プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

楽しい記念切手の最近のブログ記事

2016年1月18日 16:07

京都の文香、切手いろいろ保管法、マステでオリジナルの封筒に、通信講座のテキスト、プレジデントアカデミー社のセミナーに登壇します!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
週明けの月曜日、東京では珍しく雪が積もりました。みなさんのところは、いかがですか。

■京都・西本願寺の門前にある「薫玉堂」さんの文香/京づくしです。なんともまあ、かわいらしいですね! 当協会の認定講師、まつばやしけいこさん(大阪在住)からいただきました。
本来の使い方はもちろん、一筆箋やハガキをしまっているケースにしのばせておくと、自然と紙に香りがうつります。名刺入れに入れるのも、もちろん◎ですね。

IMG_1173.JPG

■みなさんは、どうやって切手を保管していますか。わたしは、小さなお菓子のケースを使っています。1つに、52円と82円を。もうひとつに、10円・20円・30円といった普通切手を。それ以外の、昔の60円んとか62円とか10円・・・・など細かいものは、切手帳に保管しています。

使いたいときにすぐに使えるように、買ったらすぐに、ミシン目から切り離しておくのがポイントですね。

IMG_1181.JPG
IMG_1182.JPG
ちなみに、シール切手(ミシン目がありません)はどうやって保管しているかというと、わたしはハサミで1枚ずつ切ってしまいます。シール切手はシートのデザインそのものキレイですから、切ってしまうのはしのびないんですが、わたしの場合、この小さいケースに入れておくのがいちばん使いやすいため、そうしています。使いやすさ重視です。


■こちらは、マスキングテープづかいの参考に。当協会の認定講師・大場敦子さん(東京都在住)から届きました。無地の封筒も、マステを貼るだけでオリジナルの封筒に早変わり! モノサシのマステ、めずらしいですね!

IMG_1186.JPG

■こちらは、当協会の通信講座『書きにくい手紙の書き方講座』のテキスト写真です。残りがなくなってしまったので、再印刷しました。手紙の勉強=言葉の勉強です。時代がどれだけ変わっても、言葉の力は永遠ですね。


IMG_1176.JPG

■2/24(水)19:00~20:30、プレジデントアカデミー社主催のセミナーに登壇します。

 ◎ お客さまに好印象を与える!「添える一言」
 
 ◎ 検討中の新規顧客に信頼を与える文章術
 
 ◎ 購入してくださったお客さまをファンにするコツ
 
 ◎ アップセル・クロスセルにつながる関係のつくり方
 
 ◎ 失注やクレームをもらわないために気をつけるべき文章のこと
 
 ◎ 部下の文章をチェックしよう


お時間がありましたら、ぜひ、お越しください!

手書きの一言でお客様の心をつかむ!




ページTOPへもどる

2015年12月21日 09:53

ツタヤビジネスカレッジでDVD1位!、TBS「Nスタ」出演、美濃和紙の古川紙工・代表と対談、一筆箋の使い方、冬グリーティング切手がおすすめ!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
いよいよ年の瀬が近づいてきました。今週はクリスマスウィーク! 楽しく過ごせそうですか。

インスタグラムをやっています。IDは、tegami.or.jp  です。
インスタグラムで投稿した写真をブログにも転載します。


■ TSUTAYAビジネスカレッジで販売&レンタル中の拙DVD 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』が、現在ランキング1位です! 
年賀状がらみで少しメディアに出たからかな? 一生懸命、しゃべっています(笑) TOPページから動画を視聴できます。お役に立てれば、うれしいです。

tsutaya-1.PNG

■12/15(火)、TBSの夕方の情報番組「Nスタ」、制作協力しました。もらってうれしい年賀状の書き方のコツ。当日の朝、電話を受けて、その日の夕方にはもう番組になるなんて! なかなか急なお話でした。
tbs-nenga.JPG
■ 岐阜県美濃紙に本社を構える、美濃和紙の古川紙工、古川社長との対談記事を当協会のHPに公開しています。手の平サイズのキュートな一筆箋/「そえぶみ箋」が今、売れています。ぜひご覧ください。

_CMP4041 (853x1280).jpg

■ 「そえぶみ箋」といえば、来年3月に、そえぶみ箋の書籍が出ます。わたしも監修者として製作に携わっているのですが、現在、書籍の付録になる「そえぶみ箋」のデザイン案を大募集中だそうですよ! くわしくは、そえぶみ箋のフェイスブックページをご覧ください。

sobumisen1.JPG
soebumisen2.JPG


■ 便箋や一筆箋は、ちょっとしたお菓子をおいたり、コースター代わりにも使えます。
midori-ippitsu.JPG
■ 先日発売になった、今シーズンのグリーティング切手(52円)の絵柄は多肉植物。最初HPで見たときは「?」と思いましたが、実物を見ると、すごくいいですね! 見れば見るほど、そして、使えば使うほど、素敵さを実感しています。すごくおすすめです!

tanikushokubutsu.jpg

■下の写真は、通信講座「手紙の書き方講座」の添削サンプルです。講師のみんながいつも丁寧に、熱心にがんばってくれるから、わたしはそのたびに力をもらっています。
手紙の書き方コンサルタントになると、通信講座の添削のほかに、書籍監修、カルチャーセンターでの講師といった活動ができます。
大阪在住のおかもと円果講師は、来年から、大阪近辺のカルチャーセンター7か所で講座を担当するとか。大活躍です!! あなたも一緒にはじめませんか。

tensaku-sample.JPG
上の写真は、静岡県富士市在住の、金子えりか講師が添削したものです。


今週もよい1週間をお過ごしください。



ページTOPへもどる

2015年11月 9日 17:11

もうすぐ文庫化、ラーメン&すき焼き切手、『ESSE』12月号、読売新聞、お手紙キット(冬)発売!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
秋を満喫していますか。

前回にひきつづき、Instagram に投稿している写真を、こちらにもアップします。IDは、tegami.or.jp です。


■3年前に出版していただいた『たった3行のシンプル手紙術』(日本経済新聞出版社刊)が、もうすぐ文庫になります!
12月初旬、発売予定です。文庫になると、より若い人も買いやすくなるし、パソコンデスクの上に立てかけておけるから、使い勝手もよくなりますね。新たに追加した章もあります。どうか、お楽しみに!

IMG_0950.JPG

■先日発売になったラーメン&すき焼き切手は、なんと、1シート買っても180円! これ、とってもキュートですね!
18×4枚+10円切手で82円になりますし、 ポストカードでは3枚貼って2円オーバー(←気にしない)という方法もあります。そもそもは海外に年賀状を送るとき用(52円+18円=70円)に発売されたものですが、いろいろ貼り方を考えて、楽しみたいですね!

IMG_0978.JPG

■11/7発売、雑誌『ESSE』(扶桑社)に、監修協力した記事「気持ちが伝わる1行メッセージ」掲載していただきました! 付録として、エッセ×水縞さんのメッセージカードが付いています。
お料理のページもさすがに充実していて、見ていて飽きない雑誌です。

esse1107.JPG
■11/4(水)、読売新聞の朝刊、くらし面で、拙著『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』(PHP研究所刊)の紹介文を掲載していただきました。ありがとうございます。

yomiuri1104.JPG

■商品セレクト&文例監修したお手紙キット<冬>、デザインフィル社のミドリ オンラインストアにて、発売開始です! 今回は冬の花の代名詞でもある椿の紙シリーズ便箋&封筒セットほか、定番商品を選ばせてもらいました。ぜひ、サイトをチェックしてみてください。

midori-fuyukit.jpg



ページTOPへもどる

2014年5月 1日 14:34

切手女子、対談の様子をHPにアップしています。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
風薫る5月。さわやかな風が吹き渡っています。

先日ご案内した、5/29(木)19時~、デザインフィル ミドリカンパニーさんのワークショップは、どうやら抽選が激戦の様子...。申し込んでくださった方、ありがとうございます! 当たりますように。
どうぞ、よろしくお願いいたします!


++

taidan.jpg


先日は、公益財団法人日本郵趣協会が主催する切手のイベント/スタンプショウ2014に行きました。
記念に、くまもんの切手を買って、くまもんの風景印(限定版)を捺してもらいましたよ。

NEC_1113.JPG
楽しいコーナーもありましたし、わたしは欲しかった62円切手と41円切手をたくさん買えて大満足でしたが、その一方で、常連さんっぽい方が多く、初めての人や若い女性がひとりで行くにはちょっとハードルが高いかな、というのも正直な印象でした。

次回は、協会でツアーを組んで行けたらいいな、と思います。東京の個性的な文房具屋さん巡りもかねて。
どなたか、企画してくれないかなー。


++

5月31日(土)10:00~17:00 東京JPタワー 手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座
お申込みは(社)手紙文化振興協会のウェブサイトからお待ちしています!

受講生さんから届いたお声を紹介します。
「今まで一生懸命手紙を書いてきましたが、肩の力が抜けて、手紙に対してのむきあい方がよい方向になりました。これまでは失礼のないようにと形式にこだわり、表面的な手紙だったように思います。講座で"言葉を考えること"や"言葉のセンス"について教えていただき、とらわれることなく手紙を書いてよいと思うようになりました」(OMさん、40歳代)



ページTOPへもどる

2014年4月23日 09:24

切手の組み合わせを楽しむのです。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

4月1日から郵便料金が変わりましたね。
ご承知のとおり、ハガキは52円、封書は82円になりました。

で、この2円分について、ウサギさんの2円切手も新たに発売されましたが、「わたしはあまり使いこなせなくて...」という方、多いようですね。わたしも同じく。色合いがむずかしいですよね。

そこで...。
以下の写真は、すべて封書(82円)です。
ウサギさん切手をつかわずに、手元にある切手を組み合わせてみました。

普通切手の10円、20円、30円はお花の切手と合いますね。これは使えます!! 

NEC_1117.JPG
NEC_1118.JPG
NEC_1119.JPG
NEC_1120.JPG
62円切手(と41円切手)は、1989年(平成元年)4月1日の初めての消費税導入のときに発売になり、1994年(平成6年)1月23日まで5年間ほど発売されていました。

今は古切手SHOPなどで手に入ります。買いに走らなきゃ!


そして、今週末4月25日(金)~27日(日)まで、東京・浜松町の貿易センタービルで、スタンプショウ2014が開催されます。
イベントもいろいろ。今年は宝塚の人も来るんですね! 切手デザイナー・中丸ひとみさんのトークショーもあるようです。
まとめ買いのチャンスです☆ 

すみません! 場所を間違えました。同じ浜松町でも、あの貿易センタービルではなく、都立産業貿易センター浜松町館だそうです。下記、ウェブサイトからご確認ください。

++

手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座
2014年5月31日(土)、10:00~17:00、東京JPタワー内会議室

6月以降の講座については、通常価格にもどします。
お申込みは、(社)手紙文化振興協会のウェブサイトから、お待ちしています!



ページTOPへもどる
前の5件  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました