プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの小物たち: 2013年9月アーカイブ

2013年9月24日 12:32

『趣味の文具箱』Vol27.発売!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今月は3連休が2回もあって、だいぶ得した気分でした。季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期です。たくさん睡眠をとって、元気に毎日過ごしたいですね。


NEC_1051.JPG
万年筆の雑誌『趣味の文具箱』の新刊vol27号、23日(月)から発売です!

わたしは「男のシンプル一筆術」というコーナーを企画・執筆させてもらっています。

以前、この雑誌の誌面上で、タレントの水道橋博士が、この雑誌のことを「エロ本みたい」と言っていました。
今号では、シンガーソングライター・なぎら健壱さんが、「こういう底意地の悪い雑誌があるから、困っちゃうんだ」と言っています(といいつつ、創刊号からの愛読者だそうです・笑)。

コアな情報がいっぱいの、万年筆ファンにはたまらない雑誌です。

今号の特集記事は「美軸名鑑」。
万年筆のボディのことを「軸(じく)」と言います。その軸の素材、デザイン、カタチについての特集なので、特別な知識がなくても、ながめているだけで「キレイだなー」「格好いいなー」と堪能できるでしょう。

まずは書店さんで。
わたしの連載ページも、よろしければぜひ、見てやってください!


++

「着物1枚、帯3本」という言葉があります。
着物1枚に対して違うテイストの帯が3本あれば、3通りの着こなしができ、1枚の着物でもじゅうぶんに楽しめる、という意味です。

これを万年筆にたとえると、「万年筆1本、インク3本」。
インクの色を入れ替えることで、1本の万年筆を長く飽きずに使いこなせると感じています。

NEC_1053.JPG
実際のところ、よい万年筆になると、それなりの価格ですから、短期間にそう何本も買い揃えるわけにはいきません。
それに対して、インクは1本1000円ほど。書くたびにとは言わずとも、季節が変わるごとにその時期に似合う色のインクを入れれば、おのずと季節を感じ、メッセージをしたためる際には相手にも季節を届けられます。

冬から春に向かうときには、気持ちが華やぐ明るいあざやかなブルーや、スミレ色。
夏から秋に向かうときには、少し気分が落ち着くダークブルーやブラウン色。

なんとなくですが、わたしはそんなふうにインクを使い分けています。

写真は、手元にあったインクを集めてみたものです。
全部で15本、そのうち「ブルーインク」が8本/8種類ありました。




ページTOPへもどる

2013年9月18日 09:27

『BUN2』取材を受けました。&お気に入りのノート2冊!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
台風の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

東京は台風一過。さわやかで涼しい風が吹いています。
明日(19日)は中秋の名月だそうです。お月見できるといいですね!


NEC_1038.JPG
文房具のフリーペーパー『BUN2』さんから取材を受けました。

取材していただくのは、今回でたぶん4・5回目。4年くらい前からのお付き合いです。何度も声をかけていただき、ありがたいです。

今回のテーマは「愛用の文房具」ということで、一筆箋、便箋、万年筆とインクをご紹介しましたよ。

NEC_1039.JPG
『BUN2』は大型文具店で手に入ります。
年に6回、偶数月の発行です(隔月発行)。一部の大型店でしか配布されていませんし、無料ということもあって、すぐになくなってしまうことも多いみたいです。

 
今回、取材してもらった記事は、10月1日から配布される号に載ります!
お近くのお店で、ぜひチェックしてみてくださ~い。


++

NEC1044.JPG
愛用の文房具つながりで、最近すごく気に入って使っているのが、こちらのノート2冊です。

小さいほうは、『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社)の中でも紹介している、東京・蔵前の文具店/カキモリさんでオーダーしたもの。

店内で紙や留め具を選ぶと、その場で製本してくれるんです。
打ち合わせ時にメモするときなど、持ち運び用として使っています。
表紙まわりが美しいでしょう? カバンの中から取り出すそばから、気分が上がります(笑)


大きいほうは、スケッチブックで有名なマルマンさんのボストンノート
万年筆で書くときの書き心地をとことん追求しているノートです。こちらは、マルマンの広報さんからプレゼントしていただきました。m(__)m

主に、自分の頭の中にあることを書きなぐったりするときに使っています。
さすが、万年筆での書き味がなめらか。ペン先がスムーズに流れていくので、どんどん書きたくなります。
1冊で薄いノートの2・3冊分はある感じ。かなりのボリュームです。

たかがノート、されどノート。ですね! 

@そういえば、そろそろ来年の手帳シーズンも到来ですね~。
手帳メーカーさんにお願いです。手紙が書きたくなる手帳があったらいいな、って思うんです。季節の言葉とかフレーズをたくさんちりばめて。どこかのどなたか、お声掛けくださ~い。






ページTOPへもどる

2013年9月10日 15:17

オリンピックの文具が楽しみ!&西荻窪探索。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
さわやかなお天気です。

オリンピック開催が決まり、祝勝ムードで週明けを迎えましたね。
7年後。2020年といえばまだまだ先のことのようですが、きっとあっという間にその時期になるんだろうな!
わたしはそのとき、どんな自分でいられるかしらん。有意義に、楽しんで、毎日を過ごしていきたいです。

NEC_1034.JPG
さておき、オリンピックに向けて、東京の観光名所の王様/浅草もきっと盛り上がるでしょうね!
写真は、郵便局で売っているご当地フォルムカードの東京版です。

昨年は東京スカイツリーをモチーフにした文具が好調で、今年は世界文化遺産に登録された富士山の絵柄の文具(紙モノ)が人気です。

これから先、オリンピック関連のものもたくさん出てくるのでしょうね~。


++

先週末、西荻窪郵便局の局長さんに案内していただき、東京/中央線沿線にある西荻窪を探索してきました。

西荻窪は学生時代に4年間通った懐かしい街です。
ここ数年、若いクリエイターさんが一気に増えて、個性的なユニークなコンセプトのお店が次々とオープンしていますね。

6月には例年「茶散歩 チャサンポー」という企画も行われています。
 http://chasampo.com/

NEC_1033.JPG
西荻窪郵便局でもこのイベントに協賛し、オリジナル切手を作成・販売しているといいます。
2013年の今年はたった2日間で写真のシートを1000枚を売り切ったそうですよ。すごいーーー!!
いろいろ新しい試みをしていらっしゃいます。


西荻窪の文具店といえば、nombre ノンブル水縞さん。
 http://nombre.jp/

ほかに、西荻紙店にもお邪魔しました。
 http://nombre.jp/

西荻窪郵便局の局長さんは、大学/東京女子大学の先輩でもあるんです。
いろんなご縁に恵まれて、すごく楽しく、勉強になった1日でした。


++

今日(10日)は、午前中、ビジネス雑誌から「断るときのものの言い方」について取材を受け、午後は働く女性向けフリーペーパーから「恋力を高める言葉」について取材を受けました。

いろいろな媒体からお声掛けいただき、うれしい~

ありがとうございます。







ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました