プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2022年11月28日 16:30

ワビスケ

20221128-2.jpg
ワビスケ
(R)UNSODO.Inc. 芸艸堂

この美しさで、いまどき1枚110円! へぇー!


ページTOPへもどる

2022年11月25日 17:22

収穫の思い出

20221124-3.jpg
20221124-2.jpg
ある秋の日の光景。知人のお宅で野菜を山ほど収穫させていただき、お庭にイスとテーブルを並べてポトフをつくり、ビールとワインとパンで乾杯。総勢8名。なんとも贅沢な時間でした。

上の写真に写っている野菜は8等分しておのおの自宅に持ち帰りました。ほかに柿と柚子も。両手が千切れそうになる重さ。帰宅して一心不乱に仕分け、料理しました。

・レタス →ツナと塩昆布でサラダに
・ほうれんそう →胡麻和えに
・水菜 →友人宅2軒におすそ分け。残りはバルサミコとナッツでサラダに
・小松菜 →友人宅2軒におすそ分け
・ちび大根 →大根葉をジャコと醤油でふりかけに。フライパンで3回分。友人宅に少しおすそ分け。残りの大根葉と大根は豚ばらと煮つけに
・ラディッシュ →友人宅2軒におすそ分け。残りは甘酢漬けに
・ねぎ →ぬたに
・さつまいも →友人宅2軒におすそ分け。残りはまだまだ
・ミント →ハーブティに

一通りすべておいしくいただける目途がたち、ドッと脱力...。やりきった感。


この秋は新たな趣味をはじめたため、関わる人が増え、はじめましての人と会話する機会が多くあります。
わたしの場合、これまでほとんど仕事一辺倒でやってきたせいか、仕事の場面だとここ数年は教える側にいることのほうが圧倒的に多かったと思うのですが、新しい趣味の場面ではすべて教わる側にいます。それが心地よくて、嬉しいです。

「それはなんですか?」「どうやるんですか?」「どうしてですか?」「わからないです」「初めて知りました」「なんでわかるんですか!?」「へぇー!」「そうなんですかー!」
そんな言葉ばかり口から出てきます。


ページTOPへもどる

2022年11月24日 19:54

赤い実ぞくぞく

20221124-9.jpg
マユミ
写真がよくないですが、ハッと目が留まるかわいらしさ。名前も印象的ですね。果実は昼間開いて、夜閉じるのだそうです。


20221124-8.jpg
タマサンゴ/フユサンゴ (ナス科)
プチトマトを一回り小さくしたくらいのサイズです。あまり目立たないため、見つけたときの喜びは大!!


20221124-5.jpg
クチナシの実
乾燥させたものが料理に使われます。花とは異なり、香りはほとんど感じられません。


20221124-7.jpg
ツリバナ
釣られるようにぶら下がっていることから、ツリバナというそうです。
通りがかりのお宅の庭木のため、あまりジロジロ見るのははばかれますが、それでもじっくり観察したく......。飾り物みたいですね。クリスマスツリーにも合いそうです。


この秋は束の間の赤い実探しが楽しくて! どれも自宅近く、しょっちゅう歩いている道にあるのに昨年までぜんぜん気づきませんでした。おかげで、毎日のワンコの散歩時間が、昨秋の何倍も充実しています。


ページTOPへもどる

2022年11月21日 16:03

秋のいろいろ

20221118-4.jpg
赤、オレンジ、茶、緑... 1本の樹です。不思議ですね、とても綺麗!

20221118-2.jpg
本格的なシーリングスタンプで届きました。


20221118-3.jpg
尼崎南塚口郵便局の風景印
切手が封筒の下のほうに貼ってありますね。


20221118-1.jpg
タチバナモドキ


20221114-3.jpg
ナニワイバラの実


20221121.jpg
週末は山歩き!



ページTOPへもどる

2022年11月16日 16:01

年賀状じまい、いつ送る?

テーマ:メディア掲載
20221114-2.jpg
ヒメザクロ(姫柘榴)

20221114-1.jpg
ヒサカキ(姫榊)

ザクロより小さいからヒメザクロ、サカキより(葉が)小さいからヒサカキ。おつですね。日本語はどこまでも奥深く、興味がつきません。


ここ数年、終活の一つとして「年賀状じまい/終活年賀状」というワードが広く知られるようになりました。
「今年で年賀状を最後にします」と知らせる年賀状じまい。必ず送らなければいけないものではありませんが、何も知らせずに辞めて「一体どうしたんだろう?」「何かあったのだろうか?」と気を揉ませてしまうとしたら、本意ではないですね。

しかしながら、いざ送るとなると、様々な悩みが生じるようです。

■いつ送るか? 送るタイミング

1. 年内に送る(11月初旬~12月半ば)
多くの人が年賀状を書き始める前に送ると、親切です。その際は年賀状ではなく、印刷会社のひな形や、市販のハガキやポストカードを使って送りましょう。

2. 年賀状にひと言添えて送る(正月)
例年どおり年賀状を送り、その年の年賀状をもって最後にしたい旨を書き添えます。辞退する理由は触れても触れなくても、どちらでもかまいません。「終活の一つとして」「寄る年波には勝てず」などとすると、納得感があると思います。

3. 松の内が明けてから送る(1月8日以降)
新年に年賀状を送らなかったことを詫びるとともに、来年以降は辞退する旨を書き添えて送りましょう。冬の寒い時季に健康を気づかう「寒中見舞い申し上げます」という一文から書き始めるとスマートです。

辞めるか続けるかにとらわれるのではなく、今後、相手との関係をどうしたいか、どのようにつながっていきたいかを考え、「これからは電話で連絡しますね」と書き添えたり、LINE等のQRコードを掲載しておく方法もあります。

福岡のテレビ局RKBテレビの夕方の情報番組「タダイマ!」に、手紙文化振興協会の講師、手紙の書き方コンサルタント 田中美和講師がリモート出演しました! 年賀状じまいについてお話ししました。



ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税