プロフィール

むらかみかずこ

一般社団法人
手紙文化振興協会 代表理事

ビジネス手紙有限会社
代表取締役

詳細はこちら

メッセージ

かつて連絡を取り合う手段だった手紙が、「気持ちを伝える道具」へと、その役割を変えました。

このブログでは、幼少の頃からの手紙好きが高じて現在の仕事をはじめたわたし/むらかみかずこが、手紙の書き方・楽しみ方や、気持ちが伝わる言葉、文章の書き方のヒントをお伝えしていきたいと思っています。

声に出して伝えるのが苦手でも、書くことでなら、意外とスムーズに伝えられることがあります。まして、それが手書きなら、言葉の力が何倍にも強まります。

伝えたいことがあるのに、なかなか声に出して伝えられない。
そうしたもどかしさを抱えたことのある人に、ぜひ楽しみながら見ていただきたいと願っています。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの文房具の最近のブログ記事

2011年5月31日 14:43

雑誌『愛しの文房具』、好評発売中!&絶賛おすすめ中!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今月も今日でおしまい。関東地方も梅雨入りしました。今年は例年よりもずいぶん早かったですね。暑くなるのも早いのかな・・。

 

itoshinobunbougu.JPGさて、ご報告です!
先週26日発売の雑誌『愛しの文房具』(エイ出版社刊)に、掲載していただいています!

特集名は、「贈る手紙、添えるひと言」。
今回は掲載する商品のセレクトからお店の取材、原稿執筆まで、トータル12ページでつかっていただきました。
ほんと、ありがたい限りです。m(__)m

 

Cnv0048.jpg手紙のページだけでなく、他のもろもろの彩り文具・文房具店の紹介・つかいかたの工夫などなど、1冊まるごとハイテンションで楽しめますっ!!

女子文具は機能性にデザイン性・ファッション性もプラスされているところがいいですよね。

子どもの頃に慣れ親しんだなつかしい文具はもちろん、大人っぽくて、背筋がキチンと伸びるハイセンスな文具もたくさんあります。

眺めているだけで、ウキウキと心がはずみます。


『愛しの文房具』(エイ出版社刊)、定価は1365円(税込)。アマゾンでも購入できます。


先月発売された雑誌『ステキ文具』(KKベストセラーズ刊)とあわせて、どうぞぜひぜひ、お手にとってみてくださいませ。

文房具って、楽しいですね~ (*^_^*)

 

 

ページTOPへもどる

2010年1月30日 19:42

自分の世界に没頭型・・&雑誌『プラチナサライ』の万年筆がすごいです!&雑誌に掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは今日は久しぶりにスポーツジムに行って、たくさんデトックスして、たっぷり睡眠をとりました。そういうメンテナンスデーも必須ですね。もうどっぷりアラフォーですし。。


さて、今日はちょっぴり自分の性格的なことを書いてみようかと思いました。

わたしはもともと「自分の世界に没頭型」で、ひとつのことに夢中になると、それ以外のことには一切、目がいかなくなるようなところがあります。

社交的に振る舞うこともできますが、それがつづくと、なんだかちょっとあせってしまうようなところがあり、根っこの部分では、自分の空間にこもって、好きな一筆箋や万年筆などの手紙アイテムを眺めたり、手紙/文章を書くことで自己表現できる時間がいちばん心地いいと感じます。

 

数年前、母からおもしろい話を聞いたことがあります。4・5歳のときのわたしの話です。
当時のわたしは、遊びといえば、公園の砂場で、ひたすら・ひとりで・黙々と・延々と、砂のお団子をつくることだったそうです。

ちょっとした丸みのカーブが気に入らないのか、硬さが気に入らないのか、作っては壊し、作っては壊しの繰り返しを何日間もずっと・・。自分が思う「これぞ!」というお団子をつくりあげることに、ただ夢中になっていた・・(笑) 

かなり変わった子どもですよね。でも、その話を聞いたとき、思いました。「わたしはきっと、そのとき、すごく楽しんでいたんだろなぁ・・」って。(笑)

 
今年はこの「自分の世界に没頭」がさらに強まるように感じています。マイペースに楽しく過ごしていきたいです。


**

p-serai.JPG今発売中の雑誌『プラチナサライ』3月号がスゴイです! なんと☆ 今月号にはプラチナ社の限定オリジナルミニ万年筆が付録でついています。

ボディーはシルバー1色。女性にもいいですが、どちからというと男性向けのスリムで格好いい万年筆です。スーツの胸ポケットに挿したら、ちょっとできる男っぽいかも~

p-saraifuroku.JPG休刊してしまった同じ小学館の雑誌『ラピタ』でも、付録の万年筆企画がありましたね。手軽に万年筆デビューしたい方にはぴったりだと思います! 書店さんでぜひ、見つけてみてはいかがでしょう?

@教えてくださってEMGさん、ありがとうございます!


**

areyouhappy.JPG雑誌『Are You Happy?』にて、4ページにわたってカラー掲載していただきました。

タイトルは「気持ちを伝えるおもてなし/プチ・レターのすすめ」。鳩居堂さんの文具とともに、プチ・レターの書き方・楽しみ方について、Q&A形式でお答えしています。

こちらもよろしければぜひ、書店さんでお手にとってみてくださいませ!

 

 

ページTOPへもどる

2009年7月28日 23:33

ワタミ渡邉美樹社長の切手エピソード!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
こちらは今日はつかの間、涼しい風を感じました。久しぶりに薄手のカーディガンを着て出かけました。

 

さて、今日はおすすめの本をご紹介します。
51YoVy98qZL__SL500_AA240_.jpg拙著『できる大人の"一筆添える"技術』にあるワタミの渡邉美樹社長のエピソード(=手紙好きの渡邉社長はいつも記念切手を貼って手紙を出すところ、たまたま会社で記念切手のストックを切らしていたことがあり、そのときに渡邉社長から怒られてしまった・・というエピソード)を話してくれた、友人の元ワタミ勤務(その後、外資系コンサル会社を経て、現・図解化コンサルBefore9 プロジェクト主宰)の池田千恵さんのご本です。

 『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス刊、1470円税込)
 

千恵さんは、早起きによって、人生を好転させてきた人。

外資系コンサル会社で責任ある仕事をしながらも、趣味できき酒師、酒匠、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル、パン教室講師といった飲食系の資格を取得したり、ゴクゴクの日という5/9にビールをごくごく飲んで水に感謝するイベントを主宰したり・・

それはもう、「なんでそんなにいろんなことを平行してすすめられるの?!」と舌を巻くほど、パワフルでバイタリティ溢れる女性です。

 

僭越ながら、同じ書き手の立場からいって「よくここまで書いたなぁ、、」と、その根性に恐れ入りました。

人はだれでも、多かれ少なかれ、封印したい過去やコンプレックスを抱えて生きているものですよね。そういう自分のダークな部分はできれば隠しておきたいし、必要に迫られてオープンにしなければならないとしても、できるだけ穏便に済ませたい・・ そう思うものだと思います。

けれど、この本には、それらの過去やコンプレックスを著者がいかにして乗り越えてきたかが、「これでもか!」というくらいに克明に書かれています。

著書の成り上がる過程から、たくさんヒントをいただきました。 早起きのススメ本としても楽しめますし、早起きする・しないにかかわらず、自分に負けそうになったときに読みたい本だと思いました。 

前書きにある、

>根性上等
>生涯、頑張らないで過ごすことほど、つまらない生き方はない
>他人と比べてクヨクヨしていた自分から脱却し、すべての結果を自分のこととしてとらえ、腹をくくって「攻める」姿勢に生まれ変わる

の言葉どおり、とーーってもアツイ本です!

 

**

shukaku.JPG本日の収穫(苦笑)。
あーん、また買っちゃいました一筆箋。

見たことのないものに出会うと、つい欲しくなってしまいます。
おかげで、最近は絵柄を見ると、ほぼメーカー名がわかるようになりましたんん。

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月25日 17:29

国立の小さな文具店「つくし文具店」さんに行きました

こんにちは、いかがお過ごしですか。
夏至(今年は21日でした)を過ぎて、お天気のよい日はお日様のパワー全開ですね。

 

tsukushiweb.JPGさて、先日、以前から気になっていた国立の「つくし文具店」(住所は国分寺市)に行ってきました。

住宅街の中にポツンと佇む小さなお店です。最寄のJR国立駅から歩くと20分かかります。しかも、たぶん迷います。駐車場もありません。

決して「行きやすい」お店ではないですが、なぜか気になる。行きたくなる。そして好きになる・・  

懐かしさ、素朴さ、温かみ、落ち着き、安息感、平然とした感じ、ゆるぎなさ・・、いろんなものが伝わってくる独特の世界観があるお店でした。@ウェブサイトからもにじみ出ていますよね。

tsukushicard.JPGウェブサイトには、「利益を追求する店ではありません」と明記されています。
行くと納得します(笑)。そういうあり方をしているのですね。 

右の写真は、購入したポストカードです。お店の外観が描かれています。小さな赤いポストがチャーミング! なんとポストまで3歩! うらやましすぎ!!(笑)

**

tenugui1.JPGつくし文具店さんでは、6月末まで「てぬぐい展」を開催しているようです。

1枚買おうかなぁと思ったのですが、写真の絵柄のものを持っているので、今回は見送りました。

お手紙を運ぶつばめさん。ふふふ。お気に入りですー。(笑)

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年5月27日 12:54

文房具朝食会に呼んでいただきました!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

今日はどんより曇り空。朝8時前から、オトモダチから恋愛相談(ノロケともいう)メールが届き、ラブな感じで1日がはじまりました。お仕事ばかりしてる場合じゃないですねー。

 

さて、こないだの週末は盛りだくさんでした。23日(土)の午前中は絶好のお天気のもと、清澄白河庭園にて行われた文房具朝食会にゲストとしてお招きいただき、30名強のみなさんと一緒にお気に入りの文房具についておしゃべりしてきました。

文房具朝食会とは、なんとも心躍るネーミングですね。ひとり1つずつ、「これは!」と思う文房具を紹介し、気軽に文具について語り合う当会。わたしは結局1つに絞りきれず(汗)、スタンプいろいろだとか、動物柄の輪ゴムだとか、なんだかいろいろ・・。。。

fudedemannen1.JPG中でも、いちばんご紹介したかったのはこちら。セーラー社の「ふでdeまんねん」。

写真だとわかりにくいのですが、ペン先が万年筆のようになっているんです。万年筆感覚で筆文字風の文字が書けてしまう、なんともスグレモノの商品。

もともとは、先月、新潟で拙著『できる大人の"一筆添える"技術』のワークショップをやらせていただいたとき、参加者の方が使っているのを見て、すぐに欲しくなったのがきっかけです。

ネットで検索したところ、こちらスミ利文具さんがヒット!

sumiribungusan.JPG このスミ利文具さんのサイト、ものすごく説明が丁寧、そして細かいですね。店長さんは、文具が好きで好きでたまらないといった方なのでしょう。

失礼ながら、決して洗練されたサイトではないかもしれませんが、わたしは、こういうお商売人さん、とても好きです。気持ちよくお買い物させていただきました。お時間のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょう・・?


<おまけ>

animal.JPG一緒に持っていった動物柄の輪ゴムはこちら。読者さんからのプレゼントなのです。うれしいなぁ!

商品そのものもそうですが、解説文がキュートなんですよ。

・長い間仕事をすると疲れるので、休ませてあげてネ。
・あんまり強く引っ張ると死んじゃうので無理をさせないでネ。
・カバンの中にいつも一緒につれてって。 などなど

解説文を読むだけで、ニコニコしてきちゃいます!

  

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
新刊
『感じのいい人がやっている 気持ちが伝わる絶妙3行文章』
PHP研究所
価格:1,300円+税
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』 『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税