プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

今日の一通<書きました編>: 2009年7月アーカイブ

2009年7月27日 23:05

相手に応じて書き分ける、暑中お見舞いハガキ

こんにちは、いかがお過ごしですか。
先週末にかけて、九州のほうの雨はだいぶひどかったようですね。

わたしは個人的に、九州北部と山口県、中でも今回とりわけ被害の大きかった防府市に知人が多くおり、いまさらながらテレビでその被害の様子を知りビックリするとともに、急にいろんなことが思い出され、気持ちが落ち着かなくなりました。

わたしは2001年から2003年にかけて、福岡県北九州市で主婦(兼、元ダンナさんのお店の手伝い&ライターっぽいこと)をしていました。その前年に広島市に住んでいたこともあり、広島ー北九州の山陽道は、車で幾度となく通った思い出の道でもあります。

ところどころのいろんなお店や、隠れた名所にも立ち寄りました。テレビで見た被災地にもなんとなく見覚えがあるように感じて、胸が痛みます。被災地の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今日は、暑中お見舞いハガキを何枚かご紹介します。いただいたハガキのお返事です。相手にあわせてポストカードや切手の絵柄を替えて送りました。

natsu1.JPG natsu2.JPG

まずは、ちょっとご年配の社長さんに宛てた1枚。落ち着いた印象の、銀座鳩居堂さんのリンドウの花のハガキに、百人一首の切手を。こういうシックな感じのハガキの場合、文字は縦書きのほうが似合いますね。

natsu3.JPG natsu4.JPG

こちらは、友人の可憐な女性に。見た瞬間、パッと晴れやかな気持ちになる、色あざやかな絵の具が印象的な1枚。花柄の切手を貼りました。

natsu5.JPG natsu6.JPG

こちらは、若者の男性に。拙著『できる大人の"一筆添える"技術』でもご紹介しているポストカード専門店のホワイトベースさんの夏向けカード。沖縄のシーサーが雪が積もった屋根の上で「暑っ!」と言っているオモシロカードです。表面にはキティちゃんの切手を。ちょっと変則ですが、スペースがほどよく空いたので、中央に貼りました。

natu10.JPG natsu9.JPG

 

こちらは、表面の余白に吹きだしをつけて、「ご自愛くださいませ」の一言を書き足しました。百人一首の切手の人がしゃべっているみたいに見えますでしょ?!

 

ふと思ったのですが、こういうふうに、「のほほ~ん」とハガキを送ったりできるって、日々シアワセな証拠かもしれませんね。

 

<7月のセミナー開催予定>

◆7/29(水)『ひと手間の「手紙」が、何倍もの仕事となって返ってくる!』(株式会社OCLさま主催) 
  http://www.ocl-abc.jp/seminar20090729.html

 

 

ページTOPへもどる

2009年7月 3日 09:56

お中元のお礼状を書きました!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ジメジメ、ムシムシ・・。梅雨明けまであと二週間ほど? 体調に気をつけて、元気に過ごしたいものですね。

さて、7月といえば、お中元の季節でもあります。お世話になっている方からお中元が届いたら・・? そこはやはり手書きでお礼状を返したいですね。

理想を言えば、届いたらすぐにお礼の電話をかけて、その後ハガキをお送りするのがいちばんスマートなのだろうと思います。

 ・・・というわけで。

orei_ochugen1.JPG昨日、さっそくいただいたお中元のお礼に、短い電話をかけた後、写真のハガキを書きました。

前回の投稿でご紹介した授産品のハガキです。手漉きの紙ならでは。ざらっとした風合いで、インクがにじみます。
ハガキそのものに存在感があるので、もう少し言葉数を減らすほうがよかったかも・・?

日ごろ、頻繁にやりとりしている方なので、くだけた感じで書きましたが、相手との関係性によって、そのつど言葉を選ぶ必要はありますね。

 

orei_ochugen.JPGお中元に限らず、だれかから何かしらの好意を寄せていただいたとき、日ごろのあわただしさにかまけてついお礼を言うタイミングを逃してしまうことがあります。

わたし自身、反省することもしばしばですから、えらそうなことは言えません・・

とはいえ、そこはやはり、すぐにお礼を言える人でありたいなぁ、と思います。

ハガキでお礼状を送る場合は、手書きしましょう。会社でパソコンでつくって送るときにも、余白に手書きでひと言、メッセージを添えましょう。

その際、相手の顔を思い浮かべながら書くと、ペンを動かす手が軽やかになりますよ。

**

hagi.JPG orei_kenpon.JPGこちらは、一緒に書いた別のハガキ、書籍献本のお礼状です。

相手の方のお名前が「萩原さん」なので、「萩」の切手を貼りました。

小さなこだわり。でも、普通切手よりダンゼンいいですよね!

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました