プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2020年3月25日 10:31

胴吹き桜、桜の言葉、雑誌『ミセス』4月号にて監修

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ネットニュースを読むと気持ちがふさぐ。小さなことに過敏になっているかもしれない。そんなふうに感じる人も多くいると思います。

体の不調には気づきやすいですが、心は知らず知らずのうちに疲れをためやすいですね。

幸い、季節は春です。
花の色や匂い、日常の小さな幸せを見逃さず、元気に笑顔で過ごしたいものですね。どうかご自愛ください。

20200325-1.jpg
木の幹から咲く桜のことを「胴吹き(どうぶき)桜」と言うそうです。
可愛らしくもありますし、力を込めて一生懸命に花を開こうとする、けな気な、がんばりやさんのイメージもありますね。

後ろにうっすらと見える紅色は、桃の花。

散歩は心の栄養補給タイムです。


桜の言葉

・初桜(はつざくら)/その年にはじめて咲いた桜の花
・桜狩(さくらがり)/「狩る」とは何かを求めること。桜を求めて貼るの山里をたずね、鑑賞すること
・夢見草(ゆめみぐさ)/桜の別名。美しさにうっとり見惚れてついた呼び名
・花筏(はないかだ)/水面に花が散る様子を筏に見立てていう
・夜桜(よざくら)/夜の桜の花
・花明かり(はなあかり)/夜、満開の桜の周囲がほのかに明るく感じられること
・花吹雪(はなふぶき)/散り落ちる桜。「落下」「花の塵」「花屑」ともいう
・花筵(はなむしろ)/花びらを敷物に見立て、その上に座ること
・花嵐(はなあらし)/桜の花が咲くころに吹く強い風のこと。また、風で桜の花びらが盛んに散ること。
・花冷え(はなびえ)/桜の花が咲く季節に一時的に寒くなること
・花曇り(はなぐもり)/桜の花が咲くころの、曇りがちな天気のこと

参考文献:『花の名前』高橋順子(小学館刊)


発売中の雑誌『ミセス』4月号(文化出版局刊)とじ込み付録「短い言葉でも伝わるお礼状の書き方」カラー20ページ弱、監修・取材協力しています。
20200325-2.jpg
当協会の講師が「すごくいい!!!」と熱くおすすめしてくれました。一筆箋や筆記具のページが特に気に入っているそうです。

華やかな誌面を見ていると、それだけで気持ちが上がります。
自宅で過ごす時間が増えますね。この機会にぜひお手にとっていただけたら、うれしく思います。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 胴吹き桜、桜の言葉、雑誌『ミセス』4月号にて監修

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yourletter.jp/mt/mt-tb.cgi/809

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました