プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

今日の一通<書きました編>の最近のブログ記事

2009年7月 3日 09:56

お中元のお礼状を書きました!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ジメジメ、ムシムシ・・。梅雨明けまであと二週間ほど? 体調に気をつけて、元気に過ごしたいものですね。

さて、7月といえば、お中元の季節でもあります。お世話になっている方からお中元が届いたら・・? そこはやはり手書きでお礼状を返したいですね。

理想を言えば、届いたらすぐにお礼の電話をかけて、その後ハガキをお送りするのがいちばんスマートなのだろうと思います。

 ・・・というわけで。

orei_ochugen1.JPG昨日、さっそくいただいたお中元のお礼に、短い電話をかけた後、写真のハガキを書きました。

前回の投稿でご紹介した授産品のハガキです。手漉きの紙ならでは。ざらっとした風合いで、インクがにじみます。
ハガキそのものに存在感があるので、もう少し言葉数を減らすほうがよかったかも・・?

日ごろ、頻繁にやりとりしている方なので、くだけた感じで書きましたが、相手との関係性によって、そのつど言葉を選ぶ必要はありますね。

 

orei_ochugen.JPGお中元に限らず、だれかから何かしらの好意を寄せていただいたとき、日ごろのあわただしさにかまけてついお礼を言うタイミングを逃してしまうことがあります。

わたし自身、反省することもしばしばですから、えらそうなことは言えません・・

とはいえ、そこはやはり、すぐにお礼を言える人でありたいなぁ、と思います。

ハガキでお礼状を送る場合は、手書きしましょう。会社でパソコンでつくって送るときにも、余白に手書きでひと言、メッセージを添えましょう。

その際、相手の顔を思い浮かべながら書くと、ペンを動かす手が軽やかになりますよ。

**

hagi.JPG orei_kenpon.JPGこちらは、一緒に書いた別のハガキ、書籍献本のお礼状です。

相手の方のお名前が「萩原さん」なので、「萩」の切手を貼りました。

小さなこだわり。でも、普通切手よりダンゼンいいですよね!

 

ページTOPへもどる

2009年6月19日 20:26

ひと手間かけて発送したら・・&ポッドキャストインタビュー

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは村上春樹さんの『1Q84』、読み始めたら止まりませ~ん! お仕事できなーい、早く後半も読みたーい! 状態です。

 

カバー.jpgさて、先日、知人から「書籍『できる大人の"一筆添える"技術』を友人にプレゼントしたい。友人宅に送ってくれないか?」というご依頼がありました。

聞けば、結婚記念のプレゼントとのこと。知人が選んだペアの万年筆とともに、拙著をプレゼントしたいとおっしゃってくれたのです。

なんともうれしいお申し出! 2つ返事でOKしたものの、結婚記念の品ともなれば普通の事務用封筒では送りにくい・・ たいしたことはできませんが、考えた末に、写真のようにラッピングして、書籍にサインと一筆添えてお送りさせていただきました。

hassou.JPG発送後、「こんなふうにラッピングして送りましたよ」と写真を撮ってご依頼主の知人にメールしたところ、とっても喜んでくださり、さらに追加で6冊も拙著を購入してくださいました。@ありがたいですー!

 

ひと手間かけるって、大切ですね。
そして、その手間をかけるにあたっては、できるだけコストと面倒をカットしたいのが本音ですから、そのために日ごろから情報を集めたり、道具をそろえたりするのも大事。

今日はちょうど、ポッドキャスト番組『人生を変える1冊』早川洋平さんによるインタビュー収録があったのですが、その中でも同じようなお話をさせていただきました。

こちらは公開されましたら、またご報告させていただきますー☆


relieve.JPG relievehonbun.jpgのサムネール画像他に、最近では、雑誌『Relieve』7月号(株式会社アンリミテッドさん発行、出版文化社さん取材制作)に2ページにわたり、「話題の本」として記事掲載していただきました。ありがとうございます!

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年6月 9日 18:52

久しぶりの更新の理由&なごみ系住所印、家紋スタンプ、お引越しメッセージ

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ちょっと長く日が空いてしまいました。見に来てくださっていた方、ありがとうございます! 

じつは今、新刊本の執筆でカンヅメになっているのです。発売日はまだ決まりませんが、夏に出ます。はい、もうすぐです。。

先週まで「本当に間に合うのだろうか?」と不安でいっぱいだったのですが、だんだんと明かりが見えてきました?! もうちょっとがんばって、喜んでいただけるものに仕上げたいです。どうか楽しみにお待ちいただけましたら・・(*^_^*)

 

さて、ブログの更新は怠っていましたが、ネタはたまる一方なのですよ。

pecre.JPGまずはこちら。拙著『できる大人の"一筆添える"技術』の中の、「ちょっと変わった一筆箋を手に入れる」のところでご紹介しているインターネット通販ペーパークリエーション。

こちらのサイトで今、今月いっぱいまでの期間限定で、お得に住所印をつくれるようです。
 

住所印は1つ気に入ったものを持っていると、とても便利です。

jyushoin.JPGわたしはいつも右の写真のものを使っています。こちらは自分の手書き文字をそのまま消しゴムハンコで彫っていただいたもの。彫ってくださったのは、この方です。温かみがありますよね。

デザインにこだわらなければ、アス◇ルのようなオフィス用品通販でも注文できるわけですが、いわゆる事務用のハンコは無機質な感じがして、愛着が湧きません。

その点、こうしたオリジナルの住所印、上でご紹介しているような「なごみ系」のものは、ポンポン押すたびに楽しい気持ちになります。1つあれば長く使えます。持っていて損はないので、男性もぜひ!


なごみ系つながり!

kamon.JPGお友達から届いた手紙の封印に、こんな家紋スタンプが押されていました。
4センチ×4センチ。大きなスタンプですね。かわいい! 

このお友達はこの家紋をいつもロゴマーク代わりに使っているんです。家紋ってところが粋ですよね!
スタンプはどこで作ったんだろう? 今度、聞いておきますー。


もうひとつ、こちらはマンションのお隣さんからいただいた手書きメッセージ。
kazamidori.JPGわたしが留守にしている最中、ご丁寧に、「引越しました。これまでお世話になりました」の一筆とともにお酒を置いていってくださったんです。すごいなぁ・・、できた方ですよね。

気になったのは、一筆箋の絵柄です。お引越し(家)だから、家の絵柄・風見鶏の絵柄の一筆箋で書いてくださったのかしら? それとも無意識?? 
細かいことを気にするようでナンですが、、とても気になります。。(^_^;)

お仕事でいえば、不動産会社さんや住宅会社さんがこういう一筆箋を使うと、いちだんと「らしく」なりますね!

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&現在3刷です\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年4月20日 17:12

シンプルがいちばん!&神様級の手紙です☆

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ゴールデンウィークの予定は、もうお決まりですか。

 

3mai.JPGのサムネール画像さて、写真うつりが悪くてザンネンですが、先ほど3通、ハガキを書きました。@オリジナルのハガキです。

ありがたいことに、毎日、いろんな方から手紙が届くのです。

いただいた手紙には、できるだけ返信したいですね。
その日の気分によっては「また今度~」というときもありますが、いただきっぱなしというのも、気持ちのおさまりがよくありません。

書く内容はシンプルがいちばん! 
写真で見ると、たくさん書いているように見えるかもしれませんが、内容はすべて共通で、「宛名+お礼+ひと言メッセージ+再度、お礼+自分の名前」だけなのです。

 

たとえば、

 ○○様
  先日は、かわいらしいポストカードをありがとうございました!
  拙著を何度も読んでくださっているとのこと、とてもうれしいです。
  またお目にかかれますよう・・ ご縁に感謝いたします。
                                  むらかみかずこ

 

こんな感じ。ポイントは、お礼ではじめて、お礼でしめること。これなら、気負わずに書けそうな気がしませんか。


**

shosaikan.JPGこちらは、神様級の手紙です!(笑)
なんと・・、封筒に色鉛筆でイラストが描いてある・・! しかも、拙著のイラストですよ・・!!

差出人は、東京は青山にある大好きな万年筆ショップ、書斎館の店員さんです。http://www.shosaikan.co.jp/

すごい。。さすがですね。 shosaikan1.JPG手間をかけてくださって・・。こんなことしていただいたら、またお店に伺わないはずがありません。。^^;

秒殺されました~

 

 

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&増刷決定!\(^o^)/

2度目の重版、決まりました。うれしいです!感謝いたします!

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる

2009年4月 6日 21:42

できる大人の"一筆添える"アイテムセット集

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は気持ちのいいお天気でした。冬物のコートはもうクリーニングですね!

 

tokuten1.JPGさて、先日行いました拙著『できる大人の"一筆添える"技術』のアマゾンキャンペーン。その際の特典としてご用意させていただいた『できる大人の"一筆添える"アイテムセット集』(3,000円相当)を、一筆添えて、当選された3名の方に、本日発送いたしました!

当選されたのは、
 TY様(30代男性、会社員)
 NT様(20代男性、公務員)
 KY様(30代女性、会社員)  です。

 

特典のアイテムセットの内容は、
・一筆箋2種
・ミニミニ箋1種
・ポストカード数種類
・記念切手(50円、80円)各数枚
・ペリカーノジュニア
・ペリカーノジュニアインク(赤、ターコイズ、パープル)各数本ずつ

ご年齢とご職業、メールでのやりとりから推測して、少しずつ内容を替えてみましたー。喜んでいただけますように・・!

 

**** yozakura.JPG  

こちらは、近所で見た夜桜です。ピンク色の提灯の光に照らされて、かなり妖艶な雰囲気?!

「あの提灯、なんだかケバケバしいよねー。ネオン街じゃないんだから、もうちょっと上品にすればいいのに・・」と近所では悪評高き(!笑)夜桜道なのですが、写真で見ると、これはこれで絵になります・・?!

今の時期だけ堪能できる満開の夜桜。

あなたは、だれと、眺めますか。

 

 

shokei.jpg\(^o^)/おかげさまでアマゾン総合3位&増刷決定!\(^o^)/

『できる大人の"一筆添える"技術』むらかみかずこ著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン刊、1365円)

 

 

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました