プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2022年10月20日 15:43

言語化する

20221020-5.jpg
鳩居堂


雑誌で次の記事を読んだことがあります。

ある会社の社長さんが、知人の借金の連帯保証人になったことから、4000万円もの借金を背負うことになりました。その社長さんは数年かけて見事にその借金を完済したものの、ことあるごとに「あいつのせいで」「あの4000万円があれば、どんなにラクだったか」と悔しい気持ちを引きずっていました。

そうした中、縁あって出会ったメンターから「その相手を『許す』手紙を書きなさい」と言われました。その社長さんは「なぜだ!? 相手からありがとうの手紙があって当然のところ、なぜ自分が!?」と容易には受け入れ難かったといいます。
しかしながら、理不尽さと同時に、どこか胸に響くものもあったのでしょう。その社長さんは2カ月かけて次の手紙を書き上げました。

拝啓 あなたの残してくれた借金4000万円は完済しました。私も窮地のときがあり、あなた様にやるせない気持ちの矛先を向けてしまいましたが、~中略~、胸の内に残っていたあなたを責める気持ちはいつしか消えていることに気づきました。皆様のご多幸をご祈念申し上げます。敬具

この手紙を書いたとき、実際には、まだ心にわだかまりが残っていたと言います。本心では許せていなかったと。
しかしながら、どうしたことでしょう...! 許すという内容の手紙を書き上げたことで、いつの間にか心の中から憎しみが消えていることに気づいたといいます。無理やりにでも言葉を書き出したことで、しだいに心の中にあったこだわりも消え去ったということでしょうか......。

こうした話は、ともするとスピリチュアル色が強く受け取られやすいため、中には好きじゃないと感じる人もいると思うのですが、わたしは、非常に共感します。

上の記事を読んだのはもう何か月も前なのですが、ここ数日、何度もこの話が頭の中に浮かんでは消え、消えては浮かぶので、あらためてバックナンバーを探して読み直してみました。

なんといいますか、すごくよかったです。
そして、わたしも書いてみました。それも、すごくよかったです。


20221020-2.jpg
琵琶湖でSUPしました!



ページTOPへもどる

2022年10月17日 13:13

花の名前の覚え方

20221017-5.jpg
文化財に登録されているお宅の庭の酔芙蓉
午後3時過ぎくらい。もうかなり赤いですね。

20221017-3.jpg
そのお宅から眺めた秋空
ススキが輝いて見えました。

20221017-1.jpg
ステンドグラスが印象的、ヴォーリズ建築

20221017-4.jpg
ペチュニア

20221017-2.jpg
ルドベキア タカオ

20221017-7.jpg
ユーバトリウム チョコラータ


スマホのアプリを使って花の名前を検索しています。くわしい人がすぐに教えてくれるのでとても助かる一方で、頭を使わないせいか、ぜんぜん覚えられません...。
よいのか、わるいのか。

以前、母から聞いた話ですが、母世代の人はその昔、昭和40年代・50年代くらいまででしょうか、花の写真を撮ったらお店に頼んで写真を現像し、それをもって図書館に行って図鑑を参考に名前を調べ、写真の裏にいろいろその花の情報を書き込み、それをもとにアルバムをつくって何度も眺めて...というアナログな作業を繰り返していたそうです。
だから、花の名前でもなんでも、よく知っているのでしょうね。

わたしはかつて花の名前と咲く時季を切手で覚えていましたが、それこそ化石時代の人みたい?!    いえ、切手で覚えるのはよい方法だと思います!

今日は雨降りの月曜日、ひと雨ごとに秋の深まりを感じる頃になりました。




ページTOPへもどる

2022年10月14日 10:04

「素敵なあの人」12月号

テーマ:メディア掲載
20221014-3.jpg
20221014--2.jpg
雑誌『素敵なあの人』12月号(宝島社刊)、一筆箋活用術ページの監修をしました。

特別付録の一筆箋とボールペンのセット、SOU・SOU×高山寺(鳥獣戯画)のコラボです!!! 実際に手にとると、上の写真で見るよりずっと洗練された印象で、すごく素敵です。おすすめ!!!


ページTOPへもどる

2022年10月12日 19:54

胸いっぱい

2022panfu.jpg
今月、一般社団法人手紙文化振興協会が第10期を迎えたこともあり、これを機にパンフレットを新しくしました。
講師たちが各地で講座を開催したり、メディアに大きく取り上げていただいたり、講師たちの活動の幅が地道に確実に広がっています。

刷り上がったパンフレットを講師宅に送るにあたり、一人ひとりに手紙を書いて添えています。すると、自然と感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。今日は朝からずっとそうして過ごしていたので、幸せを感じる一日でした。

あと二日で週末!!!

ページTOPへもどる

2022年10月11日 13:20

秋らしきもの

テーマ:
20221011-3.jpg
お祭りのお神輿と出くわしました。担ぎ手の皆さん、休憩中。宮司さんもお馬さんも休憩中。


20221007-2.jpg
ルリマツリ

20221007-4.jpg
シロミノコムラサキ

20221007-3.jpg
デュランタタカラヅカ


20221011-4.jpg
この蝶はなんという種類・名前なのか...?
山歩きの終盤、里山を歩いていたときに見つけました。


ページTOPへもどる
前の5件  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税