プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手紙の話題あれこれ: 2009年6月アーカイブ

2009年6月28日 09:40

友人の書籍で紹介していただきました!&暑中見舞い状の準備を・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
梅雨とはいえ、こう何日も続いてカラッとした晴れ模様がつづくと、梅雨が明けたの?と勘違いしてしまいそうですね。

夕べは、父と姪っ子とわたしの3人でカラオケに。1週間遅れの父の日でした☆

 

9wari.JPGさて、友人の菊原智明さんが最近上梓したばかりの新刊本『購買の9割は女性が握っている!』(学習研究社)の中で、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』とわたしのことを紹介していただきました。

こちらは女性客の頃をつかむ「ひとこと」カード(ハガキ)活用術の本です。特に、女性向けのビジネスを行っている方におすすめ。ぜひお手にとってみてくださいませ!

紹介していただいたところの一部を以下に引用すると・・

**

むらかみさんはいつも定期的にカードを送ってくださいます。友だちの漫画家さんに頼んで描いてもらった漫画が毎回とてもすてきなものです。

どうしてカードなのですか?とうかがったら、
「ハガキならスタンプを貼ったり、イラストがあると宛名を書くとあとはスペースが残らないですよね。だから、1行書けばいい。それなら気楽にできそうじゃないですか」とおっしゃっていました。

「カードは成約のための道具というよりは、じわじわ相手の心のなかにしみこんでいくもの」という言葉がとても印象的でした。

**

わたしがいつもお送りしているカードは、こちらです。

cardiroiro.JPG友人の漫画家さんに季節ごとにいろんな絵柄を描いてもらい、印刷して、その時期に合うようにお送りしているのです。

拙著『できる大人の"一筆添える"技術』の中でもご紹介しているとおり、ネット印刷通販のプリントパックさんだと、100枚両面カラー印刷で3300円くらいです。用紙代込みで、印刷費1枚あたり33円~。安いですよね。

オリジナルで作成する際には、デザイナーさんの力が必要になりますが、ネットで著作権フリーの無料画像を見つけて印刷して使う方法もありますね。それなら比較的、カンタンにできそうです。

梅雨が明ければ、暑中見舞い状の季節です。手書きのひと言は最高のコミュニケーションツール!

今年はぜひ、お世話になっている方に宛てて、暑中見舞い状をしたためてみませんか。

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月23日 12:30

セミナーのご感想が届きました&今後の開催予定です。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

週末中に『1Q84』を読みました。読んでしばらくの間、わたし自身が「1Q84」の世界に迷い込んでしまったようで、意識がなかなかリアルの世界に戻らず、友人に電話しないと寝付けなかった・・。
読み手に迫るようにぐいぐいと押し進めていく文体、そしてストーリー。つづきの刊行が待ち遠しいです。

 

さて、先日、とある企業さんからのご依頼で『一筆添える技術』のセミナー講師を務めさせていただいたところ、後日談として、ご担当の方からお手紙が届きましたので、少し抜粋してご紹介させてくださいませ。 

セミナー開催から1ヶ月が経過しました。
今、本店(参加者の多くが本店勤務)の間で、楽しいことが起こっています。

「文章を上手に書く技術」から「楽しく書く技術」というように発想が変わり、これがお客様にとって「楽しい、印象が残る」という結果につながっています。

参加した女性社員が、お客様に子どもが生まれたことを知り「金太郎」の絵葉書を送ったところ、それがことのほか喜ばれ、「玄関に飾っておく」という返事をもらったそうです。その後、この女性社員がますますハガキに凝りだしたことは言うまでもありません。

ちょうど、万年筆のインクが和紙に拡がるように、私は小さなことが大きな影響力を与えていくことを望んでいます。

本当にありがとうございました。みんな「いいセミナーだった」と言ってくれています。企画者として、ホッと胸をなでおろす気分です。

**

写真の左に写っているのは、同封してくださったポストカード各種です。

胸がジーーーンとするほどうれしいお便りでした。手間のかかることですから、その「手間を楽しむ」というのは、ほんとうに大事なことですね。ありがとうございます。感謝いたします。m(__)m

 


<今後のセミナー開催予定>

◆7/1(水)『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく 一筆添える技術』(株式会社カナジュウ・コーポレーションさま)

◆7/15(水)『お客様の記憶に残るアフターはがきの書き方』(株式会社リフォーム産業新聞社さま主催)
  http://www.the-reform.co.jp/2009tokyo_visitor.html

◆7/29(水)『ひと手間の「手紙」が、何倍もの仕事となって返ってくる!』(株式会社OCLさま主催)
  http://www.ocl-abc.jp/seminar20090729.html

ご用命はお気軽に・・!(トップページの左下「メッセージはこちらから」バナーから、お待ちしております) 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月17日 17:21

梅雨の時期に思う、言葉の役割。手紙を書く目的

 こんにちは、いかがお過ごしですか。
夕べの雨はひどかったですね。雨に打たれませんでしたか。

昔、実家の家の庭に、梅の木がありました。
この時期、雨が烈しく降ると、雨上がりの庭が落ちてグチョッとつぶれた梅の実で困った状態に・・

ume.jpg父は毎年、「これでもか!」というほどある梅の実で、たくさん梅酒をこしらえていたものの、もったいなくて手をつけられず、結局、納戸にしまっておくばかり・・。母によく叱られていましたっけ。

「梅雨」という言葉は、ちょうど梅の実が熟す頃に雨が降るから、こう名づけられたといいます。

「今日も降るのかなぁ・・」と空の色をうかがっていたら、ふとそんなことが思い出されました。

<梅の実の画像お借りしました。m(__)m サイトはこちらです>

**

「手紙を書く」「一筆添える」目的といえば、用件を伝えるだけではありません。ただ書きたいから。もっといえば、つながっていたいから書く。

お客様でも、職場の同僚でも、お世話になっている知人でも、友人でも、家族でも。

書くこと以外に日常会話においても、わたしたちは内容を伝えるためより、つながっているために話をすることのほうが、実ははるかに多いですね。

「つながっていたいから、相手を想い、文字をしたためる」
「つながっていたいから、相手に似合うポストカードを選び、切手を選ぶ・・」
「今の季節に似合う一筆箋を選び、相手にほっとくつろいでいただくことで、自分も心おだやかでありたい・・」

雨降りの日がつづくと、そんな気持ちがなお強まるように感じます。

梅雨の時期、あなたは何を思いますか。

 

**

6gatucard.JPGさて、久しぶりに、ポストカードをたくさん発送しまーす!

 

 

Fjyo.JPGアルバイトのF嬢が必死にリスト管理してくれています。がんばれー☆

 

 

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月15日 20:06

明治神宮で花菖蒲を見ました&パワフルなハガキ2枚。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お天気が落ち着きませんね。体調を崩されている方も多いようです。風邪ひいていませんか。

shoubuen.JPGさて、今日は、お仕事で原宿に行った帰りに、明治神宮に寄って花菖蒲を見てきました。
今が見頃。都心の真ん中とは思えない癒しの空間で、気持ちよさそうに咲き競っていました。

花言葉のサイトによると、花菖蒲の花言葉は、「うれしい知らせ」「優しさ」「伝言」「心意気」「優しい心」「優雅」「あなたを信じる」なのですね。
「伝言」というのに引かれました。手紙好きなゆえに、引き寄せられたのかしらん?

似た花のひとつに杜若(かきつばた)がありますが、アイヌ語では杜若のことを「カンピ・ヌイエ・アパッポ」といい、「手紙を書く花」を意味するといいます。一説には、濃紫色の花の色がインクを連想させるからだとか。<出典;『花の名前』高橋順子さん著、小学館>

わたしの手元にも、紫色のインクがあります。日ごろはちょっと出番の少ないインクですが、当分のあいだ、この花の咲くあいだ、使っていようかな・・ 

  

powerful.JPGこちらは最近届いたハガキの中から、とりわけパワフルな2通です。どちらも手書きの一筆は表のほうにありました。

眺めていると、ご利益がありそう(笑)。エネルギーが伝わってきます。

今まで意識していなかったのですが、富士山のポストカードって、すごくいいですね! わたしも含め、人は30代の半ばを過ぎると、だんだん富士山が好きになるような・・?(笑)

文具店で見かけますから、買いやすいですし、男性も使いやすいでしょう。とりわけ、静岡や山梨にお住まいの方におすすめ。ご年配の方や企業の経営者層@縁起物好きに送ると、なお喜ばれそうですね。

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月 1日 15:24

6月の花とスタバのビバレッジカード、縁起物のポストカード

こんにちは、いかがお過ごしですか。

今日から6月。壁のカレンダーを1枚めくったら、今月はアジサイとツリガネソウの絵柄でした。

6gatsu.JPGアジサイ、アヤメ、ハナショウブ、キキョウ、リンドウ、ツリガネソウ・・ 夏に近づくにつれ、青系(紫系)の花が多く見られるようになるのには、何か理由があるのでしょうか。

花の世界は奥が深く、わたしはなかなか覚えられないのですが、切手を選んでいると、自然と花の名前や咲く時期にくわしくなれるように思います。こちら、財団法人自然公園財団さんの花図鑑のサイト。わたしはしょっちゅう訪れています!

 

さて、先日、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』の読者の方から、とってもうれしいカードが届きました。

sutabacard.JPGなんと☆こちら、スタバのスプリングビバレッジカードというもので、スタバのトールサイズのドリンク1杯と引き換えられるものなのです。

今年の3月に期間限定で発売されたカードのため、今から購入することはできないようですが、これ、すっごくうれしいプレゼントですよね! 感激でした。

sutabacard2.JPGわたしも欲しくて、スタバのカスターマーサービスに電話して聞いてみたところ、残念ながら、今後の発売予定は未定なのだとか。もし発売されることがあったら、ぜったいにたくさん購入して、ちょっとしたときのプレゼントとして贈れるように手元に置いておきたいと思いました。送ってくださったSさん、ありがとうございます!


***
kintarou.JPGこちらは今日届いたハガキ。片岡鶴太郎さんが描いた金太郎のポストカード。虹のような配色の金太郎さん。おめでたい、縁起がいいと感じます。

こういう「縁起物」のカードって、またうれしいですね。招き猫、福の神、七福神、だるま、たぬき、かえる、ふくろう、富士山の絵柄なんていうのも喜ばれそう! 

年配の人や企業の管理職、経営者など、人の上に立つ人は縁起物を大事にする傾向が強いですから、特におすすめですね。

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました