プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2021年11月 5日 11:14

木守柿

20211105-2.jpg
濱文様 絵てぬぐい「柿の木と小鳥」

「木守柿(きもりがき)」という言葉があります。
柿は収穫するとき、すべてをとってしまわないで、木の先端のほうに少しだけ残しておく風習があります。理由は鳥にあげるため、来年の豊作を願うため、神様に捧げるためなど様々あるようで、その残された柿の実のことを「木守柿」といいます。

印象に残る、よい言葉ですね。
わたしは先日初めてこの言葉を知りました。そして、この言葉を知った数日後、京都の嵯峨を歩いているとき、何気なく見上げた木のてっぺんに1個だけ残された柿の実を見つけました。「あ! あれだ!」と、なんともいえない喜びがこみ上げてきました。

言葉を知ったからこそ、気づけた喜びです。
遅れないよう歩いていたときだったので写真を撮れませんでしたが、記憶の中にしっかりと残っています。

言葉を知ると、気づけることが増えますね。そう実感した出来事でした。



ページTOPへもどる

2021年11月 2日 10:31

むかしの国名、心を亡くすこと

20211102.jpg
中国の若い女の子からもらったというポストカード
おもしろいですね!

「忙しい」という言葉が好きではありません。「心」を「亡くす」と書くからですね。ちょっとしたことですが、そうした状態を表したいときには「あわただしい」と言ったり書いたりします。同じように「多忙」ではなく「多用」をつかいます。仕方ないときは平仮名で「いそがしい」と書きます。

多少あわただしくて体につかれがたまったとしても、それが自分のやりたいこと・自分らしいことに対してなら、ぜんぜん問題ないですね。むしろ、楽しい!ワクワク!の連続ですし、仮に問題が生じたとしてもノリノリで解消していけるものです。
ただ、自分の持ち味とは違うこと・苦手なことをやらなければいけないときには、がんばり過ぎると、途端に、心を亡くしてしまいそうになります。
はぁ。。何はともあれ、目の前にニンジンをぶらさげて乗り切ります。

手紙文化振興協会の講師2名が、NHK Eテレ「人生レシピ」に出演しました! 二人で30分くらい画面に映っていました。司会の賀来千香子さん、ゲストの壇蜜さんのコメントが的確で、かつ温かくて、さすがすばらしかったです。
何しろ、堂々とのびのび自分を表現している二人の様子を画面越しに見て、わたしはなぜか照れて頬が真っ赤になっていました。

今週4日(木)午前11時~、再放送があります!
https://www.nhk.jp/p/jinsei-recipe/ts/9297GZL6PP/

30日は手紙文化振興協会の講師たちが一年に一度、顔を合わせて集う講師会を行いました。今年は昨年に続きオンラインでの開催となりました。ゲストに作家・山下景子さんをお招きしました。
講師の皆の存在が励みなのです。



ページTOPへもどる

2021年10月28日 13:07

TV出演のお知らせ、映画「ヴァイトレット・エヴァーガーデン」

テーマ:メディア掲載
明日(10/29・金)夜8時~、
NHK Eテレ「人生レシピ」に手紙文化振興協会の斉藤智恵先生と田丸有子先生が出演します。
https://www.nhk.jp/p/jinsei-recipe/ts/9297GZL6PP/

ご興味ありましたら、ぜひ。
わたしは本当に楽しみでワクワク...が止まりません!

さらに、その後9時~、
日本テレビ「金曜ロードショー」にて、映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が放映されます。
https://kinro.ntv.co.jp/

「手紙」が物語のカギになった、心温まる、泣ける映画だそうですね。数年前に痛ましい事件があった「京アニ」の作品というこもあり、メディアでかなり話題になっているようです。
わたしはアニメに疎いのですが、これは観ねばなりませぬ!
ページTOPへもどる

2021年10月22日 17:28

かぼちゃ、雑誌連載、NHK Eテレ出演!!

20211022-1.jpg
ホワイトベース

夕べかぼちゃのポタージュを作ったら、びっくりするほど美味しくできました。ミキサーがないのでポタージュは作れないと思い込んでいたのですが、ヘラで何度もかき混ぜることをいとわなければ、意外と簡単にできるのですね。

「思い込み」で損をすることって、たくさんありますねー。


20211022.jpg
雑誌『新世』の連載が今号で最後になりました。2年間、連載させていただきました。
書き方のコツなどノウハウを書くのはわりと簡単(というか、スムーズ)なのですが、胸の内を言葉にして表現するのはむずかしいです。
話すよりはるかにラクですが、「読む人にとってどうなんだろう?」と悪いほうに想像しだすと、思考がフリーズして何も書けなくなったりします。

「こころ豊かに生きる」というのがテーマの雑誌なので、毎回、わたしなりにがんばって向き合ってきました。
最終号の原稿は書いているうちに涙が止まらず。今日届いた見本誌を読み、また涙が止まらず...。
悲しいのではなく、癒しの涙です。

ありがたいことです。やりきった感でいっぱい! 飲みに行くのだ! 


来週29日(金)夜8時~、NHK Eテレ「人生レシピ」に手紙文化振興協会の講師が2名、出演します!!!
ワクワク!!! ぜひご覧ください。よろしくお願いします!!!


ページTOPへもどる

2021年10月21日 09:17

鬼瓦、言葉と野菜

20211021-1.jpg
奈良・法隆寺の塔頭(たっちゅう)

一月ほど前、京都の相国寺を訪れた際、「一風変わった鬼瓦を探せ! 見つけた人には粗品をプレゼント」という企画をやっていました。あらそ、じゃ、見つけましょ。とあちこち探したものの見つけられず、近くにいた警備員さんに「どこですか?」と聞いて教えてもらったことがありました。

それ以来、やけに鬼瓦に目が留まるようになりました。
鬼瓦には厄除け、魔除けの意味があり、その家や寺院を自然災害・疫病等から守るために設置されたと言われています。
中には鬼の表情がユニークだったり、東西南北の向いている方向によって異なる表情をしているなど、様々あるようですね。陰陽道に基づいているのでしょうか。

今まで興味のなかったことでも、ふとしたきっかけで、自然と目が向いたり気づけることがありますね。
花でも、ある一つの花の名前を覚えた途端、その花ばかり目に留まるようなことがあります。

言葉も同じで、言葉の意味や由来を知ると、自然とその言葉を使ってみたくなります。
とりわけ日本語には四季を表す情感豊かな言葉が多くありますから、そうしたよい言葉をもっともっとたくさん知って、気障に構えるのではなく、ふだんのわたしらしく、大いに使っていきたいです。
そんなことを思いました!


20211021-2.jpg
協会の講師から、家庭菜園で採れた野菜が届きました!
封筒のデザインがめちゃめちゃ可愛らしいですね。添えられた手紙の一文「わたしはどうして食べるものすべてが美味しいのか...」に笑いました。幸せ以外の何物でもない。わたしも、幸せな気持ちになりました。

一人では食べきれないので、料理して配るかどうするか...。
やることやって、今夜は一人料理大会だ!



ページTOPへもどる
前の5件  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税