プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2008年12月アーカイブ

2008年12月 8日 12:17

オンナを上げる?!手紙術

こんにちは。いかがお過ごしですか。
いろんなこと満載の週末を過ごしました。なんとなく12月っぽくなってきたような・・

 

さて、書きたいことがいっぱい! ネタがいろいろたまっています~@うれしい悲鳴。

まずは昨日、お友達が主催するお残り様の会のお食事会、ミラクルサロンにて、初のお手紙講座の先生を。

六本木ヒルズの会員制クラブの個室レストランという素敵な空間で、自前のインクや万年筆、一筆箋をテーブルに並べつつ、美味しいイタリアンに舌鼓を打ちつつ、「オンナを上げる?!手紙術(←今つけたタイトル。笑)」について、さっくりとお話しさせていただきました。

お話しした内容は、

1)自分の書く字に自信がない人に、万年筆のすすめ。お店は青山の書斎館がいいですよ。

  書斎館; http://www.shosaikan.co.jp/

2)ときと場合、相手に応じて、ペンやインクを使い分けることのすすめ (ファッションと同じです。近所を歩くときと、おめかししてパーティに行くときでは、お洋服を着替えますよね。それと同じように、ペンも持ち替えましょう)

3)書類のやりとり時に、必ず一筆箋を添えることのすすめ。ほんの一言、「いつもお世話になっています」だけで、オンナっぷりが上がります! 一筆箋はいつもカバンの中に入れて持ち歩きましょう。

3)長文を書くのは大変だから、一言書きのすすめ。市販のポストカードでもいいし、たとえばオリジナルのポストカードをつくれば、一言でもばっちり好印象! オリジナルのポストカードは100枚3000円くらいで印刷(紙代込み)できますよー。

 ☆ネット印刷通販の、プリントパックさんがおすすめです。@ただし、データ加工・入稿に自信ありの方のみですが。

  プリントパック; http://www.printpac.co.jp/ 

4)そして、記念切手のすすめ。文章は一言だけで済ますぶん、切手で遊ぶと楽しいですね。

 

ひとつ、学んだこと。やはり恋愛ネタを入れると、反応がダンゼン違いますね。

わたしは、小学生の頃から、好きな男の子に向けて、ラブレターを書いているんです。そして、20代のころ、遠距離恋愛中の男性との550通を超える文通経験から「書く」ことの楽しさに目覚め、まったく未経験ながらライター業をはじめました。

これまでに特に印象に残っている手紙といえば、ショックだった結婚報告ハガキのこと。

 http://www.yourletter.jp/2008/11/post-56.html
 

実はわたし、この相手の男性(↑))に、一時期、恋心をいただいていたことがあるんですね。だから、たった1枚のハガキから、この女性がどういう人なのか、読み取ろうとしたわけです。女心で・・

こういうネタって、盛り上がるんですね♪ やっと気づきました(笑)。

みなさんとのご縁に感謝いたします☆

**

さてさて、そして今日は冬のグリーティング切手の発売日です。

先ほど早速、郵便局に行ってきましたよー! もち、大量購入です(笑)

greetings.JPGそして、花柄好きの方へは、こんな切手もありました。こちら、かなり素敵!

hana5080.JPG80円のほうは、背景が白だから、色つきの封筒に貼ると、デザインがさらに映えそうですね。

この切手は、かなりオンナっぷりが上がるわぁ、と思いました。まずは眺めて楽しみつつ、どなたに送る手紙に貼るか、考えようと思います(笑)

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月 6日 16:16

季節のカード。その前に・・

こんにちは。いかがお過ごしですか。
そろそろ空がオレンジ色に染まり始めています。この季節の夕焼けは美しいですね。

さて。昨日ポストに、こちらが入っていました。

1225.JPG

1月1日のあなたの、心の中にいたい。

年賀状は12/25(水)までにお出しください。

数日前、姉のところに遊びに行ったとき、甥っ子・姪っ子はもう年賀状を全部、印刷していましたっけ。
最近の子は小学生でもパソコンで印刷するのですね。ハイテクだわー。(←という言い方が、すでに古いわー。) 

ちゃんと手書きでひとことメッセージを添えていました。えらい!

 

で、ですね! ハガキにも書いてあるこの郵便局のウェブサイト、すごく素敵ですよね。
 http://www.yubin-nenga.jp/ 

郵便ファンのわたしとしては、こういうウェブサイト・CMを見ると、たまらなくうれしくなります。心がぬくぬく、あったかくなりますよね。


それから、こちらも大好きです。海外に送るクリスマスカードのためのサイトです。

特にご予定のない方も、よろしければぜひ、ご覧になってみてください。
 http://www.ems-post.jp/xmascard/

cristomas-site.JPGこのサイト、英語の文例と、中国語の文例まで載っているんですよ。しかもプライベート用と商用の両方! 文例はかなり細かいですし。すごいですよね。
 http://www.ems-post.jp/xmascard/boilerplate/english.html

クリスマスカードの歴史や、豆知識コラムは、読んでいる(眺めている)だけで楽しめます。カードも可愛いです。
 http://www.ems-post.jp/xmascard/step/step1.html 
 http://www.ems-post.jp/xmascard/column/index.html

 

お仕事の合間の気分転換にも、ぜひ~☆

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してください~♪

ページTOPへもどる

2008年12月 5日 11:16

手紙で書いてはいけないこと

こんにちは。いかがお過ごしですか。今日はだいぶ北風が強いです。ビュービュー風音が聞こえます。

 

さて、昨日「手紙上手は、ひとり上手」と書きましたが、わたしはこちらでも書いたように、「ひとり上手」に関しては、かなりのキャリアを積んでいると思います(笑)

で、「ひとり上手」といえば、中島みゆきの名曲。ネットで歌詞を探してみたら、すごいフレーズを発見。 

  手紙なんてよしてね

   なんどもくり返し泣くから

   電話だけで捨ててね

 

ほんと、ほんと、そのとーりだと思います。

手紙の作法といったらオーバーかもしれませんが、手紙って、手間がかかるぶん、それだけで大切な気持ちが込められていることが相手に伝わるツールですよね。

だから、本気で伝えたいような重い事柄は、手紙では書かないほうがいい。相手に負担をかけるのは忍びないですから。

本気で伝えたいことは電話で済ませ、手紙については、お礼状か、用件のない「ご機嫌うかがい」や「独り言系」がおすすめ!

特別の場合をのぞき、基本、便箋複数枚にまたがるような長文は書かない。文章に頼るのではなく、切手や筆記具、ポストカードや手書き文字など、すべての手順を含めて、手紙を楽しむ。

それが、ほんとうの手紙上手だと思います。

@日ごろ、手紙を書かない方にとっては、誤解されやすいところなんですけれどね! 

antique.JPGこちらは、偶然入ったアンティークショップで見つけた、アメリカ シェーファー社のブルーインクと、国産の極細字用ガラスペン。インクは1980年代? ガラスペンは大正時代のもの?

発見したとき、超コーフンしちゃいました!(笑)

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月 4日 09:54

手紙上手は、△△上手?!

こんにちは。いかがお過ごしですか。 

さて、ここのところ、いろんなところで「手紙好き!」と公言していたら、自然と、手紙好きや切手・文具マニアさん(笑)な方々とのご縁が広がりつつあります。ふふふ。

みなさん、すごいです! その人らしく切手や筆記具への「こだわり」をもって、上手に手紙を楽しんでいらっしゃる! 惚れ惚れしちゃいます。

先日は、こんなハガキが届きました。文面がすごーーく素敵なんです。ご快諾いただいたので、掲載します。

gyoen.JPG「・・(略)・・・ずっと訪れたいと思いつつ、叶っていなかった新宿御苑に来てみました。お天気が良いと外で太陽にあたらないのはもったいない!と家に居られなくなってしまって(笑)
こうやって外に出たり旅に出たり、はたまたあまりにも退屈な人の話をきかねばならない時用にポスカと好きなペンを持ち歩き、想うままにペンを走らせるようにしています。なので、数名の住所は暗記しています(笑)
葉書や手紙を書く行為は自分のキモチ(バロメーター)をはかるのにもよいと思っていて、ワタシの場合、興味のない方へは書けませんし、社交辞令では絶対に書けないのです。また、行き詰った時にも書きたいキモチがひいて、枯渇します。
まだまだ書きたいことがいっぱいですが、紙の都合上、またあらためます。ではまた。かしこ」

 

裏面は、新宿御苑のイギリス風景式庭園。

gyoen1.JPG

 

こういう「独り言」系(笑)の手紙って、大好きです♪

「用件があるわけじゃない。ただ、なんとなく書きたくなったから書いてみた」。そういう「なんとなく感」って、微妙な年齢の女性ならではのものかもしれません?!(笑) 余計にうれしいわ。ありがとう!

そう、、このキモチのバロメーターを手紙ではかる・・、よくわかる気がします。わたしも、元気なとき・楽しいときは手紙を書く手がすすむ一方、なんとなく気が滅入っているときは、なかなか書く気力が湧いてきません。

で、(それがいいのかどうかは置いといて)、そういうときはあえて「書きやすい人」から少しずつ書いてみる。すると、自然とその人との会話や、その会話をしたときの情景が頭の中に浮かんできて、だんだんキモチが上がって、いつの間にか元気になっていたりもします。

勝手に、ひとり手紙セラピー(笑) 

・・・んん、、、そうなると、手紙上手って、ひとり上手なのかもしれませんね。。。 

@いやーん!そんなオチ!?(^_^;) 

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月 2日 10:30

本郷3丁目の小さなお店に行きました

こんにちは。いかがお過ごしですか。

昨日の快晴とはうってかわって、今日はどんより曇り空。ラジオから流れてくる曲調も、昨日とはだいぶ異なるように感じられます~

 

さて、いっぱいいっぱいだったわりに文房具店には足を運んでいて、先週はついでもあって、本郷3丁目の scos に行きました。

 scos ; http://www.scos.gr.jp/open.htm

scos.JPG

「えっ、こんなところにあるの?」というような、ちょっとわかりにくい場所にあります。でも店内はお客さんでいっぱい。平日だったのに。すごい。

scos とは、a small circle of stationery の略なんだそうです。その名のとおり、5人も入れば身動きが取れないくらいの小さなお店です。

 

最近、買い過ぎ注意報を発令していたので、今回はひとつだけでガマン。こちら。ヘンな顔の羊のメモ用紙、210円でした。「羊が1匹、羊が2匹・・・」と夢に出てきそうです・・?! 

hitsuji.JPG

うれしかったのは、ミニパック! こういう、オーナーさんのこだわりがたくさんつまった文具店って、どこも包装が素敵ですよね。

こちらのお店はドイツの筆記具メーカー、シュナイダー社の筆記具をたくさん扱っているようで、包装紙(ミニバック)もシュナイダー社のものでした。おしゃれー! 

scos1.JPGこういうのって、捨てられないですー。かといって、どうするわけでもないんですが、やっぱり捨てられないー。

お支払いしたとき、スーパーのレジ袋みたいなビニール袋で受け取るか、こういう素敵なパックで受け取るか。違いは大きいですね。

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました