プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載の最近のブログ記事

2016年12月 6日 14:55

冬のグリーティング切手、切手デザイナーさんの遊び心、KKT熊本県民テレビ、講座の様子、スペースワールドの風景印!

こんにちは。いかがお過ごしですか。
「年の瀬」という言葉を耳にするようになりました。1年が早いですね。


■ 12/2に発売された冬のグリーティング切手。今年は、52円が雪、82円が音楽にちなんだ絵柄です。どちらも使いやすくて、クリスマスカードにぴったり! 年が明けてからも使えますね。
20161206-1.jpg
■ この82円のほうの左端の切手に注目を。すごいですよ!! 上と下で、指揮者のポーズとオーケストラの人たちのポーズが違うんです!! 
受講生さんに「指揮者のポーズが違うんですよ」と教えてもらい、よくよく見たら、オーケストラのポーズも違っていることに気づきました。細かいですね。デザイナーさんの遊び心に気づけて、とてもうれしいです!
20161206-2.JPG
わたしは趣味で合唱をやっているので、なおさら好きな切手です。


■ 先月28日(月)、KKT熊本県民テレビの夕方の番組「テレビタミン」にパネル出演しました。テーマは、年賀状の書き方。
震災で被災した人に「謹賀新年」「Happy ・・・・!」などと書いて送るのがはばかれるときは、「新春」「迎春」「初春」といった書き方もあります。いずれも新年を祝う賀詞ですが、「新しい春」=「気分一新」の意味がともないます。しあわせを運ぶひと言を添えて、送りましょう!
20161206-4.JPG
20161206-3.JPG

■ 当協会の手紙の書き方コンサルタント認定講座の様子です。
わたしは手紙の力、手書きの力を信じています。手書きすることによって、まわりの人に喜んでもらうことも、自分の人生を切り開くこともできます。少しでも広く世の中にお伝えできるよう、持てる力を最大限に使っていきたいです。
20161206-6.JPG
20161206-7.JPG
20161206-8.JPG
奥の右手にうつっているのは、当協会の認定講師:青木多香子さん。資格をとったのが2015年の春。日々、キラキラしながら活動中です! 


■ こちらは福岡県北九州市の八幡枝光郵便局の風景印。近くにスペースワールドがあるから、このデザインなのですね。
20161206-5.JPG
わたしは15年ほど前、北九州市で暮らしていたことがあるので、なつかしく当時を思い出しました。
あの頃のわたしは主婦で、本を書いたり講演をしたり講座をつくって講師を育成したり...、そんな未来はまったく想像していませんでした。

人生は、意外なことばかり! 
目の前のことに夢中でいると、自然と、道がひらけていくのだと思います。

2016年もあと少し。笑顔でがんばりましょう~。



ページTOPへもどる

2016年10月 4日 16:42

ペリカン社のロイヤルブルーインク、『anan』掲載、そえぶみハガキ箋に似合う切手!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
季節は秋になりました。まだ汗ばむ日もありますが、日陰に入ると涼しい風を感じますね。

ちょっと夏風邪をこじらせてしまい、今回は写真が少ないですが...

■ いちばん好きなインク、ペリカン社のロイヤルブルー。新しい瓶を開けました。約12年かかって4瓶目。ほぼ毎日使っていますが、そのわりには、ずいぶん長持ちですね。たしか、昨年?、ラベルが新しくなりました。(写真のものは、ずいぶん前に買った、昔のラベルです)

ink20160930.JPG
■ 雑誌『anan』で取材協力しました。特集は「大人の作法。」、手紙道具の基本をお話ししました。『anan』で取材していただくのは、これで5回目か6回目だと思います。毎回、お声がけいただき、うれしいです!
anan201610-2.JPG
anan201610-1.JPG
■ 10/3発売の秋のグリーティング切手。手書き風のやわらかいタッチの動物イラストで、すごく素敵です! そえぶみはがき箋とも相性抜群、使いやすく、この秋、貼りまくりたい切手です!
soebumihagakisen201610.PNG
10月1日に、一般社団法人手紙文化振興協会は設立4年目を迎えました。
この秋は体力アップと心の充実を図りながら、目の前のことに励んでいこうと思います。

ひきつづき、どうぞ、よろしくお願いします!


ページTOPへもどる

2016年8月29日 10:57

秋のディスプレイ、美文字レッスン、「添」の字が変わった!、岩手日日新聞コラム掲載、Oggi wedding掲載、ESSEオンライン掲載!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
大きな台風が近づきつつあります。大事にいたらないといいですね。

■ 8月も終わりになると、秋の訪れが待ち遠しく感じられます。暑さにはもう閉口です。手紙アイテムも少しずつ秋にチェンジしています。

オフィスのディスプレイも変えました。
下に敷いているのは、ホールマーク社の便箋/秋の七草と、コスモス。招き猫とウサギの座布団は、プラスラボ社のミニメッセージカード。ポストカードはホワイトベース社。赤い実は、花茄子(ハナナス)です。
aki_dysplay.JPG
■ 壁のポストカードもなんとなく秋柄に。すべてホワイトベース社のものです。
kabenocards_aki.JPG
■ 当協会の講師限定で、プチ美文字講座を行いました。講師は、鈴木真衣子さん(写真中央)。鈴木さんは、4歳のころから書道をたしなみ、現在は、書道・ペン習字講師として、また手紙の書き方コンサルタントとして活躍しています。
bimojikoza2.JPG
bimojikoza1.JPG
■ わたしは「書き添える」「添削」の「添」の字がどうしても苦手で、いつもひらがなで書いてしまうのですが、今朝書いてみたら、なんだか苦手意識を克服できたような...、気がします(笑) うれしい驚き! ちょっとしたコツを知ると、変わりますね。
soeru_soeru_lesson.JPG
■ 講師の活躍がうれしいです。写真は、岩手県北上市在住の手紙の書き方コンサルタント/豊巻智子さんが岩手日日新聞で連載しているコラム記事です。
DSC09118.JPG
■ こちらは、杉並区在住の大場敦子さんが、雑誌『OGGI』9月号(別冊wedding)で取材協力した記事です。
igguwedding_ohbasan9.JPG
■ 青木多香子さんの『ESSE』コラム執筆も順調です! よろしければぜひ、チェックしてください。

esseonline_aokisan.jpg

今週もよい1週間になりますように。


ページTOPへもどる

2016年8月10日 16:48

フジテレビ「そこホメ?!」でタレントさんの暑中見舞いを添削・コメント&浦島太郎コーディネート!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
連日の熱帯夜とともにオリンピックもはじまり、いろんな「アツイ」が感じられる頃ですね。

■ 8/9(火)19時~、フジテレビ番組「そこほめ?!」、タレントさんが書いた暑中見舞い状を添削、順位付けして、コメントさせていただきました。

6月に収録したときには「暑中見舞いにはちょっと早いですが」なんて言っていたのですが、放映時にはもう「残暑見舞い」。1枚に付き10コメントしても、テレビ画面に映るのはほんの1~2のため、ちょっと言葉足らずなのも、いなめませんね。

歌手の平原綾香さんが手紙好き、というコーナーでした。1位は小林幸子さん、2位は岡井千聖さん。どれもさすがに個性的で、楽しい手紙ばかりでした!

sokohome1.JPG
sokohome2.JPG
sokohome3.JPG
soohome4.JPG
sokohome5.JPG
sokohome6.JPG
sokohome7.JPG
soohome8.JPG
sokohome9.JPG
sokohome10.JPG
sokohome11.JPG
sokohome12.JPG

■ こちらは、当協会の受講生から届いた1枚です。日本昔ばなしシリーズの切手、昭和の頃のものですね。浦島太郎コーディネート。香川県の詫間郵便局の風景印です。

umigame2016summer.jpg

秋風が吹くのが待ち遠しい~。


ページTOPへもどる

2016年6月27日 11:57

夏の切手、愛犬1周年とそえぶみ箋、拙著『3分ハガキ術』発売、雑誌アントレ掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
6月も最終週。これからどんどん暑くなりますが、毎日元気に過ごしたいですね!

■ 写真は、最近購入したシールタイプのグリーティング切手です。左は梅雨が明けてからのほうが、使いやすいかな。右の和の文様シリーズは、和テイストのハガキ&封筒によく似合いますね。わたしは52円のほうがお気に入り。さっそく使いまくっています!
kitte2016natsu.jpg
■ ちょうど1年前の6/21、我が家が正式にもらいうけたワンコ/しょうたろう。1周年なので、写真を撮りました。この1年で一番のニュースは、そえぶみ箋になったこと! 監修本『そえぶみ箋の使い方』にも写真が載って、本デビューも果たしました(笑)。
shota1nen_soebumi.JPG

3hagaki.jpg
少しずつ感想が届いており、中には「社内で教科書として使わせてもらう」というものもあり、うれしく感じています。アマゾンでもレビューがつき、ありがたいです!

出版業界は今、とてもきびしくて、なかなかしんどい現実がありますが、それでもやっぱり本づくりは楽しいですし、見えないだれかの役に立てるのかなと思うと、やりがいを感じます。

よろしければぜひ、お手にとってみてください(写真は、紀伊國屋書店新宿本店です)。
shinjyuku_kinokuniya3hagaki.JPG
■ リクルートの起業情報誌『アントレ』夏号、取材協力しました! 起業家向けに、3行メッセージ術をお話ししました。

2016natsu_antre.JPG
来月からセミナー・研修・講演会等で、長距離移動と人前に立たせていただく機会が増えます。体調管理に気を付けないと。

今週もよい1週間になりますように!

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました