プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

セミナー・研修の模様の最近のブログ記事

2016年2月29日 11:37

猫の日アイテム、ねこの郵便局、昔の切手を少し購入、手紙でお花見、経営者向けセミナー御礼、お声抜粋。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は2月29日。4年に一度の閏日です。暦を考え出した昔の人って、すごいなぁ、と思います。


さて、今回もここ最近、インスタグラムにUPした写真を掲載します。

■2月23日、猫の日にちなんで、猫アイテムをざっと目についたところで写真に収めてみました。竹久夢二の黒猫切手、菱田春草の黒き猫切手、お気に入りです。動物柄は老若男女を問わず、喜ばれますね。

nekonohi.jpg

■ 猫つながりで、神楽坂にある「ねこの郵便局というなまえのお店」という雑貨店。お店の中にある郵便ポストに手紙を投函すると、お店の人がお店のオリジナル消印を捺して、正規の郵便ポストに投函してくれるそうです。最近は、海外の(特に、香港からの)お客さんが多いそうですよ。

nekopost.JPG
■こちらのお店では、昔の(未使用)切手を販売しています。あぁ、ありがたい。訪れるたびに、ほんわかした気持ちになります。
nekopost_kitte.JPG
■ 手紙ではすでにお花見を満喫中! 当協会の講座受講生から届いた1枚です。桜型の風景印が目立ちますね。
sakura_stamp.JPG

■ 24日は、プレジデントアカデミー社が主催する経営者向けセミナーに登壇しました。タイトルは、「手書きのひと言で、お客様の心をつかむ!」。
知らない人に対する警戒心がどんどん強まる今、手書きのひと言は最強の営業ツールになります。熱が伝わるように、と念じながら、お話ししました。ありがとうございました!

<いただいたお声の一部を抜粋>
・手書きの効力、および印象に残るヒントをいただきましたので、実践します。説明が大変わかりやすく、とても参考になりました
・相手の立場にたった手紙の書き方が相手の心を動かすことに感心しました。また、細かい技術にこだわる人が相手の信頼を得ていることに気づきました。とてもわかりやすかったです
・曖昧だった手紙の書き方が明確になりました。送付状にひと言添えることも実践したいと思います。勉強になりました
・ハガキの書き方を考えます。セールストークは書きません。良い時間でした
・もっともよかったのは、サラっと書くこと。相手にプレッシャーをかけてはいけないことを学べたこと
・どんな道具を使ったらいいのかを学べたことと、受け取る側のことを考えて、ハガキ・切手・内容を考えるということを学べたことが非常に良かったです。今回のセミナーをきっかけに、手書きのハガキや封書を使ったお客様フォローをしてみようと思います。文字は青文字で。
・今までの手紙への印象が変わりました。文章に悩んで、書くことをやめてしまうこともありました。手紙が楽しくなりそうです

・おすすめのポストカード等の実物を見られたことが良かった。ワークをもっとやってみたかった
これまで文章の内容を一番気にしていましたが、全体の見た目がほとんどだと知り、今後は定期的に手紙やハガキを出してみようと思いました(気持ちが軽くなりました)。メールだと印象に残らないが、手紙だと残るというのはあらためて実感しました
普段わかっていてもなかなかできないこと。お客様との心のこもった対話の方法として実践してみます






ページTOPへもどる

2016年2月15日 10:01

手書きのひと言は最強の営業ツールです、新聞掲載、小学2年生からのラブレター、今の時期にぴったりの文例、増刷御礼!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
週末はずいぶん生ぬるい風が吹いていましたが、今日はまた冬のコートが必要です。体調を崩さないように、気を付けたいですね。

さて、先週も盛りだくさんな1週間でした。

■先日、生命保険会社で、営業マン向け研修を行いました。セールスされることを嫌う今、手書き(ハガキや一筆箋)は最強の営業ツールです。
限られた時間ではありますが、最大限、お役に立てるように、熱く、熱く、お伝えしています。

IMG_1241.JPG

■ 当協会の認定講師・豊巻智子さんが、ご地元の新聞/岩手日日新聞に掲載されました! 講師になってすぐに取材してもらえるなんて、本当にありがたいこと。協会からも記者さんにお礼状をお送りしました。

IMG_1238.JPG
■ 都内の某小学校で、手紙の書き方体験講座を行いました。終了後、2年生の男の子が「先生、見ちゃダメだよ!」と肘でかくしながら書いてくれた1枚。胸がキュンキュンしました!(笑)

IMG_1250.JPG

■こちらは、今の時期にまさにふさわしい1枚です。当協会の認定講師・斉藤智恵さんから届きました。便箋は、日本橋はいばらさんの蛇腹便箋。好きなところで切れるスグレモノ。同じものを持っていたので、一緒に写真を撮りました。

IMG_1253.JPG

■ 昨年10月に出版となった拙著『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』(PHP研究所)、増刷のご連絡をいただきました! やったー! ありがとうございます。多くの方に広がることを願っています。ぜひお手にとってご覧ください。

IMG_1256.JPG

今週も元気に笑顔で過ごしましょう!



ページTOPへもどる

2016年1月25日 09:11

ウェルカムボードに感激! 1級座学講座の様子、普通切手82円分!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
テレビのニュースで、日本海側や四国、九州の雪の様子を目にして、驚いています。大事にいたりませんように...。

本日もまた写真をいくつかアップします。


■大阪の、素晴らしい会社からお招きいただきました。社長さんをはじめ、社員のみなさん、すでにたくさん手紙を書いていらっしゃいます。そのうえで、いろんな工夫ができること、手間を楽しみに変える方法や、書き方のコツなど......お伝えしました。

エントランスを入ると、ウェルカムボードでお出迎え。むらかみつながりで、村上佳菜子ちゃん、森三中の村上知子さん、村上ファンド(笑)。 すごいーー!!


■ 手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定、座学講座を行いました。講師は、認定講師・青木多香子さん(正面)がつとめました。
偶然、全員が千葉市在住でした。和気あいあい。千葉チーム、盛り上がりそうです!!

IMG_1191.JPG
受講生の感想をご紹介します。
●手紙という観点からだけでなく、日本語の大切さ、気持ちを伝えることの重要さを教えていただいた。'好き'という気持ちを1つ1つのカテゴリーに分けて、頭を整理するような時間でした。むらかみ先生や青木先生にお会いしたことで、さらに伝わってくる思いが強く感じられました。参加して、非常によかったです。(50代、主婦)

●手紙から広がる言葉、色、センス等...も奥が深くて、もっと勉強したいと思いました。実際に紙や筆記具を手に取り、試し書きをしたり、種類の豊富さを体験できたので、楽しかったです。青木先生は日本語も美しく、話し方も丁寧で、とても聞きやすかったです。(50代、主婦)


IMG_1192.JPG

■ こちら、すごいと思いません? 普通切手だけでこんなに楽しいなんて! 斜めBINGO♪ 当協会の認定講師・熊谷蘭夢さんから届きました。

bingo!.jpg

今回はちょっと写真が少な目でしたが、今週はもっとマメに撮影したいです。
当協会には、上の普通切手しかり、うっとりするほどすてきな手紙が日々、届きます。ご紹介しなくちゃもったいないですね!

 

ページTOPへもどる

2015年12月14日 10:44

イベント出展、ワークショップ情報、「そえぶみ箋」対談、認定講師の活躍がうれしいな、雑誌「女性自身」掲載。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
先週もたくさん、いろんなことがありました。


■「笑顔で働きたいママのフェスタ in 青山」に出展しました。
大勢の方とご縁をいただきました。何より、当協会の講師がいっぱいPRしてくれました。
立ち上げて間もない協会ですから、まだまだ知名度は低いですが、10年・20年・30年先を見て、地道にコツコツと活動をつづけていこうと思っています。ご賛同いただけたら、幸せです。写真(左)は、認定講師:鈴木真衣子さんです。

mamafes3.JPG

■ 認定講師・大場敦子さん(+labさん主宰)のワークショップに参加してきました。今回はクリスマスのギフトボックスを使った手紙の講座です。
大場さんは「手紙」の中でもハンコやマステやカラーペンを使ったアレンジ法が大得意! わたしはそういうほうはちょっと苦手で、ちょうど、アメリカ留学中の姪っ子にクリスマスギフトを贈りたいと思っていたところだったので、よいアイデアをたくさんいただきました! 

ohabasan12.JPG
■ 来年3月発売予定の書籍『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方(仮)』に掲載するため、「そえぶみ箋」のメーカー/古川紙工の社長さん(右)と、世界一短い手紙つながり・KIMOTIPで話題の HI MOJIMOJI松岡さん(左)と対談しました。場所は、表参道の、文房具カフェです。

soebumi_taidan2.jpg
soebumi_taidan.JPG
kimochip.JPG
■ 大阪在住の認定講師・おかもと円果さんが、『日経リヴァイブ』に大きく登場! 日本経済新聞を購読している家庭(会社)に隔月で届く情報誌です。 カラーで大掲載! すごい!! 講師のみんなの活躍から、大きな力をもらっています。

nikkei_okamoto.JPG
nikkei_okamoto1.JPG
■ 雑誌『女性自身』(光文社)、12/8号に取材協力した記事が掲載されています。年末年始に添える「3行メッセージ」。ほんのちょっとでもヒントにしていただけたら、れしく思います。

jyoseijishin1208.JPG


毎日、いろんなことがあると、あたりまえですが、いろんなことを考えます。
反省も必要ですが、くよくよしたり、勝手に悪い想像をふくらませたりするのは、自分にとって(まわりにとっても)いちばんよくないですね。いつも上機嫌で、目の前のことに夢中に取り組んでいきたいです。

今週もよい一週間になりますように!






ページTOPへもどる

2015年11月25日 09:23

徳島にて講演会、万年筆、公明新聞寄稿、雑誌『Kiite!』、ツタヤビジネスカレッジ!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
急に冷え込んだり、生暖かく感じたり、妙なお天気がつづいていますね。


■昨年にひきつづき、徳島新聞社さんからお声掛けいただき、講演会を行いました。飛行機の中から撮影した富士山です。
講演会当日はあいにくの雨模様でしたが、大勢の人にお集まりいただき、心地よく過ごすことができました。

tokushima_fuji (600x800).jpg
■羽田空港には、青山にある万年筆専門店/書斎館の分室?もありますね。青山のお店はさながら万年筆のギャラリーのようなつくりですが、羽田のお店はもう少し手軽な文具やカード類も充実しています。店員さんに許可をいただき、万年筆の写真をパチリ。

haneda_shosaikan (800x800).jpg

■15日(日)付けの公明新聞に、年賀状と喪中見舞いの記事を寄稿しました。大きくスペースをとっていただきました。読む人の心に届くといいなぁ。

komei-np (800x800).jpg

■ちょっとしたクリスマスプレゼントとしてもオススメ。スターバックスのビバレッジカード。スタバのドリンク1杯無料チケットがついています。今回のデザインはシンプルなのがいいですね。 

sutaba_Xmascard (640x800).jpg
■ 郵便局で発売している雑誌『Kitte!』、年賀状と寒中見舞いのページを監修しています。そろそろ年賀状について頭を悩ませる頃ですね。お役に立てれば、うれしいです。表紙は広末涼子さん。

kitte!12 (640x800).jpg

■ そして、レンタルビデオショップのTSUTAYAさんで、DVDのレンタル(販売も)がはじまりました!
今年6月にKADOKAWAさんから出版していただいた拙著『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』のDVDです。おかげさまで、好評です。お店ではもちろん、オンラインは画像クリックで。ぜひご覧ください!

ツタヤビジネスカレッジ/http://tsutaya-college.jp/item/2015/11/-400.html

tsutaya_DVD (800x600).jpg

からだに気を付けて、有意義な月末をお過ごしください。

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました