プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2020年5月15日 10:03

ひょうたんモチーフ、歌川広重「両国花火」

20200512-1.jpg
サクライカード

・ひょうたんモチーフは珍しい
・ひょたんはラッキーアイテム/悪い気を吸い取り、健康を促進する意味があるそうです
・涼し気な色合いが夏の便りに似合う
・マキシマムカードづくりに使えそうな
・印刷がきれいな



20200512-3.jpg
どこかの美術館で買いました
歌川広重(1797-1858)「名所江戸百景 両国花火」

・これぞ広重、という感じ。黒が美しい
・江戸の夏の象徴
・屋根船に集う人たちの声が聴こえてくるような
・タイムスリップしてこの場にいたくなる


今朝はモバイルオーダーで朝マック(テイクアウト)しました。初めての経験♪ ちょっとドキドキして楽しかったです。

わたしは車に乗らない家庭で育ったので、大人になってからもしばらくマックのドライブスルーにときめいていました・笑
慣れている人にとっては全然たいしたことではなくても、そういうのって、ありますよね。

この時期、小さなウキウキや楽しみを積み重ねて過ごすしかない、と思います。


20200515-2.jpg
ユリの花を買いました。
変な表現ですが、今、信じられないほど花が安くて、「え??」と二度見して、慌てて買いました。

みんな大変。どこも大変。

しっかり生きなくちゃ。




自宅で学べる通信講座、
気持ちが伝わる言葉や文章の書き方を学べます。

■通信講座『手紙の書き方講座(入門編)』  
http://www.tegami.or.jp/lecture/class2/  
■通信講座『手紙の書き方講座(上級編)』
https://www.tegami.or.jp/lecture/class1/
■通信講座『仕事で差がつく!メール・文章の書き方講座』
https://www.tegami.or.jp/business/writing.html
■通信講座『仕事で差がつく!実用美文字・美手紙講座』
https://www.tegami.or.jp/business/bimoji.html

「ふとした折にこれからもずっと読み返します」
「心あたたまるメッセージに感激しました」
「添削が戻ってくるのが、毎回待ち遠しかった」

●講演・研修のご依頼はこちらから
info★★tegami.or.jp (★★を@に変換してください)
ページTOPへもどる

2020年5月14日 14:16

読売新聞2020.5.9朝刊に記事掲載

読売2020.5.9.jpg
2020.5.9(土)、読売新聞朝刊(関西、中国、四国版)、取材を受け、記事を掲載していただきました。




一般社団法人手紙文化振興協会では、通信講座の受講生に「なかなか人と会えない今、手紙を送りませんか」と呼びかけ、代表・認定講師の直筆メッセージを添え、ポストカードを2枚ずつ進呈するという取り組みを行っています。

20200514-1.jpg
早速、お礼の手紙やお返しのポストカード/手作りメモノートなど、温かいお気持ちを受け取っています。メールでも受け取っています。
ありがとうございます。


郵便受けに手書きの手紙を見つけたときの喜びは特別です。沈んでいた気持ちが一気に華やぎます。
長い手紙を書くのは億劫に感じるときもありますが、手書きの手紙を受け取る機会が減った今、ハガキ一枚、ほんの数行でも十分です。

これからの季節は紫陽花、朝顔、清涼感のあるビール、アイスクリーム、虹、花火などの絵柄を選ぶと、受け取る相手のみならず、書く人の気持ちも軽やかになるでしょう。

本文では、互いの健康を気づかう言葉のほか、「あの日、鎌倉で見た紫陽花を思い出します」「また一緒に夏山に登りましょう」などと共に過ごした思い出に触れると、一層心が近づく一通になります。



自宅で学べる通信講座、
気持ちが伝わる言葉や文章の書き方を学べます。

■通信講座『手紙の書き方講座(入門編)』  
http://www.tegami.or.jp/lecture/class2/  
■通信講座『手紙の書き方講座(上級編)』
https://www.tegami.or.jp/lecture/class1/
■通信講座『仕事で差がつく!メール・文章の書き方講座』
https://www.tegami.or.jp/business/writing.html
■通信講座『実用美文字・美手紙講座』
https://www.tegami.or.jp/business/bimoji.html

「添削が戻ってくるのが、毎回待ち遠しかった」
「ふとした折にこれからもずっと読み返します」
「心あたたまるメッセージに感激しました」

●講演・研修のご依頼はこちらから
 info★★tegami.or.jp (★★を@に変換してください)



ページTOPへもどる

2020年5月13日 17:37

アマビエ様のカードが届きました!

アマビエのポストカードが届きました!

20200513-2.jpg
Makky presented by MASAKO

・目がくぎ付けになる!!
・キラキラして、良いことが起こりそう
・額縁に入っているかのようなデザインがおもしろい
・今が旬、今こそ使いたい

・よくわからないけれど、なんだかご利益がありそうな
・しばらく飾っておきます
・アマビエが草間彌生さんのようにも見える



20200513-1.jpg
新緑がキラキラしています。
写真は、箱根空木(はこねうつぎ)の花。花の色が白からピンクになり、だんだん赤紫に変化していくのだそうです。
隣で同じように写真を撮っていたマダムから教えていただきました。おもしろいですね。

ページTOPへもどる

2020年5月12日 10:34

平常心を保つワーク(5/12)、大相撲切手

平常心を保つワーク

「〇〇なカードですね」に当てはまる言葉を書き出します。


20200512-2.jpg
ホワイトベース

・この場所に活きたくなる
・深呼吸したくなる
・秋の空が気持ちいい
・黄色い電車に子どもの頃を思い出す
・のどかな景色にホッとする




20200512-0.jpg
久しぶりに切手を買いました。
日本の伝統・文化シリーズ第3集<大相撲>。

今年は切手の当たり年?! この4・5月は特に魅力的な切手が続々と販売されていますが、郵便局は今、混んでいますよね。外まで伸びる列に並ぶのは気が引けていたのですが、昨日はタイミングよく空いていて買えました。

新着切手のデザインは日本郵便のHPで確認できます。
大相撲切手の63円、ユーモアがあってすごく好き!! 和テイストのハガキに合わせやすそうです。


普通切手はコンビニや、大きめのスーパーのサービスカウンターでも買えるところがあります。

ハガキは63円、封書は84円。机の中から出てきた昔の50円切手を2枚など、組み合わせて貼ってもかまいません。おつりはもらえませんが、使わずに放置しておくよりずっといいと、わたしは思います。






ページTOPへもどる

2020年5月11日 09:23

平常心を保つワーク(5/11)

平常心を保つワーク

「〇〇なカードですね」に当てはまる言葉を書き出します。


20205011-1.jpg
エハガキ華

・とても個性的な
・わたしのストライクゾーンではないけれど、なぜか買ってしまった
・イラストレ―ターさんが自身の好きなものばかり集めて書いているのだろうな、と純粋に感じる
・好きなものを自由に表現するって、すばらしいと思う
・こういうイラストレターさんが認められるといいな、と老婆心ながらしみじみ思う




20205011-2.jpg
ウイングド・ウィール

・気品ある
・大人っぽい
・着物の地にありそうな
・花いかだのようにも見える

・和菓子に添えて使いたい
・縦にも横にも使える
・桜の季節以外にも使える



20205011-3.jpg
起こし文(R)はがき
駅舎EKI-SHA-R

・昭和を思わせる
・真っ赤な郵便ポストが郷愁をそそる
・タバコ屋さん、おでんの屋台、電車、駅舎、駅の看板...、細かいところまでじっくり見たくなる

・男の人が使いやすい
・小さな男の子に宛てて使いやすい


このハガキは裏面を折り込むと、ところどころ浮き上がるようになっています。折ってみました。折り方がへたなのか、ちょっと微妙な感じがしますが...いかがでしょうか。
20205011-4.jpg


昨日の母の日に合わせ「手書きの手紙を書きましょう」という記事に、いくつか目が留まりました。

ただ「書きましょう!」とお伝えしたところでなかなか書きたい気持ちになりにくいのが手紙ですから、母の日や誕生日といった記念日が、そのよいきっかけになるといいですね。

もっとも、日頃から書き慣れている人の中には、記念日の手紙より、普段の何気ないときの手紙のほうが好きという天邪鬼体質の人もいます。わたしもそうです・笑

書く側と、受け取る側、立場によっても異なります。
受け取る側の立場になって考えてみると、記念日の手紙は心に強く残ります。

自分が書きたい(伝えたい気持ちがある)から書く手紙、相手に喜んでほしいから書く手紙...。いろいろあります。





ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税