プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

2012年7月: 月別アーカイブ

テーマ別

アーカイブ

書籍紹介『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』の最近のブログ記事

2012年6月12日 11:05

紫陽花の花にまつわる物語&書籍『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』

こんにちは、いかがお過ごしですか。
いろんなところでアジサイの花を見かけるようになりました。うちの庭のアジサイはちょっと遅くて、あと1週間のうちには咲きはじめるかな。


ha_147.jpgアジサイに「紫陽花」という漢字をあてたのは、中国の詩人、白楽天だと言われています。

正しくはライラックにつけた名だとも言われているようですが、丸い球形をしているところから「陽」の字をあてたのでしょうか。

アジサイの花言葉は「うつろい」。
どんどん変化していく花の色にちなみ、「移り気」「浮気」とされることもあります。

 


アジサイの花について少し調べていたら、幕末の医師/シーボルトとその日本人妻・お滝さんの物語に出会いました。

シーボルトは鎖国時代の日本において、長崎の出島で鳴滝塾を開講し、蘭学を広め、医者や学者を数多く輩出しました。

また、その妻のお滝さんは遊女であったという説と、当時、長崎の出島に出入りできる女性は遊女に限られていたことから、遊女であると偽っていた説があるようです。

植物学者でもあったシーボルトは、著書『日本植物誌』の中で日本のアジサイを紹介し、妻・お滝さんの名前をとって「オタクサ」と名づけました。

学名として正式には採用されなかったようですが、花の名前に(公にはしにくい)愛する人の名をしのばせるとは、ロマンチックなようで、なんとも切なく感じます。


のちに、ふたりの子ども/楠本イネは、当時としては非常に稀だった混血児として大変な苦労をしながらも、日本人女性として初めて西洋医学を学び、女医として、産婦人科医として、日本の医学の発展に大きな貢献をしたといわれています。

そして、この楠本イネにも悲しい恋の物語が・・。
長くなりますので、こちらはほかに譲りますが、何がいいたいのかというと、花には物語がありますね。

そして、これら花にまつわる物語にふれると、花を見たときの印象が、これまでとはだいぶ変わります。

 

わたしは、アジサイを見ると、いつも「日陰」な想いを抱きます。

日陰でしとしとと雨に濡れながらも強く美しく咲くアジサイ。
明るい太陽をサンサンと浴びて伸びていく花ではないけれど、静かで気高い咲き方ですね。


ちょっとワケありの恋の相手にしたためるときは、アジサイの柄の一筆箋で?!
・・・いえいえ、決しておすすめするわけではないですが。。(笑)


参考/書籍『決定版 365日の誕生花 花言葉と花占い』(主婦と生活社刊)、ほか

 

**

来月発売予定の新刊本、『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』(原書房刊)の表紙カヴァーが決まりました。

cover_loveletter.jpgタイトルと著者名は、わたしの手書き文字で、となりました。

今回は写真をカラーでたっぷり掲載します。カメラマンさんの力作です!! どれも、すごく、素敵でしょ。 

けんか2.JPG

 

シール.jpg

ラブレターインク.jpg

 

 

 

 


 

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました