プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

今日の一通<書きました編>: 2008年11月アーカイブ

2008年11月18日 11:51

女性が男性に宛てて書く場合・・

こんにちは。いかがお過ごしですか。

今朝、北九州にいるデザイナーさんと、北海道は帯広のお客様と、メール交換しました。福岡は山のほうで雪が降りはじめるくらい寒く、帯広は聞くまでもなく「そりゃー寒い」だそうです・・

こちらはポカポカ陽気なのですが、、 なんだか得した気分? いえ、申し訳ない感じ??

 

さて、先ほど、ハガキを1通書きました。最近読んだ本の感想を、著者の方に書いてみたんです。

「本の感想をハガキに書いて送る」。これ2~3年前によくやっていました。そのおかげで、いろんなビジネス書の著者の方とお知り合いになれたなぁ・・。最近さぼっていたのですが、今回読んだ本のテーマが「人脈術」だったこともあり、久しぶりに書いてみました。

あて先は、この本の著者、島田昭彦さん。
jinmyakuhon.jpg

セミナーの懇親会で、何度かご挨拶させていただいたことがあります。

書いた内容は次のとおりです。

shimadasan.JPG++

㈱クリップ 島田昭彦さま
前略ごめんくださいませ。エリエスさんセミナーにて、いつもお世話になり、ありがとうございます。(*^_^*)
ご著書『一流の人脈術』読みました。ご縁の大切さをあらためて学びました。とりわけ、古い縁を大切にする、セカンドアプローチ、知り合いから友人へ、のところなど、印象に残りました。ありがとうございます!
またお目にかかれますよう・・ ご自愛なさってくださいませ。感謝
はなまる企画 むらかみかずこ (*^_^*)

++

「とりわけ」という言葉は、とても便利ですね。わたしは、感想を書くときなどに、意識して使っています。流れがスムーズになりますよね。

 

それで、わたしなりに解説させていただきますと、ポイントは、むしろ表面なのです。

wagashi.JPG

「京都のおいしい和菓子、今度おしえてくださ~い♪」と、おねだりの一文を入れてみました。

これは、本当においしい和菓子がほしかったり、教えてほしかったりするわけではなくて(・・もちろん、単純にそれも期待しているんですけど!)、どちらかというと、次にお目にかかったときの、話題づくりですね。

わたしは口ベタなので、こういう伏線を張っておくと、次にお目にかかったときにラクなのです。

仕事ができる男性はサービス精神が旺盛なので、こういう「おねだり・お願い」の一文を入れておくと、むしろ、こちらの想像以上に喜んでくださることが多いと感じます。

 

ただ、「おねだり」のむずかしいところは、微妙なさじ加減が必要なところですね。

うーん、、女性のみなさんなら、おわかりいただけると思うんですが・・

いろんな振る舞いに慣れている女性ならいいんですが、やはり口ベタでビビリなわたしは、たまにその微妙なさじ加減を間違えて、「ありゃ、そんなつもりじゃなかったのに・・」などという、いらないストレスを抱えてしまうことも、なきにしもあらず・・・

最近は、これでもだいぶ、学びましたけど。今回の例でいえば、本音でいえば和菓子よりもお酒のほうが好きなんですが、あえて和菓子にしているところとか。京都ですしね!

あ、島田さんはもちろん素敵な紳士です♪ (念のため)

 

手紙って、実はそういうところが、要注意なのですよね。女性が男性に宛てて送る場合。本人にはよくても、奥様や女性スタッフさんに勘違いされないとも限らないし・・

本には、そういうことを予防する方法についても、書いてみようかなぁ。

 

人気ブログランキングへ   ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました