プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2012年3月アーカイブ

2012年3月30日 13:45

『Ozplus』掲載と、桜の記念切手&消印の組み合わせ

こんにちは、いかがお過ごしですか。
3月30日、月末です。多くの会社では年度末でもありますね。おつかれさまです! 
わたしも今日はこれから銀行に行ってこなくちゃ。混んでないといいけれど、ま、混んでますよね、当然に。

 

さて、今月28日発売の雑誌『Ozplus』さんに載っています。
すごく素敵な、しかもとっても目立つページになっていて、うれしいな!

NEC_0293.jpg春のお手紙習慣をはじめよう。
監修しているレターセット「しあわせをはこぶ手紙」も大きく掲載してもいただきました。

『Ozplus』さんはいわゆるファッションだけでなく、女性の内面に目を向けて輝いていきましょうという視点から作られていますね。

読めるページも多く、いろんなセンスがいいので、とてもお得感のある雑誌だと思います。

 

たくさん反響があるといいなぁ~。
書店さんやコンビニで見かけたら、ぜひお手にとってみてください。

有麟堂さんのように文具店と書店が合体した販売店では、拙著ととなりあわせで「しあわせをはこぶ手紙」を展示・販売してくださっているところもあるようです。

春は人事異動・卒業・新入学、それにともなう引越しも多い季節ですから、気軽にペンをとりやすいタイミングでもあります。ぜひぜひ、心温まる手紙時間を楽しみましょう。


++

NEC_0294.JPG読者さんから届いたお便りです。
切手と消印の組み合わせがすごい!! 今週火曜日に発売になったばかりの特殊切手/米国への桜寄贈100周年の切手、すごぉーーく美しいですね!

この切手、わたしはぜひにも買うつもりです。

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2011/h240327_t.html

 

東京都練馬のTさん、ありがとうございます。
桜ビバレッジカード、すごくうれしいです! Tさんのご推察のとおり、いただいたのは初めてです。^^

 ご主人の桜の写真展、ご盛況をお祈りします。 感謝します!

 

 

ページTOPへもどる

2012年3月 7日 11:47

花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃。&「DIME」に載っています。

テーマ:メディア掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。

 願わくば 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの望月の頃

西行さんの詠んだ有名な句ですね。
約すと、「願わくば、春2月15日(←お釈迦様の命日)ごろ、満開の桜を眺めながら、来世へと旅立ちたい」。

旧暦の2月15日を今の暦にあてはめると、今年は今日(3月7日)がその望月の日。
今年は桜の開花までまだだいぶ時間がありそうですが、ちょうどNHK大河ドラマ「平清盛」では先週から西行さんにフォーカスが当てられています。@わたしは毎週、けっこう楽しみに観ています!

鳥羽天皇の中宮である環子(のちの待賢門院)との秘めた恋に苦悩し、順風満帆であった武士の道を捨て、ついに出家してしてしまう佐藤義清(のちの西行)。

ドラマの中では、環子を壇れいさん、佐藤義清を藤木直人さんが演じています。


壇れいさんの天然悪女っぷりがいいですね。
自分では何の悪意もなく、素直に、ただ流れに身をまかせて生きているだけなのに、なぜか自分とかかわりをもった才能ある男性たちが、次々と墜ちていってしまう・・・

仕方ないんですよね。
今の世にもそういう女性はいますし、わたしはとても共感します。

 

もっとも、西行さんの場合、決して墜ちていったわけではないですが。

悟りの世界に強く憧れながら、現世への執着を捨てきれず、日々を悶々と過ごすことになったからこそ、花や木や月に自然と目がいき、すばらしい句をたくさん詠んだ西行さん。

 世の中を捨てて 捨てえぬ心地して 都はなれぬ 我が身なりけり

「世の中を捨てたはずなのに、都の思い出が煩悩となり、私の心から離れない」

苦しいなぁ・・。
そして、苦しくも美しく、すごくリアルで胸に響きます。

 

++

NEC_0277.jpg今、発売中の雑誌「DIME」に1ページ掲載してもらっています。

ビジネスシーンでも気軽に一筆箋を。
たった3行で伝わる一筆箋ツイートの極意。

お隣のページはITジャーナリストの佐々木俊尚さんです。
DIME HACKS! よろしければぜひ、ご覧ください。(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました