プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2017年5月29日 12:46

52円切手をいろいろと、切手の再利用、オリジナル切手、太字と細字の違い、青の違い、一筆箋活用術、父の日のカード・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
陽ざしの強さに「夏」を感じるようになりました。


■ はがきの送料が62円になるにあたり、手元に残っていた52円切手を使ってたくさんハガキを送りました。
20170529-1.jpg
いろんな切手がありますね。振り返ってみて、一番のお気に入りは、多肉植物の切手です。季節を問わず、男女も問わず、いつも気持ちよく使えました。


■ 書き損じたものや取材で使った切手に水をつけているところです。この後、レンジでチンすると、キレイにはがれて再利用できます。
20170529-4.JPG

■ 2年前に亡くなった先代のワンコで作った切手シートが目に留まりました。これは永久保存版!
20170529-3.JPG

■ ここのところ、セミナー・研修つづきでSNSに写真を更新できません。代わりというわけではないですが、研修で使っている「文字の書き見本/太字と細字の違い」をアップします。
1.JPG
端が曲がっているのはご愛敬。右と左、同じリズムで書いたものです。右が万年筆(太目)の青。左が水性ボールペン(0.5)の黒。画像をクリックして拡大してご覧ください。どちらが良い・悪いではなく、ペンによって文字が変わることに気づいていただきたくて、こうした見本を作っています。

2.JPG
ひと言で「青インク」といっても、右のようにあざやかな青もあれば、左のように落ち着いた青もあります。同じ文字でも、だいぶ印象が異なると感じませんか。


■ 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社刊)、7刷です! 鳩居堂さんの一筆箋が付録になってとてもお得! お手元にぜひどうぞ。
20170529-5.JPG

■ もうすぐ父の日です。わたしは思春期から30代前半にかけて、父と顔を合わせられない時期が長くありました。どうにもこうにも、苦手だったんです。頭の中で勝手な理想の父親像をつくりあげ、その理想とマッチしない現実を受け入れられずにいたんですね、いろいろと。
20170529-0.JPG
けれど、ある時期、自分の人生と向き合ったとき、どうしてもそれを克服したいと思いいたり、それ以降、思いつくたびに、父に手書きでFAXを書いて送ることにしました。たいしたことではなく、甥っ子が元気とか、姪っ子が可愛いとか、そういう家族の普通の話です。

そのうち、「お父さん、今日は何しているかな」「今日は元気かな」と、父を想像することが習慣のようになると、いつの間にか自然と、「あ...。あのときお父さんは、本当はこういうことを言いたかったのかな?」とか、「お父さんは、誤解されやすいだけで、実はとてもやさしい人なのかもしれない...」と、自分の心の奥の固いものが少しずつほぐれていくのを感じるようになりました。

それ以降、しだいに本音の話ができるようになり......。いろんな思いを重ね、今は父のことをとても大切に、愛おしく感じています。これも手書きの効果です。

最近、高齢ゆえの脳みそのグチャグチャが進行しているようで、ちょっと心配なのですが。少しでも長く、楽しく会話できるといいなと思います。


■ 5/23(火)14:40頃~、FM愛知/@FM「Radio Freaks」に電話で生出演しました。手紙を上手に書くポイント・きれいに見せるコツなどお話ししました! http://fma.co.jp/f/prg/radio


6月8日(木)TBS系列「プレバト!」出演予定です☆ お楽しみに!!


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 52円切手をいろいろと、切手の再利用、オリジナル切手、太字と細字の違い、青の違い、一筆箋活用術、父の日のカード・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yourletter.jp/mt/mt-tb.cgi/706

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました