プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

年賀状を書こう!: 2012年12月アーカイブ

2012年12月21日 16:24

日経Bizアカデミー連載・「年賀状の悩みにお答えします!」


こんにちは、いかがお過ごしですか。
だいぶ忘年会シーズン...。楽しく飲んで酔っ払って。よい年を迎えたいですね。


今日は12月21日(金)。
明日からの3連休で、年賀状と格闘するという方も多くいらっしゃるでしょうか。

日経Bizアカデミーさんで、連載原稿がアップされています。「むらかみかずこのシンプル手紙術」、第2回目の今回は、「年賀状の悩みにお答えします!」


郵便局いわく、元旦の朝に確実に相手に送るためには、25日(火)までにポストに投函してほしいとのこと。
同じ地域であれば、28日(金)くらいまで大丈夫なようです。

とはいえ、今年は28日が多くの会社で御用納めですから、実際にはそれまでがあわただしさのピーク。
まだまだ年賀状まで行き着かない方も多いでしょう。

そういうものですよね。


ま、そういうものですから、とりあえず楽しくお酒を呑んで、ゆっくり格闘しませう~。


++


NEC_0729.JPG
忙しくなると「猫の手も借りたい!」といいますが、ウチには猫ではなく犬がいるので、「犬の手も借りたい?!」。

が・・・・・。


なんでこんな恰好で寝ているのか...。

背中が痛くならないのか不思議...。

拍子抜けしちゃいます。




お求めいただけたら、本当にうれしいです!!






ページTOPへもどる

2012年12月18日 12:05

日経産業新聞に、年賀状の記事掲載。&こよみに興味を持つと...


こんにちは、いかがお過ごしですか。
雨が上がり、太陽の日差しが少し暖かく感じられます。


NEC_0726.JPG
今朝(12月17日・火)の日経産業新聞の朝刊に、掲載していただきました。
年賀状についての記事です。

スペースがだいぶ大きくて...。

親孝行になりますね(笑)

ありがたいです。


そろそろ本格的に年賀状が気になる時期になりました。

わたしは友人のマンガ家さんに似顔絵つきの年賀イラストを描いてもらったので、それをインターネットで印刷会社に発注して、53円の寄付金・お年玉付きの年賀切手を貼って、手書きのメッセージを添えて、送ります。

みなさんは、もうお決まりですか?




++

NEC_0727.JPG
今、とても売れている本だそうです。
『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らしー』(東邦出版)

全ページにイラストが入っているところも素敵です。ページをめくるのが楽しく、眺めているだけでわくわくします。


こういう本を通して「こよみ」に興味を持つと、何気なく感じる季節の移ろいに敏感になり、自然とはじめの1行を書く手がスムーズになりますね。

むずかしい言葉でなくても、たとえば今の時期なら、「コタツに入りたくなりますね」とか、「牡蠣が美味しい季節です」とか、「浅草の羽子板市に行ってみたい」とか、「椿の花がキレイに咲き始めた」とか...

そのときに感じることをそのまま言葉にすることで、「そういわれてみればそうだな」「うん、うん、たしかに」という共感を呼び、それが親しみや好意に変わります。

人によって趣向がよく出るので、個性や人柄が感じられて面白いところでもありますね。






ページTOPへもどる

2012年12月13日 14:06

年賀状に添えるひと言フレーズ(1)

こんにちは、いかがお過ごしですか。


今日から、年賀状に添えるひと言フレーズをいくつかご紹介していきます。

まず、目上の人に宛てて送る場合。
これらは、ビジネスシーンで付き合いのある人に宛てて送る場合を想定しています。


・〇〇様(課長や部長)とのご縁に感謝しています。
 本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

・旧年中は大変お世話になりました。
 未熟ゆえ、ご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、
 これから末永く、どうぞよろしくお願いいたします。

・〇〇さんと一緒に仕事ができて(〇〇部長のもとで働けて)、とてもうれしく思っています。
 これからもいろいろ教えてください。

・いつも〇〇さんからたくさんの学びをいただいています。
 心からの感謝をこめて。

・少しでも期待に応えられるよう、精一杯、努めてまいります。
 引き続き、ご指導いただけましたら、幸いです。

・いつも感謝しています。
 今年はもっと頼りにしてもらえるように、がんばります。

・今年も盛りだくさんな1年になりそうですね。
 お力になれるよう、がんばります。


次回は、後輩に宛てて送る場合です。



++

NEC_0725.JPG
クリスマスカード&年賀状シーズンまっさかりですが、便箋業界では春の桜の絵柄の販売もはじまりました。

写真は、デザインフィル ミドリカンパニーさんの紙シリーズ/桜の一筆箋6種。どれもキレイですね!

眺めているだけで、気分が上がります~。


「手紙の書き方」サイトでは、サイトのリニューアルにともない、拙著の無料プレゼントを行っています。
簡単なアンケートにお答えのうえ、どしどしご応募ください! お待ちしています。











ページTOPへもどる

2012年12月12日 12:11

年賀状シーズンです!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
12月に入り寒ーい日が続いています。

12月に入り、ありがたいことに取材のご依頼がつづいています。
新刊『たった3行のシンプル手紙術』や年賀状、寒中見舞い、ビジネスシーンでの手書きについて、お話しさせてもらっています。

とりわけ、年賀状については、今年から郵便局本社(日本郵便株式会社)が主宰する年賀状委員会のメンバーになっていることもあり、動向が気になる気になる~。。

年末のあわただしい中、手間をかけて送るのですから、少しでも効果につながる年賀状にしたいですね!

プライベートな友だちに送るなら、近況を添えて、親しみやなつかしさが伝わるように。
仕事で付き合いのある人に送るなら、「気が利く人」「できる人」「頼もしい人」と思ってもらえるように。


今年(2012年)にあったトピックを書いたり、新年の抱負を書くのがオススメですよ。

旧年を振り返り新年の抱負を考えることで、いい意味で1年をリセットでき、新たな気持ちで毎日をスタートできると思います。


++

NEC_0721.JPG
以前も書きましたが、お年玉付きの年賀切手、こちらはオススメです!

1枚53円ですから3円高いですが、こちらは寄付金として有効利用されているといいます。

この切手を使うと、手持ちのポストカードでもお年玉を相手にプレゼントできちゃいます。

ネットで売られていないのが残念ですが、郵便局の窓口で手に入りますよ~!



++

shuseihyo1-tegami.jpg
おかげさまで、新刊『たった3行のシンプル手紙術』(日本経済新聞出版社刊)、読者さんからうれしいお声をいただいていす。

忙しい、口べた、面倒くさがりでも大丈夫!
所要時間1分、たった3行をマネして書くだけ。

よろしければぜひ、お手にとってみてくださ~い!




ページTOPへもどる

2012年12月 7日 15:17

かくれミッキー、かくれプーさん、年賀状のトリビア!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

まずはお知らせを2つ。

デザインフィル ミドリカンパニーさんの「手紙の書き方」サイト、リニューアルにともない、読者プレゼントを行っています。

アンケートにお答えのうえ、プレゼントにご応募ください。
拙著、もしくは「しあわせをはこぶ手紙」レターセットが当たります。

ご応募、心よりお待ちしています!


◆12月22日(土)朝、年賀状のワークショップを行います。


フェイスブックのIDをお持ちでない方、コメントするよりは‥などと思う方は、お気軽にメールくださいね。 
tegami ☆ e-hanamaru.jp (☆を@)にしてください。


++


さて、年賀状の話題です。
ここ数年、ディズニー年賀状が人気です。

インクジェット紙のプーさん年賀状と、インクジェット写真用のミッキー年賀状。
それぞれにキュートで楽しい仕掛けがあることをご存じですか。

NEC_0720.JPG
こちらは、ミッキー年賀状。

なんと! 矢印のところにミッキーが!!

ほかに3か所。ぜんぶで5か所、「かくれミッキー」がいます。






NEC_0718.JPG
もう1枚のプーさん年賀状。

こちらも、矢印のところにプーさんが!!

ミッキー年賀状と同じく、ほかに3か所。ぜんぶで5か所、「かくれプーさん」がいます。


楽しいですよね! 
しかも、かなりの難問です。

ぜひ見つけてみてください。そして、まわりの人にクチコミしちゃおう!



++

NEC_0719.JPG
もう1枚、こちらはインクジェット写真用の普通年賀状。

切手部分のデザイン/おせち料理にちなみ、矢印のところがお皿とお箸になっています(切手デザイナーさんに教えてもらいました!)。

すっごく粋なデザインですね!!
こういう工夫はとても楽しく、送るほうももらうほうもうれしくなりますね。


以上は、郵便局本社の会議にて、切手デザイナーさんから教えていただきました。














ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました