プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2013年9月アーカイブ

2013年9月30日 19:39

雑誌『OLmanual』『OZplus』、フリーペーパー『BUN2』掲載。

テーマ:メディア掲載
こんにちは、いかがお過ごしですか。
早いもので9月もおしまい。残すところ今年もあと3か月ですね。


今日はメディア掲載のご報告です。

olmanual10.JPG
◆9/25発行『OLマニュアル』(研修出版)

書店では売られていない、定期購読のみの雑誌です。
主に、大きな会社の総務部などで読まれているのでしょう。

「あなたの好感度を200%アップするためのヒント集」を拙著『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』から一部抜粋して、8ページも記事を書いてくださいました!



ozplus9.28.JPG
◆9/28発行、『OZplus』(スターツ出版)

特集「夜のひとり時間向上計画」の中で、「3行手紙」を紹介していただきました。

夜に手紙を書くと、ちょっとドロドロした感じになりがちですが、たとえば日記のように自分に宛てて、夜、眠る前によい言葉を書くと、脳が安らぎ、ぐっすりおだやかに眠れます。

言葉の力は大きいです。
よい言葉をつづる習慣をつければ、自然と、仕事も人生も好転していきます。



bun2.50.JPG
◆10/1発行『BUN2』(ステイショナー)

文房具のフリーペーパー。日本全国の大型文具店で無料で配布されています。

愛用の文具を紹介しています。

今号では拙著『できる大人のひとこと手紙』の読者プレゼントも行っています!


以上の3誌はすべて3~5回目の登場になります。
何度も取材していただけるのは、取材の後、記者さん&ライターさん、編集部にお礼のハガキを送ったりしていることも影響しているのかな...。

ハガキは印象に残りますね!
ありがたいです。







ページTOPへもどる

2013年9月24日 12:32

『趣味の文具箱』Vol27.発売!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今月は3連休が2回もあって、だいぶ得した気分でした。季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期です。たくさん睡眠をとって、元気に毎日過ごしたいですね。


NEC_1051.JPG
万年筆の雑誌『趣味の文具箱』の新刊vol27号、23日(月)から発売です!

わたしは「男のシンプル一筆術」というコーナーを企画・執筆させてもらっています。

以前、この雑誌の誌面上で、タレントの水道橋博士が、この雑誌のことを「エロ本みたい」と言っていました。
今号では、シンガーソングライター・なぎら健壱さんが、「こういう底意地の悪い雑誌があるから、困っちゃうんだ」と言っています(といいつつ、創刊号からの愛読者だそうです・笑)。

コアな情報がいっぱいの、万年筆ファンにはたまらない雑誌です。

今号の特集記事は「美軸名鑑」。
万年筆のボディのことを「軸(じく)」と言います。その軸の素材、デザイン、カタチについての特集なので、特別な知識がなくても、ながめているだけで「キレイだなー」「格好いいなー」と堪能できるでしょう。

まずは書店さんで。
わたしの連載ページも、よろしければぜひ、見てやってください!


++

「着物1枚、帯3本」という言葉があります。
着物1枚に対して違うテイストの帯が3本あれば、3通りの着こなしができ、1枚の着物でもじゅうぶんに楽しめる、という意味です。

これを万年筆にたとえると、「万年筆1本、インク3本」。
インクの色を入れ替えることで、1本の万年筆を長く飽きずに使いこなせると感じています。

NEC_1053.JPG
実際のところ、よい万年筆になると、それなりの価格ですから、短期間にそう何本も買い揃えるわけにはいきません。
それに対して、インクは1本1000円ほど。書くたびにとは言わずとも、季節が変わるごとにその時期に似合う色のインクを入れれば、おのずと季節を感じ、メッセージをしたためる際には相手にも季節を届けられます。

冬から春に向かうときには、気持ちが華やぐ明るいあざやかなブルーや、スミレ色。
夏から秋に向かうときには、少し気分が落ち着くダークブルーやブラウン色。

なんとなくですが、わたしはそんなふうにインクを使い分けています。

写真は、手元にあったインクを集めてみたものです。
全部で15本、そのうち「ブルーインク」が8本/8種類ありました。




ページTOPへもどる

2013年9月 6日 11:36

切手「野菜とくだものシリーズ」と、「季節の花シリーズ」!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

はっきりしないお天気です。
はっきりしすぎるのも困るけれど、はっきりしないのもどこかやっぱり...。勝手なものですね。


今日は切手の話題です。
NEC_1025.JPG
先月末に発売になった記念「野菜とくだものシリーズ 第1集」。もうご覧になりましたか?

こちら、すごく好き!!
今までにはなかった、新しい感じのデザインです。
無地のカラー封筒に貼ると、映えそうですね。

個人的にいちばん好きなのは、50円のさつまいも。おいもから緑の葉っぱが出ているんです。
あと、50円のちんげんさいもユニークで気になります。

だって、ちんげんさい...?
秋の野菜やくだものはたくさんある中、なぜちんげんさいを選ばれたのか、そこのところを聞いてみたくなります。

シール状になっているので、使いやすさの点でも◎。
ぜひ郵便局でご覧になってみてはいかがでしょうか。

以前、デザインフィルさんが運営する「手紙の書き方」サイトで、今回の切手をデザインされた玉木明さんにインタビューさせてもらいました!



こちらは、今月3日発売の「季節の花シリーズ第7集」です。

NEC_1027.JPG
花の切手は女性らしさ満点。
文章が多少ぎこちなくても、文字が多少いびつでも、この切手1枚がすべてを帳消しにしてくれます(笑)

といいますか、それくらい書き手のイメージを高めてくれることも、間違いないと思うんです。

余白部分にもイラストが描かれているので、貼り方の工夫もできますね。

毎回人気のシリーズ。
実物を見たら、きっとすぐに買いたくなると思います~!

上記同様、季節の花シリーズの担当デザイナー/中丸ひとみさんにインタビューさせてもらいました!



++

サンケイリビング新聞社が運営するウェブサイト/リビングくらしナビさんに、取材してもらいました。
ママ友のメール術について、お話ししています。

ご覧になってみてくださ~い。








ページTOPへもどる

2013年9月 2日 17:32

9月2日(月)、読売新聞夕刊、掲載!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
9月になりましたね! 楽しかった夏休みもおしまい。
読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋......、いろんな秋がはじまります。気候も早く落ち着いてくれるといいですね。


監修させてもらっています『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社刊)。

出版社さんがたくさん広告を出してくださっています。
ほんとうにありがたい限りです。

9月2日(月)、朝日新聞の朝刊、全5段広告です。

20130902asahi.jpg

そして、同じく本日9月2日(月)、こちらは読売新聞の夕刊です。
カラー写真とともに、記者さんに取材してもらった記事が掲載されています。お手元にある方、ぜひ見てやってください!
 20130902yomiuri.JPG

おかげさまで、 アマゾンの総合ランキング(順位)が2ケタまできました。先ほど99位でした。

ありがとうございます。

鳩居堂さんの一筆箋がおまけで付いているので、とってもお得です! 読んですぐさま、書いていただけます。

どうぞ、ぜひ、お手にとってみてください!




ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました