プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2019年2月18日 14:40

ご先祖様の話、お手紙フリマ、古切手屋さんなど

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今週は暖かい日がつづくようです。

昨年秋ごろから、父(昭和10年生まれの84歳)に、父の子どもの頃の話、父の両親や父の祖父母の話などを根掘り葉掘り聞き出しています。根掘り葉掘りというと言葉は悪いようですが、今しか聞ける機会がないため、わたしももう遠慮しないで「それでそれで?」と踏み込んで聞いています。

すると、今までほとんど知らなかったびっくりすることがたくさん出てきて、小説を読むよりおもしろいくらい。
ご先祖様に対する「畏怖」のような感情も、不思議と胸に湧いて出るようになりました。これまでも慕う感覚はありましたが、今回のような感情は初めてです。

村上の家は大切な人を戦争で亡くしています。
わたしの名前が「和子」なのは父が平和を願って付けたからです。
子どもの頃は平凡過ぎるこの名前を疎ましく思っていましたが、そう名付けるにいたった父の心境が、ご先祖様の話を聞くことによってだいぶ腑に落ちてきた気がして、今はとても大切なものに思えます。


昨年末、「年賀状じまい」というこれまで聞いたことのなかったテーマが話題になりました。「齢を重ねてまいりましたので、今年で年賀状を最後にします」という「年賀状じまい」。わたしの親もそうですが、施設に入ったり介護度が高くなったりすると、自分の近況を家族や本当に気を許せる近しい人以外には知らせづらく、大勢の人と関わることがどうしても億劫に、またしたくてもできなくなるようです。

人づきあいはうれしく楽しい反面、わずらわしさや負担を感じることもあります。年齢が上がり、気力・体力の衰えとともに後者の感情が強くなり、年賀状に対して消極的になるのもわからないことではありません。

ではなぜ、昨年急に「年賀状じまい」が話題になったのでしょうか。想像でしかありませんが、天皇皇后両陛下の退位と関係があるのでしょう。

両陛下が退位する。それはとてもさみしいことですね。同じ時代を生きてきたシニアの人たちが、心の奥深いところで両陛下の退位を自身のそれと重ねるかのごとく「わたしも同じように様々なことに一区切りつけたい」と感じるのは、自然なことだと感じます。

あと数か月もすると元号が変わり、新しい時代がはじまります。
どんな世の中になるかな。

**

目白にある「切手の博物館」で行われた「お手紙フリマ」で買いました。会場は熱気ムンムン。久しぶりの人にも会え、楽しかった!
20190218-1.JPG

小澤征爾さんの切手を指定買い。
崩れ落ちそうなほど大量に積み重なった切手フォルダの中から「あぁ、あれね」とすぐに目当ての1枚を見つけ出す古切手屋のマダムと、「20世紀シリーズにもありますよ」と応じる常連風の男性客・・。ディープな人たちでした。笑
20190219-3.JPG


ページTOPへもどる

2019年2月 7日 12:34

手書きすることあれこれ

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしはとても元気です・笑

多かれ少なかれ誰でもそうだと思うのですが、とかくわたしのような偏った脳みその持ち主は、月のうち何日か落ちてしまうときがあります。

が、数日経った今、フレッシュな感覚で読み返してみると、前回書いた後半の文章はちょっと書きすぎ(相手がいるので)な気がして削除させてもらいました。
手紙で感想を送ってくれた若い女の子までいて...。TNさん、ありがとう。願わくば、いい影響だけ受け取ってね♪



フランス帰りの当協会の講師から、「ルイ・ヴィトン」のようなハイブランドともなると、顧客にインビテーションカードを送るときなどには、カリグラフィ職人が宛名を一通ずつ手書きすることもあるのだと聞きました。

その講師は今回そのカリグラフィ職人とご縁があったそうで、わたしもその職人が描いたものをいくつか写真で見せてもらいました。さすがだなぁ・・! と感じ入りました。もちろん封筒や切手の貼り方もすばらしかったです。

高品質路線の(日本の)カード専門店からも、「最近は数を減らしても1通1通に丁寧なレターを送る小さな会社が増えているようだ」と聴きました。
その感覚、よくわかります。わたしも今、当協会で使っているハガキなど紙アイテムをいくつか見直したい気持ちがフツフツと高まっています。

ニュースで「文字を手書きするロボット」の映像を見ましたが、見る人が見ればわかると思うのですが...、どうなのでしょうね。そんなに簡単なのかなー。クリエイティブは永遠だと思いますが。淘汰は激しくされていくでしょうけれど、逆に、今生きづらい人に光が当たる時代になるかもしれませんし、そうなるといいなと思いますね。


銀座の月光荘さんのカフェで描いてもらいました。「おどろおどろしいのが出てきたらどうしよう?」と半分期待していたのですが、意外とあっさり。そういうあっさりテイストの絵描きさんなのだそうです。よかったです・笑
20190207-1.jpg





ページTOPへもどる

2019年1月31日 17:57

増刷御礼、梅の切手が使いどき、フランスからのエアメール、風景印の捺し方がすごい、ほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。
そろそろ節分。お正月から1か月が経過して、またひとつ気持ちが新しくなるチャンス到来です。一陽来復。佳きことがたくさん訪れますように。


■  3刷決定! 拙著『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』(日本経済新聞出版社)、読んでいただいた方からの評判がよく、うれしい限りです。よろしければぜひ。

3hagaki.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

■2月になれば、梅の花。普通切手の梅切手はまさに今が使いどき! 2月は大量消費月間です。
20190131-0.JPG

■ フランスからポストカードが届きました。ペルシャやシルクロードの香りも漂うデザインですね。おしゃれ~。過去に確実に貴族階級の人たちが存在したことを思わせます。
20190131-2.jpg

■ エアメールのときには、切手の真上に消印を捺さない配慮がほしい。面倒だとは思いますが。
20190131-1.jpg

■ 真っ赤なお花のポストカード。文楽の人形がモチーフになった個性的な風景印付き。ありがとうございます!
20190131-4.jpg
この郵便局員さんの風景印の捺し方がいかに精密か、感じとれますね。
20190131-3.jpg




ページTOPへもどる

2019年1月21日 18:39

渋谷郵便局の風景印、最高の時間、変わった神社ほか・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。

1.11付。渋谷郵便局の風景印で届きました。
子どもの頃、実家の庭にスイセンの花が咲いていました。この時季に咲く花は少ないからでしょう、よく記憶に残っています。花言葉は「うぬぼれ」「自己愛」。池の水面に映る自分の姿に見惚れた少年の話がギリシャ神話にありますね。ナルシストの由来と言われています。
IMG-4075.JPG

2019.1.19、忘れられない1日。
IMG-4086.JPG
終演後、興奮、達成感、感謝、喜び、満足感、悔しさ、生きる悦び・・。様々な感情で胸がいっぱいになりました。

マーラー8番の後半部分の歌詞は、ゲーテの「ファウスト」が元になっています。
とても難解な歌詞なのですが、人間の弱さを歌うところのメロディーがとろけてしまいそうなほど優美なのです。そして最後にはゆるし、救いがあり、天へとつながります。

リハーサルのとき、バッティストーニ氏が「すべての芸術の源がここにあると思っている」と言っていた箇所があります。
ひと言でいえば「愛」。けれど愛にもいろいろあります。わたしはそれをまだ自分の言葉として言語化できていませんが、これからずっと考え、感じ続けていきたいと強く胸に思っています。

最高でした。


金沢市内の尾山神社。高窓にステンドグラスが。めずらしい建造物の神社ですね。
IMG-4074.JPG
研修、講演会~合唱本番で出ずっぱりだったわたしに代わり、当協会の優秀な講師たちが見事に段取りしてくれ、NHK番組の収録がとどこおりなく終わったと連絡を受けました。

放映日はまだ先です。桜が咲く頃かな。お楽しみに!



ページTOPへもどる

2019年1月14日 10:45

スタバ年賀状、これまでの振り返り(1)

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は3連休の最終日。春のきざしを感じています。

今年届いた年賀状の中にうれしいサプライズが!
スタバ年賀状。これ知りませんでした。ドリンク1杯無料チケット付き。うれしいです。ありがとうございます!

IMG-4069.JPG

大学を卒業後、特殊法人勤務をへて小さな編集プロダクションに就職しました。もともと本や雑誌を読むことが好きだったので、雑誌づくりに興味がありました。

その会社で基本的な「書くこと」や印刷のことを覚え、いろいろなタイミングが重なって個人事業主のライターとして初めて自分の名刺を持ったのが、今から約20年前。

最初はタウン情報誌やブライダル情報誌の記事を書くことからスタートし、その後、中小企業の社長さんに「なぜ、その会社をつくったのか?」「その商品・サービスを通してお客様にどんな価値を提供したいとお考えか?」といった仕事に込める思いをインタビューして文章にまとめる小冊子作成の仕事とめぐりあいました。

当時のわたしは社会経験も何もかもすべてが未熟。お客様は企業の社長さんでしたから、同じレベルで話せるようなことなど何もなかったように思います。

ただ、そういう人たちからも信頼してもらえなければ、ごはんを食べていけません。
目の前の依頼に誠実に向かい合うことはもちろん、営業活動の1つとして、ご縁のある方にお礼状を書いたり、用事がなくても季節が変わるたびに季節のはがきを送ったり、ものや書類をやりとりする際には必ず一筆箋を使ってひと言添えたりしていました。

すると、しだいに「いつもありがとう」「あなたから届くはがきを毎回、楽しみにしている」「机に飾っているよ」といったうれしいお声をいただくようになりました。
褒めてもらえればそれはまさにご馳走ですから、「もっと喜んでもらうためにはどうすればいいのだろう?」「どんなふうに書いたらいい?」「どんなふうに工夫したらいい?」と、もっともっとと追求する気持ちが強くなりました。

運もよかったのでしょう。書く枚数が増えるにつれ依頼や紹介の数も増えていき、年間1000枚くらいになると、今度は「出版してみないか?」「うちの会社の女性社員に教えてほしい」といった新しい世界がしぜんと広がっていきました。

今も思い出すのが、当時、あるリフォーム会社の社長さんからかけてもらったひと言です。

「こういうの(←はがきのこと)はいいね。手紙を書くのは徳を積むいちばんの方法だから、これから先もずっと続けていきなさい」

わたしなりに必死だったからだと思います。泣きそうになるくらいうれしく、胸に響いた言葉です。

思うに、手紙がいつも未熟な自分を補ってくれました。





ページTOPへもどる
前の5件  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました