいます。

花言葉は「伝えたい言葉」
自転車で30分くらい行ったところに植物園があり、その入り口に大きなタラヨウの樹があります。ちょうどこの時季(6月)に花が咲くのだそうで、見に行きたいと思っていました。

花のこと、植物のこと、もっとちゃんと知りたいです。
とりわけ樹木はどれも同じように見えてしまい、むずかしいですけれど、一つずつ覚えていきたいです。


20220613-2.jpg
拙著『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』(PHP研究所刊)、12刷となりました。
20代~70・80代まで、幅広い年代の方からよいお声をいただきます。ほんとに、嬉しいです。

ありがとうございます。









ページTOPへもどる

2022年6月 9日 12:09

世界に一つ、葉っぱの切り絵

20220609.jpg
葉っぱ切り絵アーティスト リトさんの作品
離れていても伝えたい

ずっと見ていたくなりますね。
ウサギの目の小ささ、糸電話の線の細さ、テントウムシの触角、ハートマークにひとつだけウサギさんが紛れているところ...。幸せな気持ちになります。すごいですね。


夕べ自宅から歩いて5分くらいのところに流れている小川でホタルを見ました。ポワン、ポワンとあちこちで宙を舞っていました。たぶん人生で二度目のホタル狩り。今年はまだまだギリギリまで楽しむつもりです。


ページTOPへもどる

2022年6月 8日 14:52

お昼寝...

20220608-1.jpg
(C)Kazuaki Yamada

ブログの更新、さぼりがちです。はぁ、よくない!! 
何かと気持ちがあわただしかったのですが、落ち着いてきました。


20220608-3.jpg
(C)Yasuda Naomi
ツバメの季節ですね!


20220608-2.jpg
堀文子 「畑の胡瓜」

夏野菜が出回る時季となりました。
わたしはトマトが大好き。ほかにズッキーニも好きです。子どもの頃は見たことなかった野菜ですが、最近は緑だけでなく、黄色いものもよく見かけますね。

こないだ露店の八百屋さんで黄色いズッキーニを買い求めました。たくさん並んでいる中から「ここぞ」とばかりに一番大きなものを選んだのですが、実はズッキーニは小ぶりのほうが美味しいそうですね。買った後に知りました。はは、なんでも大きけりゃいいってものじゃないのね。


ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税