プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2019年6月24日 14:07

遠距離恋愛と手紙の話、夏のグリーティング切手

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日Barでお酒を飲んでいるときに、たまたま隣に座った20代半ばとおぼしき若い女性が、今、ニュージーランド人と遠距離恋愛中で、「スカイプやZOOMだけだとさみしいから、手紙を書こうと思って便箋を買ったんです」と言っていました。

すると、それを聞いていたBarのママが、「アジサイを押し花にして手紙に添えたら?」「日本の四季を感じてもらえるよ。来月になったらヒマワリがいいね」なんて言っていました。

わたしは自分の職業を一切、話さないまま「いいわ! すごくいいわ!!」と強く同意を。

>スカイプやZOOMだけだとさみしいから
と感じる感性が好き。

また、
>日本の四季を感じてもらえたら、会いたくなって会いに来てくれるかも!
と(そこまでは言わないけれど、)そうした工夫を思いつける想像力も好き。

とても楽しい時間でした。


わたしは20代後半の頃、遠距離恋愛をしていた人との間に2年半で500通くらい文通経験があります。相手からも同じくらい(もうちょっと多いくらい)もらいました。
まだケイタイ電話を持っていない頃だったので、遠く離れた相手と連絡をとる手段として手紙がいちばんリーズナブルかつ、身近な道具でもあったのです。

2年半で約500通といえば、平たくいうと週休2日・笑
当時、わたしはOLさんだったので、会社から帰宅する途中の電車の中で書いていたこともあります。帰宅して封をして切手を貼り、翌朝、駅前のポストに投函してからまた電車に乗るのが習慣でした。

たいしたことは書いていません。今日の天気とか昼に食べたものとか仕事のこととか、日常の何気ないことしかつづっていませんでした。でも、相手も同じように日常の何気ないことをつづってくれるのがうれしくもありました。その何気ないことを通して感じることがたくさんありました。

つかれて帰宅しても、郵便受けを開けると手紙が届いていました。
その瞬間が、喜びでした。

この話をすると、「自分もある!」と同じような話をしてくれる人が意外と多くいます。
とりわけ50代・60代の男性も、若い頃に文通していたという人は大勢いるでしょう。なつかしい思い出ですね。



20190624.jpg
夏のグリーティング切手、62円と82円。
これは使いやすい! わたしの中では久々のヒットです。



ページTOPへもどる

2019年6月20日 18:31

小説『言い寄る。』、紫陽花の立体カード、半夏生ほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。

わたしは今、とても心が落ち着いています。
ここ数か月どこかずっとモヤモヤ・カリカリしていたことが急速に表面に噴出し、それとの格闘を終え、ホッと一段落という感じです(心の中のことです)。


先日、作家・田辺聖子さんが亡くなりました。
わたしはこれまで田辺さんの小説を読んだことがなく、今回初めて『言い寄る』を読みました。

会話が関西弁で書かれていることもあり、最初は少し馴染めないところもありましたが、読み進めるうちにグイグイと引き込まれ、一晩で一気に読み終えました。

小説の醍醐味は、自分とはタイプが異なる人の生き方を味わえることにも、あるのですね。

わたしはこれまでストーリー展開や、見たことのない風景、時代、人間模様に触れて知らない世界を楽しむような読み方をすることが多かったのですが、今回この小説を通して、自分とは正反対ともいえる(でも、とても似てる)主人公の感情の動きにひたることで、自分の枠が広がるかのような感覚を覚えました。

感情の描写が生々しく、迫力がありました。かっこいい。
恋がしたい人におすすめ! 


20190620-1.jpg
紫陽花の立体カード、当協会の講師から届きました。

勝手な推測ですが、日本女性の好きな花の第1位は桜、2位は紫陽花ではないでしょうか。桜は潔く、誇らしく、可愛らしくもあり、気持ちが華やぐイメージがある一方で、紫陽花にはつつましく、控えめな、どこか日陰のイメージもありますね。

だれにでもいろいろな顔があるように、わたしにも桜、紫陽花、いずれの顔もあります。さらにいえば、薔薇も野草もあれもこれも...。まだ知らない自分もたくさんいるのだろうと想像します。そう思うと、こわいような、でも楽しみはどこまでも続く気持ちになります。



20190620-2.jpg
公益財団法人日本郵趣協会さんから届きました。イギリス切手研究会なるものがあるのですね。モチーフになっている紳士については調べきれませんでした。


20190620-3.jpg
ハンゲショウ(半夏生)。花が咲く頃、葉の一部が白く変色する植物。10センチくらい下に垂れている穂になった部分が花にあたるそうです。不思議です。


20190620-4.jpg



ページTOPへもどる

2019年6月11日 17:48

声楽のレッスンと、揺れと、月光荘ハガキのマキシマムカード

テーマ:
こんにちは、いかがお過ごしですか。

趣味で声楽を習っていて、今はミサ曲を中心とした合唱の練習と、個人レッスンに通っています。

声楽の練習はスポーツと同じくらいハードで、終わるといつも体中から気が抜けたような脱力感を味わいます。

音程、リズム、発音、音の強弱、アクセントやクレッシェンドなどの音楽記号・・
それぞれの声を出すときの体のつかい方、息の回し方、あご・頬骨・こめかみの位置、背中、腰、曲の解釈・・
歌いながら処理しなければならない情報量があまりに多く、体と同じくらい頭もつかれます。

生まれ変わったら(イタリア人に生まれて)オペラ歌手になりたい。今世では、お金持ちになって仕事をしばらく休んで音大に通いたい。...なんて思っていたこともありましたが、いずれも都合のいい妄想ですわ。

もっとも、仕事しながら月に何回もレッスンに通う時間が持て、舞台にも立てるのですから、ありがたいことですね。

直近の個人レッスンではあまり出来がよくなく、「ちゃんとしっかり予習して行ったのに、ぜんぜん歌えなかった、、」なんてさみしく思ってしまったのですが、そういうのはあまりよくない思い込みかな。

できない点ばかりに目を向けるのではなく、できるようになった点に目を向けよう!!


人付き合いもなんでも同じですね。

謙虚さと傲慢さの間を行ったり来たり。
自分のはかなさに思い悩むこともあれば、過剰にわからせようとしてしまうこともあります。

俯瞰して見れば(それができれば)、そういう揺れも味わい深いものでしょうか。

20190611-1.jpg
月光荘のハガキでマキシマムカードが届きました。

月の明かりで手紙を書けば
文字より想いが増してくる




ページTOPへもどる

2019年6月 3日 17:00

昔の62円切手、鎌倉のコトリさん、浜松注染、ハガキの価格あれこれ

こんにちは、いかがお過ごしですか。

梅雨入り間近。
気持ちは晴れ晴れと過ごしたいですね!


■ 昔の62円切手です。いずれもお気に入りなので大切に保管していましたが、10月の値上げ前に使い切らないと! 1円切手との組み合わせはどうしても無理がありますので。みなさんもいかがですか。
20190603-1.jpg
稲穂の切手は夏には少し使いにくく、渋くも見えますが、「たわわに実る」や「実るほど首を垂れる・・・・」のメッセージ性が好きで好んで使っています。


■ 協会の講師からお土産でいただきました。鎌倉のコトリさん。好きな人にはたまらないお店ですね。
201906031-2.jpg
■ こちらも協会の講師からいただいた浜松注染染めのハンカチ。普通郵便で送るギフトとして最適。ややミニサイズのハンカチです。
20190603-5.jpg

■ 「むらかみ先生が書いたハガキが見たい」とリクエストをいただいたので、写真を撮りました。リアルな1枚、許可をとらずに掲載しているため編集者さんの名前は伏せますが、マガジンハウス社だから会社住所はオープンにしていいかと思いました。
20190530-5.jpg
20190530-4.jpg
この62円切手も昔のものです。ウサギが手紙を書いている「ふみの日」切手。この(切手の)サイズだと吹き出しがつけられます。上の稲穂だとギリギリ、黄色い永田萌さんのイラストのほうだと付けられません。が、(切手の)サイズが大きいとそれ自体で存在感があるので、吹き出しのような飾りはかえってうるさくなりますね。

万年筆は中字、インクはペリカン社のロイヤルブルー。

ハガキは古川紙工社のもので1枚150円とちょっとお高め。同じ古川紙工社のそえぶみはがき箋(むらかみかずこ監修 8枚入り400円)のほうが断然コスパがよいため自分ではあえて買いませんが、たくさんいただいたので、ありがたく使わせてもらっています。

もっとも最近はハガキ(ポストカード)市場全体が値上がりしているのか、1枚180円とか200円超えのものも、わりとよく見かけるようになりました。

少しくらい高くても気に入ったもので送りたいという気持ちもわかりますし、昔はもっと安かったのに、とかつてをなつかしむ気持ちもわかります。

いずれにしても、「何のために送るのか?」という目的がはっきりしている人は高くても気に入ったものを買うでしょう。
それか、本当にハガキの価値を知っていて、ハガキが好きでたまらない少数派・でも年間だと相当な額をつかう人(例/わたし)は価格にシビア、当然、デザインにも紙質にもシビアになりますね。


@万年筆を買うときにはそれなりにだいぶ大胆に「えいや!」と思いきるのに、ハガキの価格にはいつになってもシビアです。

万年筆のほうがよっぽど高いのにね・笑 




ページTOPへもどる

2019年5月18日 21:42

ハンカチの木、郵便発祥の地、手紙を捨てるのはいけないことですか?

こんにちは、いかがお過ごしですか。


20190516-3.jpg
これは何でしょう? 

20190516-4.jpg
ハンカチの木。先日うっかり反対方面の電車に乗ってしまい、一駅分歩いて戻る途中で「代々木ビレッジ」という珍しい植物がいっぱいの素敵な空間にたどり着きました。

20190516-2.jpg
ハンカチの花、満開! 思いがけず、ラッキーでした♪

20190518-2.jpg

20190518-1.jpg
散歩には最高の季節です。

20190516-1.jpg
日本橋郵便局の入り口にある郵便発祥の地の記念像。明治の頃、日本の郵便制度は東京/日本橋からはじまりました。


先日、ある企業の方々と「手書きの力」についてディスカッションしていた際に、「手書きの手紙はいずれ捨てなければならないけれど、デジタルなら永遠に保管できる」という話になりました。

たしかにそうですね。わたしも数年おきに届いた手紙を大量に処分しており、そのたびに胸が痛むのを感じます。

ただ、あらためて考えてみると、胸が痛んだり、つらい気持ちになったりするのは悪いことでしょうか?
いいえ。それら感情の動きがあるのは、わたしはむしろ素晴らしいことだと思います。

捨てるときに、あらためて相手を思い出したり、過去をなつかしんだり、交わした会話の内容を思い浮かべて切なくなったり感謝したり...。それこそ、ありとあらゆる感情が湧いて出ます。

デジタルなら捨てずに済むという考え方は、便利で手軽である反面、実は、捨てないがゆえに思い出すことも少なく、ある意味、人間本来の感情の動きのようなものを封じているとも言えるのではないでしょうか。

人と同じように物にも命があるとしたら、捨てることにも意味があって、捨てることとしっかり向き合うことで今をより大切に生きていける......とはまさにコンマリさんが言っていることですが、わたしも同じように思いました。

ディスカッションのときにはただなんとなく違和感を覚えただけで、何も言えなかったのですが。しばらく時間が経ってから「そうか、わたしはこういうことを考えていたんだ」と気付くことって多いですね。




ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました