プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2016年9月 6日 16:00

CD収録、通信講座『メール・文章の書き方講座』、そえぶみはがき箋、切手の飾りスタンプ、トルコキキョウの切手。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
9月になってからも湿度が高く、過ごしにくい日がつづきます。台風の動きも気になりますね。

■ 大手コンサルティング会社の日本経営合理化協会さんの会員向けサービス/月刊CD経営塾に出演することになり、その収録を行いました。
録音スタジオのマイクに向かって、1時間、一人でずっとしゃべりぱなし。久しぶりに緊張して顔がだいぶこわばっていますが...  
CDkeiejyuku9.JPG
■ 日本経営合理化協会さんで、この9月から、当協会のビジネス通信講座『仕事で差がつく!メール・文章の書き方講座』の委託販売がはじまりました。

gourikakyoukai.JPG

文章を書くことに苦手意識のある方は大勢います。
ここ数年はLINEやSNSを使ってやりとりすることが増えていますから、若い世代は「パソコンメール自体、打ったことがない」人もいます。

先輩や上司が、そのつど書き方を教えられればいいですが、なかなかそれもむずかしいですね。
そこまで手が回らないという会社もあれば、「そもそも、どんな書き方をすればいいか、わからない」「できていないのはわかっているけれど、今さら人に聞けない」などの悩みも多く耳にします。

当講座は通信講座のため、オフィスや自宅にいながらにして、文章を書く力を養えます。テキストを読み、課題に取り組むと、ビジネスシーンでメールや文章を書く上での基本とコツが、おのずと習得できるでしょう。
テキストの最終ページに課題を設けています。課題を提出していただくと、当協会の認定講師が赤ペン添削指導してお戻しします。

お役に立てれば、うれしく思います。
 

■ 「そえぶみはがき箋」が発売開始となりました。岐阜県美濃市の美濃和紙/古川紙工さんの商品です。8枚入り(縦4枚、横2枚、無地2枚)、試し書き用のミニ紙もついています。親しみやすく温かみのある美濃和紙と、そえぶみ箋でおなじみのほっこり可愛いワンポイント! 

むらかみかずこ監修の商品です。
soebumihagakisen.JPG

■ そえぶみはがき箋で、いろいろ書いています。写真はボカシばかりで何だかよくわからない状態ですが、インクのにじみ具合を確認したり、似合う切手をみつくろったり、「そえぶみ箋」と組み合わせたり...... 感覚を体に叩き込んでいます。

soebumihagaki_tamesigaki.PNG
■ こちらは、近所の神社でやっていたハンドメイド市で見つけたものです。男の子が靴投げしている切手の飾りスタンプ。ドウサさんのものです。
dousa_stamp.JPG
■ 先日、当協会にいらした認定講師・森岡雅子さんが送ってくれた1枚です。ちょうど、紫と白のトルコキキョウを飾っていたので、それに合わせて切手を選んで送ってくれたのだと思います。
口には出しませんが、そういう気配りがツボにはまります。「あー、ちゃんと見ていてくれたんだなー!」「ぴったりだー、すごいー!」と感嘆して、思わず写真を撮りました。

torukokikyou_kitte.JPG
■ 昨年10月の発売以来、まだ1年経ちませんが、4刷が決まりました! 拙著『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』(PHP研究所)、ありがとうございます。
isshoutukaeru_ippitsusen4.JPG
体調をくずしやすい頃ですね。
わたしは体は大丈夫なのですが、ノドだけやられてしまって、ここ数日ずっとかすれ声です。気を付けないといけませんね。

すこやかな毎日を!




ページTOPへもどる

2016年8月29日 10:57

秋のディスプレイ、美文字レッスン、「添」の字が変わった!、岩手日日新聞コラム掲載、Oggi wedding掲載、ESSEオンライン掲載!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
大きな台風が近づきつつあります。大事にいたらないといいですね。

■ 8月も終わりになると、秋の訪れが待ち遠しく感じられます。暑さにはもう閉口です。手紙アイテムも少しずつ秋にチェンジしています。

オフィスのディスプレイも変えました。
下に敷いているのは、ホールマーク社の便箋/秋の七草と、コスモス。招き猫とウサギの座布団は、プラスラボ社のミニメッセージカード。ポストカードはホワイトベース社。赤い実は、花茄子(ハナナス)です。
aki_dysplay.JPG
■ 壁のポストカードもなんとなく秋柄に。すべてホワイトベース社のものです。
kabenocards_aki.JPG
■ 当協会の講師限定で、プチ美文字講座を行いました。講師は、鈴木真衣子さん(写真中央)。鈴木さんは、4歳のころから書道をたしなみ、現在は、書道・ペン習字講師として、また手紙の書き方コンサルタントとして活躍しています。
bimojikoza2.JPG
bimojikoza1.JPG
■ わたしは「書き添える」「添削」の「添」の字がどうしても苦手で、いつもひらがなで書いてしまうのですが、今朝書いてみたら、なんだか苦手意識を克服できたような...、気がします(笑) うれしい驚き! ちょっとしたコツを知ると、変わりますね。
soeru_soeru_lesson.JPG
■ 講師の活躍がうれしいです。写真は、岩手県北上市在住の手紙の書き方コンサルタント/豊巻智子さんが岩手日日新聞で連載しているコラム記事です。
DSC09118.JPG
■ こちらは、杉並区在住の大場敦子さんが、雑誌『OGGI』9月号(別冊wedding)で取材協力した記事です。
igguwedding_ohbasan9.JPG
■ 青木多香子さんの『ESSE』コラム執筆も順調です! よろしければぜひ、チェックしてください。

esseonline_aokisan.jpg

今週もよい1週間になりますように。


ページTOPへもどる

2016年8月25日 14:57

鹿児島で女性セミナー、桜島、鹿児島のフォルムカードと一筆箋、桔梗の花のカードと秋の七草。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
まだもうしばらく、過ごしにくい日がつづきそうですね。

■ 先日、鹿児島県中小企業団体中央会さんにお招きいただき、女性向けキャリアアップセミナーで講演しました。

P1050456.JPG
P1050459.JPG
P1050461.JPG
初めて鹿児島の地に訪れました。セミナーで出会ったみなさんとの交流はもとより、桜島を眺め、おいしい食事をいただき、築160年という旧・島津家のお屋敷にもうかがい、有意義な時間を過ごしました。
sakurajima_asa.JPG
■ 鹿児島のお土産。ご当地フォルムカード3種と、鹿児島の名産品等が描かれた一筆箋です。
kagosima-ippitsu-formcard.jpg
■ こちらは鳩居堂さんのシルクスクリーン印刷のはがき2種、どちらも桔梗の花です。今の時期、夏の絵柄もまだ十分に使えますが、気持ちはもう飽きてしまっている部分もありますので。ちょうど朝ドラ「とと姉ちゃん」で、桔梗の花がモチーフとして使われていました。
kikyo-kyukyodo.jpg
秋の七草は、萩(ハギ)・桔梗(キキョウ)・葛(クズ)・藤袴(フジバカマ)・女郎花(オミナエシ)・尾花(オバナ/ススキのこと)・撫子(ナデシコ)。

涼風が待ち遠しいですね。

ページTOPへもどる

2016年8月17日 20:28

この夏、届いた手紙いろいろ。風景印や、小学生のものや、メーカー、茶め~るも!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お盆休みとオリンピックの熱戦と。さすがに生活リズムが崩れますが、ちょっとずつ元のペースに戻していきたいですね。

この夏、手元に届いた手紙の中から、えりすぐりのものをご紹介します。

■ こちらは風景印付きの2枚。右下のものは、祝日「山の日」を記念したものですね。どちらも同じ知人(風景印マニアさん)が送ってくれました。
yamanohi_fuukeiinn.JPG
■ もうひとつ風景印。愛媛県宇和島市在住の読者さんが、送ってくれた1枚です。よく見ると、流しそうめん? おもしろい~!
ehime_simoono_fukeiin.JPG
■ 当協会の通信講座の受講生の息子さん(小学2年生)が送ってくれました。小学校低学年の頃から暑中見舞い状を書くなんて、すばらしい!
kodomo_card.JPG
■ レターセットメーカー/日本ホールマーク社の広報さんから届きました。写真ではわかりづらいですが、細かなカッティングが非常に美しい1枚です。
グリーティングカード市場は年々、ゴージャスになりつつあります。どれもけっこういい値段しますが、この1枚でギフトになりますね。裏面にメッセージが書けます。
hallmark2016summer.JPG
■ こちらも日本ホールマーク社のもの。先日発売になったばかりの新シリーズです。下は、デザインが異なるポストカードが20枚、上のレターセットも1枚ずつすべてデザインが異なります。めくるごとに新鮮な驚きがありますね。
hallmark2016_20cards.JPG
■ 当協会の受講生から届きました。このレターセットは、Honey*style さんという、もともと東急ハンズのバイヤーだった・はにぶちかづこさんが、「自分の納得のいくレターセットがほしい!」というコンセプトで立ち上げたブランドのものです。ハニさんのレターセット、どんどん進化しています。
honeystyle_natsuletter.JPG
■ 最後は、当協会の認定講師/金子えりかさん(静岡県富士市在住)から届きました。ご親戚のお茶屋さん・金子園さんと共同で作ったCHA MAIL(茶め~る)。中に1杯分のお茶が入っており、切手を貼ってそのままポストに投函できます。すごくいい商品ですね!! 地元のテレビ局でも取り上げられ、市外から買いにくる方もいるのだそうです。
kanekoen2.JPG
裏側です。金子さんは絵手紙の先生でもあるので、こういうぬくもりのあるタッチが大得意。富士市だから富士山。切手も、風景印も、もちろん富士山でコーディネート!
kanekoen1.JPG
日々、お手紙をいただいており、返事が遅れている方もいます、ごめんなさい! 気長にお待ちくださいね。

今週は初めて鹿児島に行きます。女性向けキャリアアップセミナーの講師をつとめます。楽しみです!

9月になると、いろいろと新しいお知らせがあります。
まだもう少し蒸し暑い日がつづきそうですね。ご自愛ください。


ページTOPへもどる

2016年8月10日 16:48

フジテレビ「そこホメ?!」でタレントさんの暑中見舞いを添削・コメント&浦島太郎コーディネート!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
連日の熱帯夜とともにオリンピックもはじまり、いろんな「アツイ」が感じられる頃ですね。

■ 8/9(火)19時~、フジテレビ番組「そこほめ?!」、タレントさんが書いた暑中見舞い状を添削、順位付けして、コメントさせていただきました。

6月に収録したときには「暑中見舞いにはちょっと早いですが」なんて言っていたのですが、放映時にはもう「残暑見舞い」。1枚に付き10コメントしても、テレビ画面に映るのはほんの1~2のため、ちょっと言葉足らずなのも、いなめませんね。

歌手の平原綾香さんが手紙好き、というコーナーでした。1位は小林幸子さん、2位は岡井千聖さん。どれもさすがに個性的で、楽しい手紙ばかりでした!

sokohome1.JPG
sokohome2.JPG
sokohome3.JPG
soohome4.JPG
sokohome5.JPG
sokohome6.JPG
sokohome7.JPG
soohome8.JPG
sokohome9.JPG
sokohome10.JPG
sokohome11.JPG
sokohome12.JPG

■ こちらは、当協会の受講生から届いた1枚です。日本昔ばなしシリーズの切手、昭和の頃のものですね。浦島太郎コーディネート。香川県の詫間郵便局の風景印です。

umigame2016summer.jpg

秋風が吹くのが待ち遠しい~。


ページTOPへもどる
前の5件  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました